ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
【LAタイムズ記事補足】人気ドラマで健康になる?
先日11月13日のLAタイムズの記事"Prime Time to Learn"に
ついて紹介
しましたが、まだリンクが切れていないようなので
もう少し解説を。
もとリンクはここ(下に全文引用しています)

管理人にとっては非常にエキサイティングな記事でした。

キーになるのはこの文章。
人気ドラマを通じたヘルスコミュニケーションの大事な要素を
示しています。
Take timely, important topics and make them entertaining. Accuracy and responsibility matter, industry insiders say, but their job is to attract and hold television viewers, not lecture or teach.

以下簡単な解説と長~~~い全文紹介を。
Pros:
1.ドラマを通じた疾患健康啓発活動の米国全体のイメージを作るのに良い
2.視聴者の側からの生の声が紹介されていてリアルに
作り手、視聴者や協力者側、科学者側のリアクションが伝わってくる。
3.写真つきで歴史が概観できる(網羅はしていない。ごく一部)
4.大学以外のハリウッド内の団体について新しい動きを
フォローしており実際に実効力を伴った動きとして
こういった団体が存在感を持っていることを明確に示している

Cons:
Hollywood, Health & Societyについて枠外の補足で
若干言及されていたが(Sentinel for Health Award
ことなど)、管理人の理解では活動や団体として
一番大事なHH&Sが抜けているのが非常に不可解。

で、
この記事を書いたBrinkさんに記事への賞賛とお礼と共に
直接以下のような内容の質問メールを送りました。
・なぜHH&Sに対する記述が薄いのか?
・意図的か、または何か事情があったのか?
というもの

すぐ返事をくれて
「自分の調査によるとこういう比重が良いとおもった。
意図的ではなく、純粋にスペースと文字数の問題」とのこと。

比重に関しては同意できませんが、すぐ返事をくれるのは
ありがたいですね。日本の記者さんはこういう時どうなんで
しょうか?
UCLAのDr. Glikは僕も存じ上げていますが、HH&SやUSCに比べて
非常に限定したリサーチや活動しか行っていないというのが
正直な印象です。まあ記事へのいちゃもんはおいておいて、
興味ある方は以下の本文をどうぞ(長いので読む方は覚悟して
読んでください)。

リンク切れを見越して以下にいい加減な和訳まとめ(訳が
いい加減なので間違いに気づかれた方は是非ご指摘ください)
と共に全文引用します(非営利目的だから許して^^;こればっか)
写真も勝手に(こらこら)。。。

以下、LA times, Nov 13rd, Health欄の記事より引用
---------------------------------------------
AMERICANS more than just believe the health information they get from fictional television shows. Spurred by what they see on shows like "ER" or "The Bold and the Beautiful," surveys suggest, they take action. They go to the doctor. They tell a friend to have that cough checked. They ask a lover to use a condom.
 フィクションのテレビ番組から得られた医療健康に関する情報を信じることに関しては、米国人には「信じる」以上のものがある。人気ドラマ「ER」や「The Bold and the Beautiful」に関する調査によると、それらの番組を見て拍車をかけられた彼らは行動に出ていることがわかっている。医者へ行く、友人の咳について医者に行くように薦める、恋人にコンドームを使うようにお願いする、といった具合だ。

Fans develop trusting relationships with the characters who come into their homes each week, and industry insiders can't betray that trust. "I'm aware of the number of people who are paying attention to the facts around the fiction," says Jan Nash, executive producer of "Without a Trace." Thanks in part to the Internet, where health sites consistently rank at the top of those most visited, more and more viewers know when something doesn't ring true.
 番組の熱烈なファンは毎週彼らの自宅にやってくる番組の登場人物と信頼関係を結んでおり、テレビ業界の内部の作り手たちは彼らの信頼を裏切らないのだ。「我々はフィクションの周囲にある事実に視聴者が注意を払っていることを理解していますよ。」と、人気ドラマ「Without a Trace」のエグゼクティブ・プロデューサーであるJan Nashは言う。医療健康に関連したウェブサイトは最も見られているサイトにランクされているが、こういったインターネットのおかげもあって、益々多くの視聴者が何か間違った描写が番組中にあるとそれに気づくようになっているのだ。

