ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
銃、軍隊、議論、父と子
痛ましい事件が続く。犠牲者のご冥福を祈ります。

銃:
日本でも報道されているように、ヴァージニア工科大学で
銃乱射事件
があった。
聴講している翌日の講義ではクラスメートの一人が「友人が
いる」(撃たれず無事)とのこと。議論のクラスなので
・銃規制への影響
・メディア報道に触発された模倣事件の危険性
などがDonからも指摘されていた。
また、彼が帰化したKorean Americanであったことは
米国のKoreanコミュニティーに大きな衝撃
だったであろうし、日本人の自分ですら恐らく白人や
アフリカンアメリカンが犯人だった場合とはかなり違った
衝撃を受けた。Rich Kidsに対する憎悪、というキーワードが
リッチで有名なUSCの学部生たちにインパクトがあったことは
大半のクラスメートの表情でもわかった。格差社会、米国が
抱える問題の一端を身近に感じた。

映画評論家の町山さんのブログで比較的詳細に論じられて
いる。こことかここ

軍隊:
来週のFinal Debateに向けてリサーチを続けている。
「米軍のイラク撤退は今年中に開始すべきではない」
という主張を支え説得するだけの材料が必要だ。
世論もメディアの論調も実際の法案も、全てが
Leave ASAP!
だが、
僕らのチームは
Leave, but not yet!
を主張しなければならない。

今のままでは二次資料のみで弱い。撤退の必要性は認めつつ
いかに来年から始めないといけないか、という論戦を
張れるか。そのために必要なロジックとエビデンスは何か、
こういうことを実践で体験するためのDebateなのだなあと
感じつつイラク情勢を追いかけ、考える。

ヴァージニア工科大の事件を報道する横には、
「イラクで自爆テロ死者合計200人超」という見出しが。

議論:
米国人は議論好きだ。
という命題は真か偽か。
真だとして議論が上手い米国人は幸せをより
効果的に手に入れているのだろうか。
日本人は議論が下手だ。
という命題を出してくるとどうか。
議論と幸せを因果で考えることが間違っているのか。
議論は手段であって目的ではない。
だが議論すら行われないor機能しない社会も厄介だ。
うむむ。日米のいろんな事件を見ているとわけがわからなく
なってくる。

社会のステージに応じて意思決定(リーダーシップ)の
スタイルは変化し組み合わせられてしかるべきだが、
変化できない国はどうなるのか。絶えず変化を受け入れて
いる国の強さはどこまで続くのか。


父と子:
偶然読んだ物語も、今日のドラマERも、テーマは
「父と子」
前者はガン末期の殺人犯が小学生くらいの息子を
約束していた遊園地に連れて行って観覧車の中で死ぬ話。
彼はかつて取調べをする老刑事に言う。
「なぜ子供はあんなに嬉しそうな顔が出来るんだろう?」
「俺はあんたより幸せだ。俺には息子がいるが、あんたには
いない」

後者はうっ血性心不全で亡くなった中年男の高齢の父の話。
彼は認知症で息子が面倒を見ていた。亡くなった男は
父と二人で事業をはじめ、一緒に働き、事業を拡大した。
つい最近父の面倒をみるために自宅に事務所を移した。
独身で母を亡くしているので自分が父の面倒を見ていた。
亡くなる寸前まで父のことを心配して。
息子の死を覚えていられない父。説明されたその瞬間は
理解できるのだが、数分すると忘れてしまう。
ナーシングホーム(老人ホーム)への入所の手続きをして
見送ったルカが、その後で自分の息子をひざの上で
遊ばせながら言う
「彼は幸せだ。毎日息子を失わなくて済むんだ」。

二つの物語は言ってしまえばどちらも陳腐で、
お涙頂戴の王道だ。
だが、自分に息子が出来て感じるその印象は以前とは
大きく異なる。
陳腐な物語が無くならない理由はここにあったのか。

二つの物語に共通するのは、父は幸せだ、ということだ。
子供から大いなる喜びを得て、親は幸せだ、ということだ。
その幸せを大事に自分も日々を生きようと思う。

スポンサーサイト
【2007/04/19 23:40】 | USC講義関連 | コメント(2) |
<<間違った使い方 | ホーム | 今夜はこんな気分>>
コメント
現在、「唯一の超大国」を自認する大きな象徴の一部が、銃と軍隊であると認識しています。
少なくともこの2点について、米国人が議論好きであり、終始議論を繰り返してきたことは認めますが、結局「変化できない国」のままであったこともまた事実です。
議論好きであることは、必ずしも絶え間ない変化を保証するものではありません。米国の振りかざす論理に、いつもdoubule standardを感じずにいられない理由が、この辺りにあります。
【2007/04/21 02:48】 URL | 南十字星☆ #-[ 編集]
I agree with youだね。
ブッシュ大統領の演説もdouble speakと
言われて久しいし、共和党が蓄積してきた
民衆プロパガンダの技術は秀逸だしね。
でも銃と軍隊以外のところでは外の血を入れて
どんどん変化していく。名言がある。
「米国はなんでも受け入れる。うまくいくか試した後にね」
というやつ。
ヴァージニア工科大学の事件も基礎として
移民問題がある。政策決定のステップが
議論する力に裏打ちされているとしたら、
一つの社会のあり方の基礎をなしている
技術ということにはなるんだけども。

結局、議論する力にしてもなんちゃらリテラシー
にしても、「幸せになるための技術として
機能させる知恵」が必須なんだろうね。
【2007/04/21 21:28】 URL | taka #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。