ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
日本語の力
今週いっぱいは翻訳仕事に終始するのでそれ関連のネタ
多いかと思いますがお許しを。

翻訳をやっていていつも思うことだが、今回は特に
標記の重要性を感じることが多い。

以前西荻で飲んでいた時に某著名な翻訳家の方にお話を
うかがう機会があったのだが、その方のお話の中で
「和英翻訳は英語ネイティブが、英和翻訳は日本人が
やるべき」ということがあった。
ちょっと考えれば当たり前のことだと思うし、効率の
点でも、翻訳業界ではそういうパターンが結構多いと
思うのだが(もしくは下訳⇒ネイティブチェック)、
相当量の翻訳仕事を一気にこなしていると更に
その重要性がわかってくる。

日本人でも特定の訓練や経験がない人だと
日本語が下手なのである。
そこで重要なのは、英語の知識ではなく、
むしろ的確な日本語をこなれた表現に落とし込む能力、
である。

これは今回の下訳をプロではない人に頼んだから
余計に明確にわかることなのだが、こなれた日本語を
書くには、ある程度の訓練や経験が必須なのである。

現在聴講しているpublic speakingの講義でも、
「英語で伝えたいことをちゃんと書くのはネイティブに
とっても大変」とDonがいつも言うが、それの日本語版
というわけだ。

さて、ではどうすればその能力が身につくか。
翻訳の学校に通ったりしたわけではなく、なんとなく
それでお金をいただくようになった自分としては
全くの我流だが、以下のことが重要であると思う。

1.読み手の立場にたって日本語を書き、再読⇔修正を繰り返す
  ⇒そのため、読者がどういう人たちかはすごく重要
2.自分自身の癖(てにおはや句読点や表現など)に
  いかに自覚的に、自戒的になれるか
3.そしていかに効果的に自分以外の人の目を入れるか
  (校正・チェック:ただし能力の高い人の)

いつも思うが、正しい翻訳をしたからといって全てが伝わる
わけではない。しかし、ネイティブにとっても英語(原語)
のままで全てが理解できているわけでもない。日本語も
またしかり。論理構造があいまいな日本語の方が???な
文章は多い(このブログも?)

文字を通じたコミュニケーションの限界
を自覚しつつ、背景や書き手の意図や読み手のニーズ
を汲んだ文章作法が、そこでは必要になるのだろう。

家族への便りでも、
恩師へのお礼の手紙でも、
就職活動のレジメでも、
ラブレターでも
一緒だろうと思った。


言葉が伝わらないのは
だれのせい
自分のせい
それとも相手のせい

誠意を尽くして言葉を尽くして
伝わらないのは仕方がない
自分にその能力が無かっただけのこと
相手にそのニーズが無かっただけのこと

コミュニケーションを欲する人は
コミュニケーションをあきらめることも
身に着けなければなりませぬ

コミュニケーションなんたるかを求める人は
コミュニケーションをあきらめることも
身に着けなければなりませぬ

あきらめて初めて
コミュニケーションの意味の断片が
あきらめて初めて
求める答えの断片が

あきらめてはじめて
相手の顔に
自分の顔に
笑顔が戻る
こともある




何事も今の自分の現実をそのまま受け入れて、精進精進。
スポンサーサイト
【2007/04/01 23:29】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
<<今聞きたい曲 | ホーム | マーチマッドネスも終盤>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。