They're getting a lot of chances to make such calls. Science is invading scripts. Disease is increasingly a backdrop to plots. The woes of the nation's healthcare system are punch lines. Heroic characters have mental diseases or incurable neurological disorders.
 視聴者にとってこういった問い合わせをする機会は増えてきている。科学知識は脚本の中に入り込んでいる。病気が脚本上の背景として使われることが増えているからだ。大抵米国の医療システムの欠陥や諸問題がオチに使われているし、ヒロインは精神病か不治の神経難病にかかっている。

And behind the scenes, a body of communications research and an eager network of health and policy advocates are working with writers and producers to get the facts right. The shows milking medicine for back stories or main plot lines aren't limited to the medical genre such as "ER," "Grey's Anatomy" or "Scrubs." Sick, damaged or dying characters are showing up in shows about crime, politics, the legal profession, or wacky families and friends.
 舞台裏では、コミュニケーション研究と医療健康政策に関する団体が脚本家やプロデューサーと協働し背景となる話やメインのプロットとして医療に関する話題を搾り出している。テレビ番組は「ER」「Grey’s Anatomy」「Scrubs」などの特定のジャンルの医療ドラマに限らない。病気だったりなんらかの身体的ダメージを受けた登場人物は、犯罪もの、政治もの、法廷もの、またはいかれた家族や友人が主人公のドラマにも登場しているからだ。

But seeing how profoundly true prime-time television can be was a shock, nonetheless, for Robert T. Brennan, a statistician at the Harvard School of Medicine and his daughter, Emma Brennan-Wydra, 13. On Jan. 3, 2006, they thought the night was winding down like hundreds of others, just another evening of TV viewing in their Somerville, Mass., home. It was 10 p.m., and Emma, a devotee of "Law & Order," was curled up watching the episode "Infected" with her father. "No popcorn. Nothing special, just uneventful viewing," says Brennan.
 しかしそうは言っても、プライムタイムのテレビ番組が大いに影響を与え得ることについて理解することはハーバード大学医学部の統計学者ロバート・ブレナンと彼の13歳の娘エマとって衝撃であった。2006年1月3日に彼らは、その夜に他の大勢の家庭と同様、マサチューセッツ州サマビルの自宅でテレビでも見てくつろいだ時間を過ごそうと思っていた。夜10時にドラマ「Law&Order」のファンであるエマはソファで体を丸めて「infected(感染)」というエピソードを父親と見ていた。「ポップコーンも無いし、特に変わったことのないいつもどおりのテレビ視聴だったんだ」ブレナンは言う。

Little did they know, within their pajama-clad coziness on the other side of the country, that they were about to get an insider's glimpse into one of the latest trends in Hollywood.
 彼らはほとんど気づいていなかったが、彼らが米国の反対側でパジャマで快適にテレビを見ている時に、彼らはハリウッドの最新のトレンドの1つを垣間見ていたのだ。

Brennan and his daughter sat, mesmerized as the crime drama got closer and closer to home. It was about a grammar school-aged boy who, after seeing his mother shot to death, killed her murderer and went on trial as an adult.
 ブレナンと彼の娘は、その刑事もののドラマがまるで彼らの家庭にどんどん心理的に近い存在になったかのようにドラマにほだされ、いつのまにかきちんと座って見ていた。その話は自分の母親が撃たれて殺されるのを見て殺人犯を殺し大人のように法廷で裁かれる小学校の男の子の話だった。


"Annie Potts is addressing the jury," Brennan says, still amazed that his study, published in the May 27, 2005, journal Science, was quoted, statistic by statistic, by actress Potts, who played the boy's defense attorney, Sophie Devere. "She talked about kids being two to three times more likely to commit gun violence after they've been exposed to gun violence." As the character gave closing arguments, she referred to Science, gave the number of study participants and said the research took place in Chicago. There was no doubt. She was talking about Brennan's study.

「女優のアニー・ポッツが陪審員に語りかけるのです」とブレナンは言う。彼が雑誌サイエンスに発表した2005年5月27日の論文から統計を次々に引用しつつ、未だに興奮冷めやらぬ感じである。(この辺から和訳はしょります:訳者注)彼女は今回の事件について述べる際に科学的根拠をいくつか挙げたが、そのうちの1つはブレナンの書いた論文についてだったのだ!

