ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
USCヘルスコミュニケーションコースのカリキュラム
書かなければならない原稿の下準備として整理していた
情報のうちから、USCのHealth Communication Courseの
大学院カリキュラムのうち、主要科目の概略を私見に
よる補足情報と共にご紹介。

USCのHealth Communication Courseは医学部(Keck School)
の中の予防医学専攻と、コミュニケーション学部(Annenberg School
:以下の本では「アンネンバーグ記念コミュニケーションズ学部」
と訳されているが、英語発音に忠実に訳すなら「アネンバーグ」だろう)
のコミュニケーション学科(アネンバーグにはジャーナリスト学科もある)
が共同で学際的に設立・運営しているコースである。


講義は以下のHealth Campusではなく、ほとんどが
Alhambraという少し離れた(ローズボールのパサデナの
近く)こじんまりしたキャンパスの地下でやってます・・・
HSCcourtyard.jpg


米国ではヘルスコミュニケーションのカリキュラムが
多様な大学で展開していることは以前ご紹介
しました。

原文はこちらです。
*翻訳は省略していて適当なので、引用・二次利用に
ついては原典をご参照し、USCに直接お問い合わせください。
以下、講義概要と補足情報。
教授陣はほとんどがHH&Sのボードメンバーでこの分野の権威です。
講義はほぼ全て10人~20人程度の少人数で
ディスカッション(すごく早い)主体で行われます。
先生が一方的に講義して終わり、というのは
こちらではあり得ないようです。


COMM 510: 態度・価値・行動
(Attitudes, Values & Behavior)
Michael Cody,PhD.(先学期学部向けの講義を聴講しました。
巨躯を揺らして楽しそうに講義する方です。ご近所です)
目的:社会影響の理論と実践を学ぶ。
特にドラマなどの素材を用いるcompliance技術
(一般市民の納得・順守・承諾を引き出す技術)
によって対象者の態度・行動・意思・(エビデンスから
誤ったと判断できる)信条・既成概念などを変化させる
ことを含む。具体的には、対面コミュニケーションの
技術からエンターテイメント・エディケーションという
ドラマを用いて視聴者に影響を与えるスキルまで学ぶ。
合わせて説得理論(説得に関する行動科学・認知心理学の
諸理論)についても学ぶ。

COMM 520: マスメディアの社会的役割
(Social Roles of the Mass Media)
Peter Clarke,PhD.(かなりのご高齢と思うのですが、
非常にキュートで情熱的な先生。後述するように
Mayer先生との共同講義を先学期聴講しました)
目的:メディアがどのように言説を構築しているかを学ぶ。
マーケティングやメディア論の立場から特に米国の事例を
中心に疫学的・広告・商業主義・情報技術などの豊富な
知識と体験から講義する。

PM 526: 公衆衛生におけるコミュニケーション
(Communication in Public Health)
Tess Cruz, PhD, MPH(すごく人気のある女性教授:今学期聴講します)
目的:コミュニティ規模(マスを対象とした)の
健康推進・疾病予防コミュニケーションの効果を上げる
ための方法を学ぶ。
ヘルスコミュニケーション分野の諸理論、情報の受け手分析、
一般市民のニーズ、メディアキャンペーンのデザイン・
評価方法、ソーシャル・マーケティング
(マーケティングのノウハウを公共の利益・福祉の向上に
活用する方法論)、
メディア・アドボカシー
(翻訳が難しい言葉の一つ。マスメディア本来の価値を
有効活用するための一般市民や研究者の側からの
メディアへの働きかけ、メディアとの協同のこと)、
メディアキャンペーンの先行事例の検討などを含む。
公衆衛生分野の院生向け。

COMM 528: 組織の視点からのウェブデザイン
(Web Design for Organizations)
Judson Ferris Ferdon & Josh Mooney
(この先生達はまだ直接知りません)
目的:営利・非営利業界含めたインターネットの役割に
ついて学ぶ。
営業利益・マーケティング・顧客サービス・公共広告・
企業戦略・eコマースなどの視点から。
学生は実際の企業や組織の立場から考察することが求められる。

COMM 530: コミュニケーション技術発展の社会影響
(The Social Dynamics ofCommunication Technology)
Bill Dutton, PhD (この先生もまだ直接知りません)
目的:コミュニケーション通信技術 (ICT)の発展により
社会がどう変化してきたかを学ぶ。
背景理論から現象を見る視点を育て、批判的科学的に
ICTの社会・政府・教育・ビジネスの現場に
おける導入とデザインを検討する講義だそうです。

