ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
【映画感想】The KingdomとThe Brave One
明日からまた締め切り仕事(論文)で缶詰なので
リフレッシュ目的で映画のはしご。

ジェイミー・フォックス主演
The Kingdom

と、
ジュディー・フォスター主演
The Brave One

がらがらのパロスバルデスの映画館で見たのですが、
ご高齢の夫婦ばかりだったせいか、反応が印象的。
前者では誰も拍手せず、後者では少ないなりに結構な割合で
拍手が起こっていた。やっぱみんなわかりやすくてハッピー
エンドな映画が好きなんだなあ。例によってネタばれ含み
ますのでご注意。
Kingdomについては昨期ファンになり今期も見続け様と
思っているドラマ、Friday Night Lightsの監督、Peter Bergが
監督。結論から言うとこのPeter Bergという作家が大好きだ。
音楽の使い方、ドラマの配分というか構成の癖(好み?)、
光の捉え方、どれも自分と相性が良いように感じる。

この映画でも同様で、この作家に出会えたことは僥倖であった。
Neal Jordanの映画に出会ったころの喜びに近い。

Friday Night Lightsのキャストがちらほらゲスト出演して
いるのもFriday Night Lightsファンには嬉しい。

詳しい解説は他に譲るとして
印象のみメモ。

こういうフィクションが成立することの偉大さを感じながら
映画館を後にした。米国にとって911後の世界は非常にリアル
な世界で、アラブ諸国との関係や自爆テロという題材は
フィクションの世界でも非常に扱いにくい題材だったと
思うが、これだけの情報量と世界観とエンタメ性で
フィクションが成立していることのすごさの意味を考えながら
歩いた。エンタメになっている、ということは「わけの
わからない若い子も見て影響を受ける可能性」がある、
ということだ。競争も激しい分、こういう才能や作品開発の
機会もある国。政治的な映画でも成立して、ある程度ヒット
するエンタメに仕立て上げることが出来る国、アメリカ。

自分にとっては、そんなことを考えさせられる作品でした。


後者(Brave One)は、
一言で言うと「復讐は許されるのか?」というテーマ。
この映画の結論は「許される」となっている。で、冒頭に
述べたように、観客は拍手していた。

サスペンスとしては中途半端な印象。
そう見ないのが正しいのだろうな。

単に主人公が死なず、ある意味ハッピーエンド(本当は
誰もハッピーじゃないんだけど)なのでそこにおじいちゃん
おばあちゃんたちが反応しただけかもしれないけど、
日本だと同じ反応は無いだろうなと思うとこれまたちょっと
「アメリカって」を感じた。

偏見かしら?
銃社会に生きていない(今も銃の被害にあうような場所では
暮らしていないので)身としてはわかりかねるところか。

あの「拍手」に、米国で銃規制が進まない根源があるのだろう
なと、こちらについては自身の銃に対する実感が希薄
なせいか、ぼんやり考えながら映画館を後にしたのでした。

あ、そういう意味で、
「銃を撃つ」ということを米国に住んだ社会人の
基礎教養(?)として良くも悪くも体験すべきなのかもな、
と思ったのは、自身にとっては今まで発想にも無く、
新鮮な思いつきで、この映画が自分にとって意味があった
のかもと思わせる部分でした(銃を打つ練習する場があって、
手順とお金を払えば、この国では合法なので)。

もしその機会があればレポートしまっす。
スポンサーサイト
【2007/10/02 23:55】 | 〔テレビ・映画〕ぐっときた場面 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<帰国します | ホーム | ジェネリックについて備忘録>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/630-9649fddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。