ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
講義紹介:Argumentation and Advocacy
という講義を今学期は聴講(audit)しています。
大学院の講義ではなく学部生向けの基礎スキルレベルの講義
です。思うところあって敢えてこの講義にしました。

これまで専門の講義ばかり受講してきましたが、
基本的な議論(聞き、話し、討論する)のスキルが決定的に
不足しているので今学期はとりたかった専門の講義よりも
優先して取りました。片付けないといけない仕事が山ほど
あるので今学期も一コマ受講です(週2日だけど)。

教科書はこれ

事例として予防接種の議論やエイズ予防の議論が出てくるので
実は専門上も参考になってます。

まだ始まったばかりですが非常に良い勉強になっています。
「第2言語習得は一生かけて行うもの」というこの本の言葉に
目からうろこでした。自分の現状の理解と覚悟ができました。
英語習得に悩んでいる方にはオススメ!
この講義をとって痛切に感じたのは「語彙の無さ」。
今まで専門の講義ばかりだったので誤魔化せていたのだなあと
痛感。日常のニュースや出来事に関する話題の方が今の自分に
とっては知らない単語が多いのです。

先生は院生のDonがTAとして教えてくれています。
彼のことはUSCにフルブライト留学で滞在されている
鈴木健先生(津田塾大学)から教えていただいたのですが、
非常に優れた人だと思います(鈴木先生の著書は以下)。


というのも、彼は院生に比べてシャイで熱心ではない学部生に
対して非常に上手に「議論」について考えさせ、習得させ
この世界に巻き込む術を心得ています。講義の様子は
スタンダップコメディアンさながらで笑いに満ちています。
以下に簡単に紹介

講義は
1.ニュースクリップに関する議論
2.課題記事・論文に関する議論
3.教科書に関する議論
4.クラス内エクササイズ
5.オンライン・ディスカッション

で進みます。

ニュースクリップはその日のLA timesを読んできて
印象に残った記事を簡単に紹介して自分の賛成・反対
の意見を根拠と共に述べる、というもの。
深い議論をするというよりはウォーミングアップな感じで
どんどんあてていきます。誰かの意見についてさらに
賛成反対をつのり別の学生にあてる、という感じ。

課題の記事・論文・教科書についても同様で
ニュースよりはもう少しペースダウンしますが
どんどんあてていきます。

エクササイズはその日の教科書のトピックに関連した
基礎練習をみんなでやるというもの
先週はApples & Applesというのをやりました。
詳細は後日紹介します。

オンラインは米国ではメジャーらしい大学オンライン支援
システムBlackboardを使って行います。Discussion Boardと
いう、講義のオンライン・ディスカッション支援の掲示板の
ようなものが用意されています。USCはオンライン化
を進めており、図書館でe-learning の講義を受講している
学生もよく見ますね。

オンライン・ディスカッションのネタは今のところ以下の
4つ。毎週1つずつ増やしていき、学生はどれかに毎週必ず
発言しないといけない、というルール。
ラップ音楽は社会に悪影響を与えるか?
・米国は本当にイラクに2万人を越す増派をすべきか?
・ゲイの人々の結婚を認めるべきか?
・カリフォルニアで提出されている「親が3歳未満の子どもを
叩くのを禁じる法律」
に賛成?反対?

しかもオンライン・ディスカッションのネタあつめに、
与えられたトピックに関する議論をブログ(個人のものでも
議論用の公共サイトのようなものでも)上で不特定多数の
ネット上の一般の人にふっかけて他人の意見も踏まえて
自説を展開するという条件がつけられています。

クラスメートの発言を読んでいて非常に感じるのは
英語自体の力と彼らの能力の高さです。
文章を書く際のパラグラフ構造の訓練がしっかり出来ている
からというのもあるでしょうが、英語という言語の強さを
感じます。何かを主張・議論するのにとても向いている言語
のように日本語と比べると思えるのでした。。。
(今学期が終わったらその辺も考察してみたいと思います)

この講義は、学部生の講義とはいえ今の英語力の自分には
非常に大変です。
が、その分得るものも非常に大きいと感じています。
足りないところを埋めてくれる授業、というか。
求めていたものがある感じがしてとても楽しいです。
他の仕事に追われて予習の時間が不足がちなのがつらい
ところですが、与えられた時間内でやるしかないので
これも良い訓練でしょう。

新年明けてから一分一秒を大事に暮らしている実感が
あって充実しています。

ヘルスコミュニケーションの前にEnglish Communication
メディア・コミュニケーションの前にInterpersonal Communication


これが今学期のお題です。
後者についてはまた後日。
スポンサーサイト
【2007/01/23 23:58】 | USC講義関連 | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<ああもう2月 | ホーム | 人気番組の突然死:「あるある大事典Ⅱ」ねつ造問題>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/428-e1644d86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[教育][link]コミュニケーション学における「議論」の授業
南カリフォルニア大学に留学中の方が、議論(Argumentation and Advocacy)の授業について書かれています。 http://healthcomm.blog32.fc2.com/blog-entry-428.html クリティカル・シンキングの授業と銘打たれてはいないのですが、セメスター終了時の日記に、「米国のコミ thinking about thinking【2007/04/29 08:57】
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。