"Emma and I looked at each other in total disbelief. Literally, I was flushed and my hair was standing up on my neck. The exact details of the study were on television," says Brennan. "And the accuracy of it was really amazing. I hate to say this, but it was more accurate than anything I've ever had covered in a newspaper."
「娘と私は信じられずにお互いを見合わせましたよ」彼の論文は細部までドラマ中で取り上げられていた。「正確に引用されていて信じられないくらいでした。こんなことは本当はいうべきじゃないかもしれませんが、今までのどの新聞の引用よりも正確でした」

His research ended up on the airwaves after Dr. Neal Baer, pediatrician and executive producer of "Law & Order: SVU," read the study on childhood violence by Brennan and coauthors Jeffrey Bingenheimer and Felton Earls. With all due respect, the paper was "wonky policy stuff, research that almost nobody reads," says Baer. But for a doctor who is also a television writer, it triggered an idea for a plot. "Just as you're exposed to flu when someone sneezes on you, this boy was exposed to violence. He was infected, and he committed a violent act," Baer says of his TV character.
彼の論文は小児科医で「Law & Order: SVU」(米国で人気の刑事・犯罪ドラマ)エグゼクティブ・プロデューサーのNeal Baerによってテレビ電波に乗ったのだった。彼はブレナンや共著者たちの小児虐待に関する論文を読んでいた。Baerによると普通の人が読まない論文や論文紹介記事でも、彼にとってはドラマの脚本やエピソードのアイデアのきっかけを与えてくれるものになる。「誰からが隣でくしゃみすると、あなたが風邪に感染するように、この少年は虐待にさらされ、暴力に「感染」し暴力に巻き込まれていったんだ」とBaerはドラマの登場人物について語った。

What Baer did with a dry study illustrates the challenge to television writers: Take timely, important topics and make them entertaining. Accuracy and responsibility matter, industry insiders say, but their job is to attract and hold television viewers, not lecture or teach.
 Baerが論文に基づいてやったことは、タイムリーに重要なトピックをエンターテイメントにするということである。正確さと責任の問題はあるが、ドラマ製作内部の彼らは(大学の先生が
やるような)講義や教える、という行為ではなく視聴者に魅力的なエピソードを提供している。

"Ultimately, our responsibility is to the drama of the show," says Nash. If writers start getting preachy, she says, viewers will hit the button on the remote.
 「言ってしまえば、我々の責任は『ドラマ』の部分に対してのものです」とプロデューサーのNashは言う。脚本家が説教じみたことを書き始めると、視聴者はチャンネルを変えてしまう。

At a time when reliance on traditional news media is slipping, entertainment communication becomes an important health issue. Prime-time television is where Americans gather, and it's where they learn. It makes sense to put the information where people are likely to get it.
従来のニュースメディアに対する依存度が低下して、エンターテイメント番組によるコミュニケーションが重要な健康問題の情報源になっている。プライムタイム(19時から23時まで)のテレビ番組こそが、アメリカ人が集い学ぶ場になっているのだ。人々が望むところに情報を集約するのはごく自然なことに思える。

The emphasis on the human and emotional drama behind the science, it turns out, is exactly what helps messages stick with viewers, according to communications research. Movies have a powerful effect too, but television fans come to know the characters they watch each week. Done well, the messages play out in the lives of familiar characters, and viewers learn something.
コミュニケーション学分野の研究によれば、科学に関連する感情あふれる人間ドラマは、視聴者に番組内のメッセージを定着させるのに有用だということがわかっている。映画も強力な効果を持っているが、テレビ番組のファンは登場人物たちに毎週慣れ親しんでいる。うまいやり方だ。メッセージは視聴者が慣れ親しんだドラマの登場人物の人生を通じて演じられ、視聴者は何がしかを(知らず知らずのうちに)学ぶのだ。