PM 536: プログラム評価と研究
(Program Evaluation & Research)
Thomas Valente Ph.D(今最もお世話になっている先生のひとり。
講義の面白さには定評があります。ご近所さんです)
目的:健康推進に関連する事業(マスメディアキャンペーンを含む)
の評価のために必要な概念・介入・データ収集・分析の方法と
事業全体のデザインについて学ぶ。
実際のキャンペーン評価データを用いた統計パッケージソフト
(SASおよびSTATA)演習を含む。より詳細はこちら

COMM 575: エンタメ系メディアにおけるアドボカシ-と社会変革
(Advocacy and Social Change in the Entertainment Media)
Lynn Miller,PhD.(この先生もまだ直接知りませんが、
今後是非聴講したい講義の一つ)
目的:エンターテイメント・メディア分野におけるアドボカシー
と社会変革についての枠組みを提供する。
実際のサンプル(公共広告・社会科学・放送番組・電子媒体
など)を収集・検討し、特定の社会問題解決のために、
メディア活用(設計・評価)のための計画書・設計図を
各自構築する。

COMM 581: マスメディアと社会サービス:キャンペーンの設計と評価
(Media and Social Services: Design and Evaluation of Campaigns)
Doe Mayer,PhD., Peter Clarke, PhD
(Mayer先生はヨーガン・レールの似合いそうな素敵な
おばさま。先学期聴講していた講義の一つ。目から鱗、
という体験をしました)
目的:社会サービスを営む組織(政府・行政機関・研究機関・
財団・市民団体など)からどのように一般市民にメッセージが
送られ相互にコミュニケートされているか
(戦略・方法・評価など)を学ぶ。
対人コミュニケーションによるアウトリーチ活動から
メディア・キャンペーンまで。学生は講義と科学的エビデンス
をもとに、自身のメディアキャンペーンアイデアを
構築・設計し予算獲得のために各財団や政府関係者に対して
プレゼンする(仮想的に)ことが最終課題。
より詳細はこちら

COMM 582: 国際協力・開発に関するコミュニケーション
(International Communication:National Development)
C.S. Bia, PhD & Ishita Sinha Roy, PhD
(この先生達もまだ直接知りません)
目的:国家規模・地球規模での開発・国際協力に関する
コミュニケーション・技術・メディアについて理解する。
欧米とその他の先進国や発展途上国との関係を通して
グローバリゼーション、ナショナリズムについて検討する。
学生は背景理論を通じて事例を検討し、開発や国際化に
関して考察することが求められる。

COMM 583: グローバルなエンターテイメント・エデュケーション事業
(Global Entertainment Education Programs)
Michael Cody,PhD.(前述)
目的:ドラマや漫画を用いて知識の普及・啓発を行う
エンターテイメント・エデュケーションの世界的な
展開について学ぶ。
具体的には健康・安全・人権・多くの社会問題についての
教育です。WHOの事業や米国主導の国際協力や発展途上国の
事例を通してその方法論と戦略・評価方法が紹介されます。

COMM 587: 聴衆(情報の受け手)分析
(Audience Analysis)
Shelia Murphy,PhD.(APHAで知り合いました。素敵なお姉さんです)
目的:聴衆分析の基礎的な理論と方法について学ぶ。
古典となっている先行研究の検討や最新の方法論
(ニールセン社の視聴率・フォーカスグループ・
インターネット経由の購買調査・心理尺度・心理社会的分析・
shadow juries, exit polls:
最後の二つは勉強不足でわかりません。どなたかご教授ください)
を通じて学ぶ。国内・国際社会におけるマスメディア世界を
分析・検討するためのツールを提供することがゴール。


上記講義のうち1部を実際に聴講し、それ以外の内容を
ざっと見た印象では、以下のポイントがあるように思います。

0.医学部とコミュニケーション学部の学際カリキュラムである。
1.ディスカッション・演習重視:実践的な能力を構築する
2.当該分野の理論とケーススタディーの重視と充実ぶり
(科学的思考・エビデンスに基づくデザイン)
3.教授陣の「学生のニーズに応えようとする」努力・姿勢の高さ

いずれも経験上、日本の大学院教育(特に医学保健系)では
得にくい場合が多いですし、何より医療・医学・保健・看護系
においてこういった分野(ヘルスコミュニケーション)の
知識・ノウハウ・実践能力を体系だって学び、身につける場が
日本にないことは非常に問題だと思います。
この日米差は深刻です。

関連分野の諸先輩方やこういったテーマにご興味ある方の
ご意見・ご批判・アドバイス・コメントをお待ちしております。
スポンサーサイト
【2006/01/10 23:59】 | USC講義関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<講義聴講再開 | ホーム | 七・三分けの真相>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/96-6de327b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。