ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ERシーズンXIV "The War Comes Home"より
ERシーズン14が始まりました。

以下、ごく簡単なあらすじと印象的な英語台詞をご紹介。
ネタばれ含むのでその点ご注意を。

モレッティ新部長を迎えての新シリーズは、
ニーラが参加した軍隊支援の集会での爆発?騒ぎで
パニックになった群集のせいで多数の死傷者が出た
事故で幕開け。

以下はシリーズ14のプロモ。13までの名場面と14の
予告が混じってます(ショッキングなシーンが結構
あるのでご注意を)。
オフィシャルなものなのか誰かが勝手に作ったものか
知らないんですが、ルカ爆発してますね。。。
最後のシリーズにふさわしい破天荒な展開に?
頭の固そうな新部長対策をビール飲みながら語り合ってた
アビー、モリス、プラットの三人は上記の事故患者の対処に
呼び戻されます。事故犠牲者の中にはニーラがいて、
肝臓から出血しているようです。
rhabdoと呼ばれる外傷性の横紋筋融解症rhabdomyolysisなど
も併発しており、モレッティ部長と外科医のディベンコが
オペ室への搬送の安全性について口論しつつもオペへ。
冷静さを欠くディベンコに変わってクレンショーが
執刀し(アビーが冷静に決めます)、ニーラは一命を
取り留めます。
ゲイツは事故のきっかけとなった犯人を患者の中に見つけ
ますが、そのせいで犠牲者の祖父がその犯人の首を絞めて
殺してしまいます。
手術は無事終了しましたが、ニーラの意識が戻らず、
バタバタの一日を終えたスタッフ達は、待合室でニーラの
意識が戻るのを待ちます。

以上。

お得意のバタバタ展開で幕開けしましたが、
シリーズ13の終わりに事故で研修医レイの両足を切断したり
した直後ですからニーラの事故はあまりに安易、という
印象です。ドラマ自体がクリティカルなので仕方ないんで
しょうが・・・

モレッティ部長は思慮深くも普通の人、として描かれて
います。規律を重んじてマネージメント効率を追求する
ので、スタッフとは早くも衝突しまくってます。腕は良い
し判断も的確なので、一定の尊敬を集めてはいますが、
不用意な発言(まだ死んでいない女の子を「dead girl」
と呼んだり)で患者の祖父を激怒させたり、脇の甘い一面も。

今日はこのモレッティ部長が、事故対処が落ち着いて
迷子の子供みたいにERの階段に座り込んでいるところを
アビーに話しかけられて、答える台詞をご紹介。

「なぜここ(ER)にいるかわかるか?」とモレッティ。
「戦争のせいさ。戦争が無ければ今頃君も小児科医なんかに
なっていて俺もICUで途方にくれている」と。
「戦争?ですか」とアビー。

その後のモレッティ部長の台詞が以下。

Emergency medicine is actually the result of centuries
of warfare.
It's a field that was defined by doctors and nurses
in bombed-up building trying to take care of patients
on dirty canvas streachers...

...and performing procedures in tent hospital that were
literally hundreds of feet away from where the battles
raged.

And these peoples are predecessors.

They have a simple primary focus: survival.

And down in the bunkers, they dug in deep to try to
save their patient's lives and try to save their own lives.

And they ended up to giving life to this whole new art
form: this great collaborative enterprise that we still
carry on today.

That why we're here.




胸部外科で働いていた時に、先輩達がよく自嘲気味に
「野戦病院」と自分達の病棟を呼んでいたのを思い出します。

哲学的でありたいが、現実に対処して生きていくしかない
モレッティ部長のキャラの良く出た台詞ですね。

確かに「救命」が最優先される現場ですが、だからこそ、
人間らしい言葉や配慮が生きる部分もあります。

ヤツの熱性けいれんでMiller Children's HospitalのERに
駆け込んだ時、ヤツの治療が始まってすぐにpastral care
女性が側についてくれました。看護師や医師も親(管理人)
を安心させることに心を砕いてくれた印象があります。

何かと困難を感じたヤツの入院でしたが、ERには良い印象を
持ったのでした。

あ、そうそう、ドラマERを見ていて覚えた単語や台詞も
多々役に立ちましたよ!
スポンサーサイト
【2007/09/27 23:58】 | 〔テレビ・映画〕ドラマER | コメント(2) |
<<【参考記事紹介】はなさんによるヘルスコミュニケーション概説 | ホーム | 米国で見ても「中秋の名月」か?>>
コメント
なんだか、シーズンを追うにつれて、ハリウッドみたいな「ドンドンパチパチ」系になってきていますね。ちょっと辟易しますが、英語の勉強のために見続けることになると思います。

ところで、モレッティ部長の台詞で一箇所だけ、コメント。
They have a simple primary focus: survival.
ええ、確かにそうなんですが、本来の意味の野戦病院と、現代の病院救急部の、決定的な差は何だか分かりますか?

答えは、戦争での野戦病院のprimary focusは、ただのsurvivalではなく、兵士をsurviveさせて前線に兵力として送り戻すことだったのです。そして、ここにトリアージという概念が生まれた出発点があります。


あと、私も救急の場面では、なるべく親を安心させ、落ち着かせるように振舞いたかったのですが、昨今の日本ではすぐに「何かあったら、どうしてくれるんですか?」という紋切り型の馬鹿げた質問を浴びせられるので、すっかり自己防御的になってしまいました。「『何か』って、何ですか?」ってね。
ここオーストラリアでは、もっと医療側を信頼してくれるので、親を安心させようとする態度が取りやすい、と感じています。

【2007/10/01 02:13】 URL | 南十字星☆ #-[ 編集]
南十字星☆ さまコメントありがとう。
先日の呼吸器内科K先生とのメールの
やり取りでもあったけど、「根拠無いのに
医者を信用しない」傾向には、なんらかの
マクロな対策が必要だね。双方余計な
ストレスを抱え続けることになりそうだし。
ERの方は、相変わらず聞き取れない単語
多いけど、非常に良い教材だね。僕も
DVDも活用して見続けたいと思います。
【2007/10/02 05:49】 URL | taka #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。