Premiering a theory
ある理論の「封切り」

One of the first proofs that popular shows can educate large numbers of people came in 1977, in Mexico. Broadcast pioneer Miguel Sabido decided to make use of a classic learning theory, called social cognitive learning, in a soap opera. The theory, developed by Stanford social scientist Albert Bandura in 1961, holds that one way people learn is from watching others, particularly if they identify with the people and observe long enough to see a successful outcome. Sabido's telenovela was called "Acompañame," or "Accompany Me." The characters, including a poor but strong young woman who had two children and didn't want any more, grappled with family planning.
人気ドラマが多くの人の学びに役立つことを証明した最初の例の1つは1977年のメキシコに遡る。放送分野のパイオニアであるSabidoは昼のメロドラマでSocial Cognitive Learningという古典的な学習理論を活用した。この理論はスタンフォード大学のBanduraによって1961年に提唱されたもので、人が学ぶ方法の1つは周囲を観察することであり、特に望ましい結果を収め成功した人をそれと認識して長期間観察することが重要であるというものである。Sabidoのテレノベラ(メキシコの昼メロのこと)は「Accompany Me」という番組で、登場人物は貧しいが心の強い若い女性であった。彼女には2人の子がいてそれ以上子供は欲しくなかった彼女は、家族計画に取り組んだ。

In its first year, it was apparent that the people who listened also learned ― and acted. The Mexican government's National Population Council reported that monthly phone calls requesting family planning information increased from next to none to 500. Contraceptive sales increased 23% the first year the show aired, compared with an increase of 7% the previous year.
 放送初年度に、視聴者が番組から学びを得て、そして行動したことは明らかだった。メキシコ政府の国家人口問題委員会は、家族計画に関する情報を求める電話問い合わせがほぼゼロから500にまで増加したことを報告した。避妊薬の売れ行きも、ドラマの放送初年度に23%増加した(放送前の年は7%の増加)。

Following Mexico's success, the entertainment-education movement spread to India, China and Africa, where people in even the most remote villages tune their portable radios to soap operas. Characters routinely deal with the reality of AIDS. "You put up a billboard saying 'AIDS Kills, Use a Condom,' and it doesn't tell a woman how to approach her husband to talk about condoms," says Sonny Fox, whose Studio City consulting company works internationally to advise media and public health advocates. "In a radio drama, you put that right into the story. The listener has to be able to say, 'If she can do it, I can do it.' "
 メキシコでの成功に続き、エンターテイメントエデュケーションのうねりはインドや中国、アフリカに広がった。最も僻地の人々でさえ、自分達の携帯ラジオを昼のメロドラマに合わせるのだった。登場人物たちは日常的にエイズの現実と向き合う。「『エイズは死に至る病です。コンドームを使いましょう』という広告看板を高く掲げたって、一般の女の人が自分の夫にどんな風にコンドームのことを話せばいいのかについては何も教えてくれない。」とメディア企業や公衆衛生推進団体を相手に国際的に活動しているコンサルティング会社のFoxは言う。「ラジオドラマでは、ストーリーの中にそういったメッセージを正しく組み込むことが出来る。リスナーは「彼女が出来るなら、私にも出来るかも」と言うことが出来るんだ。

At a recent workshop in Johannesburg, South Africa, a survey presented Nov. 6 by researchers from Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health examined the effect of one such program. It found that reported condom use during the last sexual encounter increased from 34% among people who did not tune into a soap opera called "Tsha Tsha" to 60% among those who watched 10 or more of the programs.
 11月6日に南アフリカのヨハネスブルグで開かれた最近のワークショップで、ジョンズホプキンス大学公衆衛生大学院の研究者がこういった番組の効果に関する研究成果を発表した。それによると「Tsha Tsha」という現地の昼のメロドラマをテレビで視聴していなかった人のうち、前回の性行為時にコンドームを使った人が34%の増加だったのに対して、10回以上ドラマを見ていた人は60%増加していた。


Third World successes got the attention of the federal Centers for Disease Control and Prevention. If people in poor countries learn from radio and television entertainment shows, maybe Americans would too.

 発展途上国での成功は、米国疾病管理予防センター(CDC)の注意を引いた。貧しい国の人々がラジオやテレビの娯楽番組から学べるのであれば、アメリカ人だって同様だろう。

The CDC analyzed U.S. health survey data in 1999. Researchers concluded that of the 38 million Americans who regularly watch daytime soap operas, almost half said they learned something about diseases and how to prevent them. Even better, about a third of viewers said they took some action based on what they saw on a soap opera, including 7% who visited a doctor and 6% who did something to prevent a health problem.
 CDCは1999年の健康に関する国勢調査を分析した。研究者達は3800万人のアメリカ人が昼のメロドラマをいつも見ており、そのうちのほぼ半分が病気や予防についてなんらかのことをドラマから学んだと答えていた。さらには、視聴者の3分の一はメロドラマで見たことを元に、なんらかの行動を起こしていたのである。7%は実際に医師に診察を受けたし、6%は健康問題の予防のために何らかの行動を起したと答えていた。


A year later, the CDC looked at prime-time television. It found that of Americans who tuned in twice a week or more, 52% said they trusted the health information they see to be accurate, and 26% said that prime-time TV was among their top three sources for health information.

