ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
Persuasive speech: Aru Aru Daijiten
聴講している講義の課題で標記、persuasive speechという
のをやりました。なんでもいいので根拠を示しつつ、
聴衆を説得することを目的とした7分以内のスピーチです。
管理人はまだ日本の報道でも熱が続いている
「あるある捏造問題」にトライしました。

稚拙な英語ですが記録も兼ねているので晒しておきます。
(ミスが多々在ると思うのですが、お気づきの方ご教示
ください)

メルボルン在住の小児ICU医、南十字星☆さん
からNatureにまで「あるある問題」が取り上げられた
ことを教えていただきました。多謝!!
末尾の参考資料にURL貼ってあるので興味ある方は
ご覧ください。ふう。
調査に当たっては、学術文献レベルのリサーチが課され、
学部生の皆は慣れない子もいるのか、20名中3,4人が棄権
するという結果でした(単位どうするんだろう?)。

管理人は調べて書くのが日常なので苦ではありません
でしたが、結局時間切れもあって納得のいく解にたどり
着かず、結論としてはごまかして終わりでした。

自分としてはここから考え始める、くらいの基礎資料
作りになりましたが、英語で発表する場をもらえたのは
ありがたかったです。こればっかりは場数踏むしかない
ですね。

発表にあたってはドレスコードが課され、場に相応しい
服装や態度が細かく指導されました。原稿を読むとC
しかつかないそうで、しゃべっているうちの90%の時間を
聴衆とのアイコンタクトに使えとのお達しでした。

間の取り方、ユーモアの入れ方、身振り手振り、
上手な子が数名いて、とても勉強になりました。
管理人のスピーチも、こっちの人は概ね褒め上手なので
面白がってもらえましたが、自分としては
まだまだスタートラインという感じですね。
精進します。

以下原稿です。本番ではちょっと変えましたが、参考まで。
------------------------------------------

COMM 322
Persuasive Speech
Fri, March 2nd, 2007
Taka Beppu

Speech topic: How to prevent using fabricated evidence
on popular TV programs.

1. Introduction
Are you credulous or not for scientific information in
TV entertainment?
Last year, Brainiac: Science Abuse, a popular UK science
series, admitted that in an episode claiming to show a
bathtub of water being blown up by alkali metals, like
caesium [si':ziэm] and rubidium [ru(:)bi'diэm],
explosives were used instead. (FYI: You can watch this
video on You Tube by the title of “Brainiac alkali
metals”) Sky One, the channel that broadcast the
series, released a statement saying that although it
consulted with scientists when planning stunts, its
priority in executing them was entertainment. “If
you’re expecting to see the Open University, you’re on
the wrong channel!” it said. Is it truly just only the
problem of audience‘s choice?
Very famous and authoritative academic journal, Nature,
also covered this topic, as an example of Britain, but
more serious example has happened in Japan. Nature
covered this news as “Japanese TV show admits faking
science”.
In Japan, very famous TV show “Aru Aru Daijiten”,
roughly translates as "Excavation: an encyclopedia of
facts", was canceled suddenly and the broadcasting
company lost their syndicated rights this January because
of their fabricated data about diet using "natto" in
their show. Natto is fermented soybeans, very popular
Japanese healthy food. Please try in Sushi restaurant.
This news proved they’re chronic fabricator of medical
and scientific evidence introduced in their program. For
example, they often had used Japanese dubbing to put
false words into the mouth of foreign researcher, or they
cooked-up fake evidence data of Natto’s diet effects
and footages which are convenient for their catchy story.


2. Ill
“Aru Aru Daijiten” have been one of the most popular
TV entertainment program in Japan during this 10 years.
It often aired about health-related topic like healthy
food or effective diet solutions. After the broadcasting,
many people are rushing to supermarkets to buy that
food. This time, Natto has sold out at many stores, so
many Natto traders increased production and got serious
damage by huge refund of Natto from their consumer who
knows this fabrication. Audience and market confused by
the fabricated TV show. Although many scientist, or
medical doctors have cautioned about this show’s
incorrectness and risks for long time, the program never
changed till this scandal.


