ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
1年の計は年末にあり
昨年までと生活の環境が異なるせいか、暖かいせいか、
日々ヤツに振り回されているせいか、
なんかどうも年末という気がしていないのだが、
来年は公私共に大いなるチャレンジの年、ということで
今年を振り返り、来年への決意を新たにする、なんていう
年末らしい(?)ことをしてみたいと思う。

日本を出たのは遅咲きの桜がまだ残る4月末で、
引越し前日の深夜、引越し作業の合間にちょっと休憩、と
夜桜を見に西荻を徘徊し善福寺公園で遅咲きの桜を
眺めながらベンチで寝入り、携帯の着信音にも起きず、
心配して深夜の西荻を捜索した嫁さんにこっぴどく
叱られる、という事件(というかまた、)があった。
20051229203006.jpg

これは好きな目黒川の桜。桜は日本の心ですね。うん。

その後滞在していた妻の実家を発つ出発当日に
JR宝塚線の脱線事故が起きた。
母方の実家は宝塚で、この電車にも勿論乗ったことがあった
ので、非常に身近に感じた。
20051229203209.jpg

そして今回のJR羽越線の特急脱線転覆事故のニュース。

出国直前まで博士論文の作業に追われて家にこもっていた
ので3月までの記憶はあまり無い。
そんな自分にとって、この1年は痛ましい事故で始まり、
痛ましい事故で終わった感がある。
フリーウェイで日々恐怖を感じている自分にとって
事故はどんなものでも他人事ではない。

犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
4月末に渡米してからのLA生活のドタバタぶりはこのブログを
最初から読んでいただくとわかるので省略。

大きなことだけまとめよう。

今年達成できたこと。
1.渡米しLA生活を始める(引越しと生活のセットアップ)
2.USCにおける研究・学習環境に慣れる(人とのつながりを築く)
3.長男誕生、子育てを始める

この3点が自分達にとって最も重要かつ大変なことだった。
そしてそれぞれにおいて幸運に恵まれ(ぎりぎりな局面が
多々あったが)なんとか良い1年だったと言える年末を
迎えられていることに大いに感謝している。
本当に支えて頂いた皆様と何ものかのおかげ様で。
今年亡くなった祖母にも支えられたのだと思う。深謝。

2006年は渡米2年目を迎える年。
学位をきっちり取得することは勿論、
こちらでの雇用に向けて自分をアピールしなければならない。
そろそろお客さん扱いも終わるだろうし、受けたい講義も
たくさんある。論文にまとめなければならない素材、
英語論文の素材も溜まっているし、新たな領域(ドラマを
活用したヘルスコミュニケーション研究・エイズ予防
関連・ゲームのヘルスコミュニケーション応用等)の
研究・論文作成の作業もある。今年はさぼった学会行脚も
2006年はかなりの数行くことになるだろう。

大前提には生活費・研究費の確保と英語能力の向上がある。

お金。
1年分の助成金のみで鉄砲玉のようにここに来たので、
来年の生活費は今のところ万全とは言い難い(ビザは3年)。
あと1年くらいはこちらでの雇用も難しいようだ。
お金のことは自分の準備不足もあり各方面に心配をかけて
いるが、どうやら来年は金運のいい年のようなので
なんとかなるでしょう(投資歓迎)。

種は今年のうちに蒔けるだけ蒔いたので、あとは芽が出て
花が咲き実がなることを待つのみ。営業は各種続行中。

英語。
特に大学院講義でのディスカッションのスピードに
負けない日々の準備と意識が重要だ。今の調子で日々を
過ごしていけばなんとかなると楽観的に構えている。
(悲観しても始まらんし)

出産と車の運転をクリアした妻にとっても、
英語能力の向上が大いなるチャレンジになろう。

子育て。
ヤツも順調に行けば、首が据わる⇒はいはい⇒立つ⇒歩く、
という経過をたどるだろう。今とは別の意味で手がかかる
ようになる。新たなチャレンジが待っているのだろう。
大変な面もあるだろうが、来年中に1度は日本につれて
帰るつもりだし、両じじ様にご拝謁賜る必要もある。
非常に楽しみだ。既に日々子育ての幸せを感じている。


と、こんな感じだろうか。
皆さんの来年の抱負はどんな感じでしょう?


暖かいところにいて赤ん坊の笑顔を見ていると、来年は
いい年のような気がしてくる。

人事を尽くして天命を待つ、という言葉が好きだ。

皆様、良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト
【2005/12/29 21:14】 | LA生活 | コメント(0) |
<<ヘルスコミュニケーションツールとしてのゲーム:ゲームリンク集① | ホーム | フレデリック・ワイズマン作品について(続報)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。