 1年後、CDCはプライムタイムのテレビ番組に注目し始めた。週に2回以上テレビを見ているアメリカ人のうち、52%は番組中の医療健康情報を正しいと信頼しており、26%は彼らの医療健康情報源トップ3にプライムタイムのテレビ番組が入る、と答えていたことがわかった。

Inspiring ideas, facts
ひらめきと事実と

Inspired by such research, health advocates are figuring out how to work with entertainment television, without raising the hackles of creative types. The Kaiser Family Foundation and CBS and Viacom, for example, hold annual briefings in which writers and producers hear the real-life stories of people living with HIV.
こういった調査結果を受けて、医療健康問題に尽力している各団体は、テレビ業界など作り手の反発を招かずに娯楽テレビ番組を機能させることがいかに可能かについて理解した。例えばカイザーファミリー財団とCBSとViacomは、HIVと共に生きる人たちの実際の話を聞くために脚本家とプロデューサーを集めた年次会合を開いている。

Writers listen, awaiting the muse. And advocates cross their fingers, hoping that truth morphs into broadcast fiction.
脚本家が彼らの話を聞き、考え込む。そして各団体の人々は祈る。彼らの事実・真実が(より妥当な形で)放送媒体のフィクションへと姿を変えるのを。

Just such a briefing sparked the imagination of Nash and Greg Walker, executive producers of "Without a Trace." "We heard these testimonials, and we were moved by the accounts," says Walker. Adds Nash, "We would drive home and think, 'We have to figure out a way to do this.' " In the 2005 HIV-AIDS briefing, they heard the true story of Jennifer Jako, a pregnant HIV-positive woman who felt the judgment of people who thought she shouldn't have risked passing the virus to her child.
 こういった会合が「Without a Trace」エグゼクティブ・プロデューサーのNashとWalkerのイマジネーションを刺激した。Walkerは言う「我々は彼らの証言を聞き、その重要性に心打たれたんだ」Nashが続ける「我々は家に帰って考えました。『どうにかして(ドラマとして)実現する方法を見つけ出さなきゃいけない』と。2005年の彼らの会合で、出席者はJakoというHIV陽性の妊婦さんの話を聞いた。彼女は周囲から子供にウイルスを感染させるリスクを侵すべきではないと考えている人々からのプレッシャーを感じていた。

Her story inspired an April 13, 2006, episode called "Expectations," about a pregnant HIV-positive woman who resents the judgmental comments of a nurse, who tells her she should never have gotten pregnant. The character disappears shortly before her baby is due. The suspense builds as the missing woman calls from her cellphone to say she is in labor. She needs a cesarean section, and she needs it now.
 彼女の話は2006年4月13日放送の「Expectations」というドラマエピソードにアイデアを与え、HIV陽性の妊婦が看護師の批判的な発言に憤慨するというシーンに結実した。看護師は彼女に妊娠などすべきじゃなかった、と言ったのだ。そしてこの登場人物は出産前に姿を消した。ドラマとしては、この行方不明の女性が携帯電話で電話をかけてきて、出産がはじまったことを医師に伝えることでサスペンスが構築されている。彼女は(母子感染を防ぐために)帝王切開が必要なのだ。しかも今すぐに。 


To get the AIDS facts straight, Nash and Walker worked with Tina Hoff, director of the Media Entertainment Program of the Kaiser Family Foundation. "We're not the creative visionaries," Hoff says. "But once a story line is developed, we can help ensure that it's accurate."