3. Blame
TV media or video media (like YouTube) has a huge
influence for general citizens. To get more and more
audience ratings, TV producers and writers look for and
try to make more and more interesting, exciting, extreme
kinds of programming. I think it’s not the issue in
itself. I also love U.S. TV entertainment and drama. The
issue is, if they cross a red line and fabricate on
purpose to make a “good story”, audience suffering from
wrong evidence or scientifically misleading. Not only
from the view of mass media’s moral or compliance, but
also the view of public health, to prevent misleading and
disseminating of misunderstanding is very important.

4. Cure
How can we stop producing fabricated information of TV
program? The disclosures of “Aruaru Daijiten” are
shaking public and researcher’s confidence in the TV
media in Japan. I think this problem has both side, not
only sender, but also receiver.
Former TV-side problem is occurred from structural
problem of TV media in Japan. Some journalist point the
problem of Japanese TV network is that market mechanism
between network media and production companies isn’t
functioning because Japanese subcontractors of production
have been controlled by network media financially.
Because of their control, production companies feel less
responsibility for their own products or too much
pressure from controlling company give a helping hand for
fabrication.
On the contrary, in the U.S., there were legal remedies
like Fin-Syn rules and The Prime Time Access Rule (PTAR).
The Federal Communications Commission (FCC) implemented
the Fin-Syn rules in 1970, attempting to increase
programming diversity and limit the market control of the
three broadcast television networks. And they eliminated
it in 1995. PTAR was also instituted by FCC to restrict
the amount of network programming that local television
stations owned by or affiliated with a network may air
during the evening. And these rules worked well to
promote compliance and sound market mechanism. So, I
believe that legal change for criminal punishment like
Fin-Syn rules or PTAR may be one of the solutions in
Japan.

5. Cost
Latter audience-side problem is occurred from lack of
media literacy. Main audience of “Aruaru Daijiten” is
mainly young and middle aged women, are easy-effected and
credulous people, some critics said. I agree with the
opinion that they could have more media literacy and
critical thinking skill in daily life. I know it’s not
easy to use TV information wisely for us, but we have to
be to defend ourselves from these fabrications.

To that end, in Japan, I can propose to make media
literacy curriculum compulsory in Japanese public
education with the support of national budget and TV
network.

In conclusion, I believe that legal changes, promotion of
compliance, and media literacy education will support to
prevent using fabricated data on popular TV program in
Japan. The author of Nature’s news said it’s not a
problem unique to Japan. Unfortunately, I couldn’t find
any good example in the U.S., but how do you think in
the U.S.?


Sources:

News and blogs about this topic;
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20070205a6.html
http://www.pliink.com/mt/marxy/archives/2007/01/one-update-and.html
http://valeny.exblog.jp/4400690/
http://asia.news.yahoo.com/070128/kyodo/d8mu4ap00.html

Brainiac alkali metals
http://www.youtube.com/watch?v=eCk0lYB_8c0&mode=related&search=

David Cyranoski(2007) Japanese TV show admits faking science. NATURE, Vol. 445, 22 February 2007
http://www.nature.com/nature/journal/v445/n7130/full/445804a.html

Blogs about this article;
http://blog.sciam.com/index.php?title=japanese_tv_show_admits_faking_science&more=1&c=1&tb=1&pb=1

Fin-Syn Rules;
http://www.museum.tv/archives/etv/F/htmlF/financialint/financialint.htm

PRIME TIME ACCESS RULE
http://www.museum.tv/archives/etv/P/htmlP/primetimeac/primetimeac.htm

スポンサーサイト
【2007/03/02 23:04】 | USC講義関連 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<I hate public speaking | ホーム | 逝く人に>>
コメント
べっちゃん、すごいな。オレここまでの英語力ないわ。感動。
学会シンポジウム出席のため、駆け足で、神戸→東京→静岡を廻りました。バスケ部のみんなにも会ったので、また写真送ります。
【2007/03/06 00:28】 URL | 南十字星☆ #-[ 編集]
南十字星☆さま コメントありがとう。
講演行脚お疲れ様。短時間でまわるのは
充実しているけど大変だよね。
英語に関してはお褒め頂いて嬉しいけど、
先生にかなり直してもらったし、日常の
英語力もまだまだですわ。一生かけて勉強、
という覚悟がやっと最近出来たよ。
同期会楽しかったみたいね。
何よりでした。写真楽しみにしております。
【2007/03/06 01:32】 URL | taka #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/454-69e36d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。