ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
変化するということ=生きるということ
今日は久々に好きな言葉をご紹介。

最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる生き物である。

(ダーウィン)


進化論や生物学の話だけではなく、
人間が生きていく、ということはイコール変化していく、
ということなのだと最近特に感じます。
逆に言うと、生きているのだから人は必ず変われるのだとも。
最近本業の傍らマネジメントやマーケティングの勉強も
しているのですが(本業と密接に関連していることがよく
わかったので)、営利・非営利関係なく組織も人が作って
いる以上、変わらないと活きていけないのは同様のようです。

組織は人が作っています。
当たり前ですが、「組織」「会社」「勤め先」と表現した
瞬間からそのことを忘れてしまいます。

組織は本来変化していくものですが、環境の変化に適応
する方向に変化できるか否かはその組織を構成する「人」
の意思次第だという気がしています。
(変化するための能力は、意思があればついてくるものだと
今は思っているので)

同様に、人はそれぞれを
「家族」とか「親子」とか「夫婦」と表現した
瞬間から生物(ナマモノ・いきもの)としての
「生きていくということは変化していくということ」、
という本来の姿を忘れてしまう傾向があるようにも思います。

家族というのは、崩壊(または変化)へ向かっていくものだという
姿勢を小津安二郎監督は作品に投影させていましたが、
そこにあるのは悲観論ではなく、
「それでも我々は家族を生きるし、夫婦を生きるし、親子を営むのだ」、
という「家族」という「生き物」への前向きな賛歌なのだと
理解しています。

随分前に読んだ本(「仕事は楽しいかね?」)ですが、
この本の主人公は、空港で出会った変な老人から
「私の仕事は、『昨日とは違う自分になっていること』
これは簡単なようで難しい」
というようなことを言われ、アドバイスを得て自己洞察を
深め、自身の仕事での行き詰まり解消のヒントを得ます。


変化すること、一見言うはやすし行なうは・・・で
難しいようですが、実は自分本来、人本来、組織本来の
「生命力」を喚起することで発動する才能なのだと
今は思っています。

自分本来の「生命力」のスイッチを押すのは、きっかけは
周囲の刺激(なぜか失敗や挫折や病気など、うまくいかない
時の方が結果的に良い刺激になるように思うのですが)だと
思いますが、そのきっかけによって発動される「自己洞察」
が重要なのかもしれません。自分の中に答えはあるはずです。

経験上、人は「うまくいかないとき」に初めて深く考える
という気もしますし。そういう意味ではやはり
「失敗はチャンス」なんですよね。
(う~ん我ながらポジティブ)

一番恐ろしいのは「気付けずに死に至る」病です。
「変化する」ことの重要性や「変化する力」が自分に
本来備わっているということに気付かず死に至るよりは、
変化に耐えて生きることは生命を謳歌していることになる、
恵みである、という風に感じるのでした。

家族や夫婦や親子関係も同様なのではないかな、と夢想して
管理人も自己洞察の日々です(なんだ、結局独り言か)。

コミュニケーションの前提としてこういうのもあるなあ、と
いう雑感でした。
スポンサーサイト
【2007/02/03 23:54】 | 時事問題・雑感 | コメント(0) |
<<今年のスーパーボールサンデーは宿題で缶詰 | ホーム | 水道管がらみの不具合は米国文化?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。