 エイズに関する正しい情報を得るために、NashとWalkerはカイザーファミリー財団のメディア・エンターテイメント部門のHoffに協力してもらった。Hoffは言う「我々はクリエイティブな映像制作者じゃないけれど、物語が構築されれば、その正確性について手伝うことはできるわ。」

In reality, the baby of an HIV-infected mother has a less than 2% chance of being born with the disease provided the mother has taken appropriate medications during pregnancy and the delivery is cesarean. If the audience didn't know that before they saw the show, they did after.
 実際には、HIV感染者の母親から生まれる赤ちゃんが感染する確率は、母体が妊娠期間中に適切な投薬を受けて出産を帝王切開で行えば、2%未満である。視聴者がそのことをドラマ視聴前に知らなくても、見た後には(ドラマで)知ることになる。

In the show, the woman was found in time to deliver a healthy baby by cesarean section. In real life, Jako gave birth ― C-section of course ― to a healthy daughter in July.
 番組の中ではこの女性は帝王切開で生まれてきた彼女の赤ん坊が感染しておらず健康であることが示される。現実世界でもJakoは、もちろん帝王切開でだが、健康な赤ちゃんを7月に出産しているのだ。

The influence of a popular television show can make physicians' everyday advice pale, says Dr. Mark Morocco, an emergency room physician who was a technical advisor to "ER." "I might see 20 to 30 people a day," he says on his morning shift at the real emergency department of Brotman Medical Center in Culver City. "A show like 'ER' at one time was reaching 30 million people a week. You just can't beat that for power."
人気テレビドラマの影響は実際の医者による日々のアドバイスを色あせたものに見せる。ドラマ「ER」のテクニカル・アドバイザーである救命医Morocco医師によると「1日に20~30人の患者を診るんですが、「ER」のようなドラマでは1回の放送で1週間に3000万人も患者が来ているように見えます。実際にはそんなには無理です。」


The magnitude of the impact of that one show was measured in classic studies by the Kaiser Family Foundation and the CDC. They surveyed "ER" viewers before and after specific episodes. One episode included a vignette on date rape. The victim was advised that she could take a morning-after pill to prevent pregnancy. Before it aired, the study found that only 10% of viewers were aware that high-dose birth control pills were an option to prevent pregnancy. In the week after the episode aired, 33% of viewers were aware of the morning-after option. Another episode dealt with HPV as a cause of cervical cancer, and before the show ran, 24% of "ER" viewers knew about HPV. A week after the show aired, 47% said they had heard of HPV.

1つの番組が与える影響の大きさについて調べた、カイザーファミリー財団とCDCによる少し前の調査研究がある。それは「ER」の視聴者について、特定のエピソード視聴前後の変化を調べた調査である。あるドラマエピソードはデートレイプについての短い場面を含んでいた。犠牲者は妊娠を防ぐためにモーニングアフターピル(性交後72時間以内に飲まなければならない経口避妊薬)を飲むことを薦められる。この番組が放送される前の調査では、視聴者の10%しかこういった高用量の経口避妊薬(ピル)が避妊方法の1つとして存在していることを知らなかった。しかし、1週間後放送が終わった後の調査では、視聴者の33%がモーニングアフタープルのことについて知っていた。HPV(ヒトパピロマウィルス:子宮頸がん等の原因になる)について扱った別のエピソードでは、視聴前24%、視聴後47%の「ER」視聴者がHPVについて聞いたことがあると答えた。

"That research reinforced that you just can't ignore the role of entertainment media in people's lives," says Hoff.
「こういった調査結果はエンターテイメント・メディアが、人々の生活に果たす役割をもはや無視できないということを示しています」とHoffは言う。

Such studies have encouraged shows to use the expertise of real doctors to go deeper than helping actors correctly pronounce medical words, or showing them how to attach electrocardiographic leads. Morocco helped the show's writers figure out how to write Anthony Edwards, who played Dr. Mark Greene on "ER," out of the script after Edwards announced he'd be leaving the show. "What could we give him that would be accurate, that could kill him in 15 months?" says Morocco. The answer: glioblastoma, an aggressive brain tumor whose sufferers have a life expectancy of about 18 months.
 こういった研究結果は、実際の医師が持つ専門知識を、単にドラマに出演している俳優に医学用語を正しく発音させたり12誘導の心電図のつけ方を教えるためだけでなく、より深く活用することの重要性をテレビ側にも示している。モロッコ医師はドラマ「ER」のグリーン医師がドラマ出演をやめることを発表した後に、どのようにドラマから退場するか(役として死亡させるか)について脚本家を助けた人でもある。「どのようにして我々があと15ヶ月で彼を医学的に正しく『殺す』ことができるのか?」モロッコは言う。答えは余命予測が18ヶ月という非常に侵襲性の強い膠芽細胞腫(こうがさいぼうしゅ)という脳のがんであった。

