ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
academic debateその2:イラク撤退問題を通して米国を知る
今週の水曜日にfinal debateがあるので準備をしています。
自分は今回はアシスタントであってdebaterではないので
気楽ではあるのですが、ロジカルシンキング/問題解決の
実践の場としての参謀役なので、できるだけのことは
しておきたい感じ。

現時点での戦略の基本路線は以下。

・撤退の現実可能性に焦点を絞った議論を展開する
・撤退自体には賛成し、是非の議論には関わらない
・イラク戦争自体の大義、正当性と撤退問題を区別して
議論する:正当性がなかった(でっちあげだった)ことは
イラクの治安その他現状を鑑みれば即時撤退の理由にならない。
・ブッシュ大統領が拒否権を発動することがほぼ確実で、
それを議会でひっくり返すことが現状難しいことから、
Affirmativeチームの主張
「2007年中に撤退を開始または完了する」は現実上
ほぼ不可能、という現実の事情を(是非の議論ではなく)
敢えてエビデンスの一つと捉える。
世論や状況からすると我がNegativeチーム
(「2007年中のイラク撤退を行うべきではない」という立場)
は非常に旗色が悪い、と当初思っていました。
が、調べてみて必ずしもそうではないし、仮に圧倒的不利な
立場で議論するとしても、敢えてそういう立場で考え、
エビデンスを集め、戦略を練ることこそ、
academic debateを学ぶ意義であると作業を通して感じます。

当然ですが、主張するには、反論するには勉強(良い情報に
基づいた理解と考察)が必要です。
勉強は視座を与え、相反する双方の主張の正しい点、
間違っている点を浮き彫りにする、相手の立場を
「他人事」と思わなくなる、などの効用があります。
真剣なacademic debateの意義は多いなと感じます。

情報収集を通してイラクの現状だけでなく歴史的なことや
今まで知らなかったことを大いに学び、米国という国に対する
理解が深まりました。興味ある方のためにいくつか日本の方も
知っておくべきと感じる情報(日本語)をシェアします。

イラクからの声を翻訳している日本語サイト:
Baghdad Burning:イラク人女性が書くブログ
著者リヴァーベンド(ハンドルネーム)に関する記述は
こちら。


イラク情勢に関するポータルサイト
イラク情勢ニュース 
ここでも日本語訳されてリンクされているジャーナリスト
Dahr Jamail氏のサイト(英語)が情報量豊富です。

上記2つのサイト(イラクからの生の声)に共通しているのは
市民にとって米軍の在留が安全や治安に貢献しているとは
思われていないことがわかる、ということです。

勿論、米軍や米国関係者の存在によって救われた命、救われた
イラク人の仕事もあります。例えばこの弁護士さんの事例。
バディー・アライフ・イザトへのインタビュー

その他、歴史的なことで知らなかったこと、認識していなかったこと:
ベトナム戦争から学ぶ視座:
ジャーナリスト松尾氏による記事
ベトナム撤退のほうがまし イラク「出口」戦略の苦悩


今回の調査の趣旨からずれるんですが知らなかったもので:
ベトナム戦争に韓国軍が参加してベトナム民間人に対して
旧日本軍の三光作戦に似たことをやっていたこと。
99年5月256号ハンギョレ21

即時撤退または出来るだけ早期の撤退を主張する識者の
論点はそのままAffirmativeチームの主張の論点として
シミュレートできるので、それにどれだけ反論、反証できるか
という資料として使えます。
日本語でわかりやすかったのは以下の二つ。
(撤退の是非は論じないので反証する必要が無い内容も
多いんですが)

田中宇氏の論点
疲弊する米軍

大前研一氏の論点
イラク問題の解決は米軍の完全撤退以外にない

今回の調査はあくまでAcademic debateのためのものなので、
例え「勝てない」トピックや立場でも、「負けない」試合を
することの技術を学ぶ場でもあります。
本末転倒のようですが、勝ち負けに関係なく最大限の努力を
する、というのはそういうことだと思いますし、そういった
議論を通じて圧倒的な主張に見えるもののメッキがはがれる、
という効果もあります。ここで前回の南十字星☆さんの質問
再び応えるとしたら、両極端の2者に分かれて議論することで、
その間のグレーだったり中間の主張も吸収されることも
多いのです。だから賛成反対の2チームで議論することには
意味があると現時点では感じています。

パートナーのブリタは頭の良い女の子で米国育ちなのに
非常に客観的に状況を理解していて感心します。
自分とのグループワークで彼女が何らかのシナジーを
獲得できればいいな、と思っています。

他のチームの内容も参考になるものがあったので
後日レポートしましょう。
スポンサーサイト
【2007/04/23 23:55】 | USC講義関連 | コメント(0) |
<<Games for Health記事3つ目 | ホーム | イチゴ狩りデビュー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。