ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
プロフィール長いのが嫌になってきたので
ここにおいていてリンク張りました。
ついでに、これまで書いてきて、
「メディアを通じたヘルスコミュニケーション(学)」
に興味がある方に参考になるかも、と思うエントリを
少し整理+再掲載しました。
--------------------

現時点(2007年5月)でのまとめ:
米国ヘルスコミュニケーション+シリアスゲーム+日本のMBAと
いう学習環境で、「解説する人間から解決する人間」への
体質改善にトライしています。現時点では2008年4月より
日本で企業就職を予定しています。

以下詳細。
社会人キャリアは、看護師として始めました。
日本で臨床看護師(大・中・小の病院で常勤・非常勤合わせて
のべ6年)をしつつその間、夜学で映画制作(脚本・制作)
を学び、自主映画や商業作品の制作にも参加しました。

その後、社会人大学院生として日本の保健看護系修士課程・
社会医学系の医学博士課程を経て(単位取得退学:学位申請
中)、2005年4月末に渡米。現在は、人気テレビドラマを
通じて一般市民に医療健康情報をわかりやすく伝えるための
USCとCDC,NCIの共同プロジェクト
Hollywood, Health & Society
の調査研究インターンをしています
(今は仕事してないけど秋学期にまた少しやりたいな)。

また、USCのAnnenberg School(コミュニケーション学科)と
Preventive Medicine(医学部予防医学)で
「マスメディアを活用したヘルスコミュニケーション」に
関する講義をこの1年半計7コマほど聴講しました。

シリアスゲームに関連した活動の一環として、
Serious Game Japanのコントリビューターとして
勉強させてもらってます。

ヘルスコミュニケーションの定義については以下
ヘルスコミュニケーションとは?(定義)
ヘルスコミュニケーションの定義:その2
ヘルスコミュニケーションとは(訳語編)

ヘルスコミュニケーションの前提や背景についての考察は以下
ヘルスコミュニケーションの前提・背景①:アメリカ社会について(その1)
ヘルスコミュニケーションの前提・背景②:アメリカ社会について(その2)
ヘルスコミュニケーションの前提・背景③AED普及
ヘルスコミュニケーションの前提・背景④医療制度と情報格差

聴講した講義に関連するエントリは以下
ヘルスコミュニケーションの大学院カリキュラム
エイズ予防キャンペーンのデザイン①
エイズ予防キャンペーンデザイン②:プレゼン
USCヘルスコミュニケーションコースのカリキュラム
News for a Change: An Advocate's Guide to Working With the Media
Cruzの講義紹介とHands-on Social Marketing, A Step-by-Step Guide
Pedagogical Dramaという概念
【AIMモデル】HIV/AIDS予防をトータルに考える
Persuasive speech: Aru Aru Daijiten
academic debateその1:米国の大学生はsparを通して議論を学ぶ
Avoid and Name That Fallacies! 誤謬を見抜け!誤謬を避けよ!
What's the problem? Who's the customer?

ヘルスコミュニケーションに関連する教科書・参考書・
ウェブサイトなどのリソースについては以下:
リスト
翻訳して日本に紹介したい本
科学コミュニケーションの中のヘルスコミュニケーション(科学コミュニケーション書籍リスト)
ヘルスコミュニケーション・メディアキャンペーンに関連するリンク集①
ヘルスコミュニケーション・メディアキャンペーンに関するリンク集②
若年層をタバコの害から守るキャンペーン Protect the Truth
リンク集追加:エイズ予防プロジェクトサイト紹介
ヘルスコミュニケーションツールとしてのゲーム:ゲームリンク集①
ヘルスコミュニケーションツールとしてのゲーム:ゲームリンク集②

その他はこの辺をご参照ください。

ゲームに関してはSGJの広野さんが紹介しているこの
リスト
が有用かと。


2007年春学期はヘルスコミュニケーションの基礎を成す
Public Speakingの学部生向けクラス、
Argumentation & Advocacyに参加させてもらいました。
基本的な議論の理論・技術・実践が豊富で非常に勉強に
なりましたし、英語に関する自分のゴールのイメージが
持てたというか、英語を一生かけて学ぶ覚悟ができました。

今夏以降もとれるだけ関連講義を受講したいと思っています。
(2007 Summer Sessionは英語の勉強以外は自主学習に
することにしました)

ヘルスコミュニケーションは、日本ではまだほとんど学問に
なっていない領域ですが、USCや米国にはいい先生がたくさん
います。興味のある方は気軽にコメントください。

あと、日本でも東大に医療コミュニケーション講座が
出来ます。
http://www.umin.ac.jp/hc/
自分が興味を持っているヘルスコミュニケーションの領域
についても一部扱われるようです。

筑波大学の科学コミュニケーション講座でも少し
お手伝いをしております。

2年間の滞在で、メディアキャンペーンなどに代表される
ヘルスコミュニケーションの体系から、デジタルメディア、
ゲーム(シリアスゲーム)などを活用した
ヘルスコミュニケーションのあり方に特に興味の中心を
シフトさせつつあります。映画・ドラマを使った
ヘルスコミュニケーションという今までの経験が生きる
分野ですし、下記、ビジネスの世界の学びも活かせる気が
現時点ではしています。

上記に加えて、2006年4月より日本の通信制MBAでも学んでいます
(現在2年生)。
http://www.ohmae.ac.jp/index.htm
マーケティングやマネジメントやストラテジーを重視する
ヘルスコミュニケーションを追求するためには必要な素養だと
こちらに来て実感し入学しました。

やること多くてバタバタしていますが、日々正しい選択で
あったと感じ、学ぶこと・考えることをEnjoyしております。

ビジネスの視点からのエントリも少しずつ増やして行きたいと
思っております。今日現在、ファイナンスと格闘中。

8月6日追記:2008年4月より日本で企業就職予定です。
35歳新人に内定をくれた貴重な会社はこちら
医療健康分野の新規事業開拓に今まで学んだ全てと
築いてきたネットワークを活かしたいと思っています。

11月10日追記:日本に帰国しました。来年3月までは
住環境の整備、USCでの残務継続と翻訳作業、各種原稿執筆、
2人の子育て等で過ぎていきそうです。

2008年4月追記:企業に就職しました。
MBA(経営管理学修士:専門職)取得しました。
2つの厚生労働科学研究費による研究班の分担研究者となりました。

2009年3月追記:なが~く戦った博士論文が審査を通り、博士号(医学)がおりました。
ご指導・審査いただいた先生方に深く感謝しております。やっと仕事に集中できます^^。
スポンサーサイト
【2007/05/15 09:20】 | 管理人プロフィール詳細 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<ちょっとびっくりしたのですが | ホーム | 骨身に染みる@Towing Specialist>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2007/05/24 07:19】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/10/20 16:07】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/05/05 12:29】 | #[ 編集]
こんにちは。私も8年程前にヘルスコミュニケーションに注目し、ジョンズ・ホプキンスで勉強して参りました。5年前の学会でこの手法を用いた発表もしましたが、理解できた方はほとんどいません。すっかり今は離れてしまいましたが、できれば研究会なども作りたいと思っています。よろしければ私のブログもご訪問ください。http://blogs.yahoo.co.jp/hc_reform
【2008/11/19 13:32】 URL | SLH #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/20 04:18】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/11 11:37】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/510-a26a8b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。