ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
academic debateその1:米国の大学生はsparを通して議論を学ぶ
聴講しているDonのクラスで来週から最後の課題Debateが始まります。

与えられたお題に関して賛成、反対それぞれ2名ずつ
割り振られ、規定のディベートを行います。
その形式について理屈と具体を学び、サンプルビデオを
見てという流れでここ数回の講義が進んできたのですが、
昨日はsparでした。本番に備えた模擬ディベートの
ことですが、さすがのクラスメートたちも議論が進むに
連れて段取りを忘れたり質問するところで自説を展開したり。

彼らネイティブにとっても、こうやって繰り返しやらないと
スキルは向上しないもののようです。
見ていてイメージがつかめたし、非常に面白かったです。
自分はまだ「打ち合う」能力に欠けるので、来週以降の
本番では黒子に回り、人数の関係で一人でやらざるを得ない
(しかし飛び切り優秀な)ブリタという女の子を
支援するアシスタントという位置づけで参加します。
(言ってることは随分理解できるようになってきましたが、
すぐに反応するspeaking能力と語彙がまだまだです)

お題は以下の通り

・米国政府は米国民に対して国民皆保険制度を実施すべし
・米国政府は同姓婚を認めるべし
・米国政府は移民制限を強化すべし
・米国政府は教育バウチャー制度を導入すべし
・米国政府はイラクからの米軍撤退を2007年末までに開始すべし
(教育バウチャー制度についてはこちらこちら

どれも答えの無い、議論によってしか意思決定ができない、
考慮せねばならない要素が複雑な問題ばかりです。
「政府が~」となっているのも示唆的というか
米国の大学教育の思想を見る思いがします。
(世の中は自分たちで変えるもの、変えられるもの)

我がチームは最後の「イラクからの今年中の撤退開始」に
反対するNegative Team(つまり「イラクからの撤退は来年以降
に開始すべし」という論を展開する役目)です。

一見大変に思えましたが、この問題では逆にAffirmative Team
の方が大変かもしれません。ことここに至っては撤退は
余儀ないことだと思いますが、性急な撤退が被害を拡大する
ことが懸念されていますし。
ベトナム戦争の失敗からも学ぶべきという指摘も多いです。

現在、仕事と勉強の合間にブリタを助けるべくリサーチ中
です。大事なのはfacts(事実)とnet benefits(真の便益)。
ディベートの形式(非常に構造化されています)、
トレーニングのためのsparのやり方、お互いの戦略など、
非常に興味深いので何度かに分けてレポートします。

書き忘れていましたが、先日自分も参加したpersuasive speech
のネタは15名中約半分が病気、災害対策、健康問題など
ヘルスコミュニケーションに密接に関連する内容でした。

今回のsparのネタでもエイズ対策が取り上げられていますし、
上記のDebateネタでも国民皆保険が採用されています。

米国のヘルスコミュニケーション体系を理解する上で
大学レベルのpublic speaking教育やその周辺の「思想」の
あり方を理解することは重要な予感がしていたのですが、
きっちり確認できました。

というわけで次回に続く。
スポンサーサイト
【2007/04/05 23:55】 | お仕事・研究・学び | コメント(2) |
<<祝Dice-K(Red Sox松坂投手)初勝利!ということで。 | ホーム | おおはしゃぎin鹿児島>>
コメント
一点だけ教えて。
なんで、賛成と反対に「割り振る」のか?
当然それは自分の本意と反対のこともあるでしょう?
この不自然なsparringこそ、米国お得意のダブル・スタンダード、いや「屁理屈」の根源ちゃうか?
【2007/04/08 02:50】 URL | 南十字星☆ #-[ 編集]
ま、あくまでスキルを向上するための
トレーニングの「形式」として2者に分けるみたいね。
当然自分の本意とは違うチームに割り振られることも
あるわけで、それでもファクトや専門家の意見を
もとに論拠と根拠を構築して望み、自説を
効果的に展開する方法を学ぶわけね。

自分の日ごろの主義主張と異なる立場に立つ
ことで見えてくるものもある、と言う意味で
一定の学習効果はあるんでないの?

ブッシュ政権の現状やイラクのことを見ても、
議論を尽くした結果があれか、というのは
確かにあるけども、議論する力を育成する
土壌やその仕組みと、その結果の是非は
分けて考える必要があるのかもね。

少なくとも日本ではこういうことを学び経験する
機会が少ないのは事実で、日本の外交手腕の
問題や海外での存在感の薄さ(商品は濃いけど)
に直結しているように感じるよ。
【2007/04/08 03:35】 URL | taka #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。