ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
What's the problem? Who's the customer?
エイズ予防研究にインタラクティブビデオやビデオゲーム環境
を活用して心理学的アプローチを試みているPro. Lynn Miller

彼女のやったGrant Writingの講義についてはこちら
と今日話す機会があって、日米の研究環境の違いや
ビジネス領域との関連について話した。
今日のミーティングのポイントを一言(二言)で言うと標記。

ヘルスコミュニケーション分野の研究者としては、上記を
常に意識するという。customerというのは話の流れで出てきた
「意訳」で、フルタイム研究者(たまに頼まれて
コンサルタントもやってるみたいだが)の彼女たちにとっては
Who will fund you.が正しい。つまり、出資者は誰なのか?

今日出てきたのは当たり前のことばかりなのだが、改めて
自分の立ち位置を考え直す良い機会になった。

ヘルスコミュニケーションは非常に多岐に渡る学際領域で
かつその国、民族、文化固有の問題に対処しなければ
ならないことが多い。その中で出てくるのは、最初の
What's the problem?であり、ここをどれだけ追求するかが
一番大事だという。

Social Marketingの本質はここにあるといつも感じるのだが、
問題が起こっている全体の構造を把握し、プレイヤーは誰で、
何がトリガーになっているのかを正確に把握することが
最も大事である、ということだ。

そしてそれを解決するためのピースをはめていく。
ありとあらゆる学術領域の専門家、メディア企業、政府、
患者団体、財団、などなど。足りないピースが見つかると、
それで一つ、「科学」の目的が果たせたことになる。
つまり、その問題を解決するための「足りないピース」を
見つけたことになるからだ。

To know what you don't know is a basic skill to be
scientific.

これもLynnが言っていた言葉。
彼女たちはアネンバーグの中でも科学志向が強く、
心理学・認知科学・行動科学・脳神経科学など、
ありとあらゆる専門家とコラボレーとしながら巨額の
グラントを運営している。

アネンバーグが強いな、と感じるのは、彼女たちと全く
方向性を異なる研究者(質的研究、レトリック研究などの
アプローチ)も豊富にいる、ということだ。

色んなアプローチがあって、全体のアネンバーグという
リソースを形成している。そんな風な各学部が集まって
USCという大学を構成している。他の有名大学も同様だろう。

話を戻すと、そうやって見つけた問題とその構造、その解決法
を実現するための出資者を獲得することが研究を現実に機能
させるために必須である。それは政府機関のグラントであり、
財団の研究費であり、企業のR&D費だったり、寄付である
だろう。いずれにせよ、目的達成のために必要な額を獲得する
こと。その意味では、ヘルスコミュニケーション事業は
立派なビジネスであるし、だからこそ彼女たちはコンサルタント
として機能するのだろうし、専門知識を持ってより科学的妥当性
の高いヘルスコミュニケーション事業をする、ということを
志向している政府機関や企業がある程度ある、ということを
意味してもいる。

そんな彼女がHollywood, Health & Societyのようなテレビ
ドラマを使ったEE活動ではなく、ビデオゲーム環境を使った
Virtual Agentを主力にエイズ予防研究を専門としているのは、
より科学的アプローチが可能であるということ、
よりチャレンジングであるということ、
より出資者を獲得しやすいということ、
の3点からなるように思う。

チャレンジング、というのは
注射一本打てば済む予防接種率向上、などの問題と違って
これすら日本ではうまくいっているとは思えないが)、
性行動や食行動など、日常繰り返される人間本来の欲や
本能の絡むトピックこそ、深刻かつ解決を求められていて
彼女たちのようなスタイル(現実の問題解決に科学の叡智を
用いる)の研究者にとってはよりチャレンジングである、
ということだろう。

ずうずうしく2時間弱も話し込んで、自分がシリアスゲーム
分野で貢献すべき方向性を諭されたような気がした。
残りの留学期間は、自分なりのfeasibilityを追求する時間
になるのだろうと自然と感じた。再来週のワークショップ
楽しみである。
スポンサーサイト
【2007/05/07 23:58】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
<<Friday Night Lights ドラマ編 | ホーム | 日本語教育にマンガを使ってみる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。