Viewers watched, week after week, the dramatic arc of Dr. Greene's diagnosis, treatment success, relapse and decline. "We were able to show what people with a bad brain tumor really go through," Morocco says. "How it affects your family, the real roller coaster ride you're on when you get this kind of diagnosis." Until, finally, the fictional Dr. Greene died, in the May 9, 2002, episode.
 視聴者は毎週ごとにグリーン医師の診断や治療の成功や再発や衰弱がドラマ上で円を描くように展開するのを見たことになる。「我々は悪性の脳腫瘍に侵された人々がどのような経過をたどるかを表現することが出来た」モロッコ医師が言う。「それが家族にどのような影響を与えるか、こういった疾患の診断がついた人が乗る、現実世界のローラーコースターに乗っているようなものさ。」最終的には、ドラマの世界でのグリーン医師は2002年5月9日のエピソードで亡くなっている。

Premiering this week may be one of the most intense efforts to get the science right. A new series, "3 Lbs.," named for the weight of the average human brain, is about two neurosurgeons. The pilot shows symptoms, brain scans and neurosurgery wrapped around the lives of two patients shocked that their brains have gone haywire. "It's all research-based," says executive producer Peter Ocko. "There's not a neurological condition we deal with that's not documented in research. We consult with two neurosurgeons. We gather case histories. There's a doctor and a nurse on the set for every medical moment. And we do just as much research on the patient's perspective." From there, poetic license comes in.
 今週封切られる番組は恐らく医学的に正しい描写に特に力を入れている。新番組「3LBs」である。これは実際の人間の脳の重さから名づけられた番組名であり、2人の脳神経外科医が主人公である。第一話は自分の脳がひどい状態になっていてショックを受けた2人の患者の症状や脳のスキャン画像や脳神経手術を見せるものだった。「全て研究結果を元にしています」とエグゼクティブ・プロデューサーのOckoは言う。「我々がドラマで取り上げた神経学的な状態の中で研究論文に載っていないものはありません。我々は2人の脳神経外科医に相談し、症例報告を集めました。医者と看護師が医学的な場面では必ず撮影に同席するようにしています。同様に患者の視点からの研究も集めていますよ」恐らくこの辺(患者の声)から「詩的許容」が現れてくる。

Even nonmedical shows are hiring researchers whose job it is to ferret out what's new and true in multiple sclerosis, Alzheimer's disease, obsessive-compulsive disorder, cancer, diabetes or even policy issues such as the growing number of uninsured Americans or the vast disparity between donated organs and the need for organ transplants. All those topics have made their way into recent prime-time shows.
 今では医療ドラマでない番組までもが、多発性硬化症やアルツハイマーや強迫神経症やがんや糖尿病や果ては医療政策やアメリカの無保険者増大に関する問題や臓器提供者と臓器移植を必要としている人の間の大きな格差に至るまで、何が新しくて正しいのか調べ(ドラマに使える)事実を探し出すことを仕事にしている研究者を雇っている。これらの話題は直近のプライムタイムの番組に使われたものばかりだ。

Hollywood insiders
ハリウッドの内部者


The effort to educate while entertaining goes beyond doctors and staff researchers working within television.

ドラマで楽しませながら教えるという努力は、協力医師やテレビ業界で働くスタッフ研究者といったレベルを既に越えている。

The granddaddy of the industry-science collaboration is probably the Entertainment Industries Council, started in 1983, just about the time John Belushi died of a drug overdose and Richard Pryor set himself ablaze freebasing cocaine. Created to promote health and social issues via entertainment, the council first tackled drug abuse. It quickly expanded. "We're the folks who got actors to put their seat belts on for driving scenes," says Larry Deutchman, executive vice president of marketing and industry relations for the council.
産業界と科学界のコラボレーションにおいて草分け的存在は、恐らく1983年に始まった娯楽業界委員会(EIC)であろう。これは俳優のジョン・ベルーシがドラッグの過剰摂取で死亡し、リチャード・プライアー(米国のコメディアン)が高純度のコカインの影響で重度のやけどを負った年でもある。娯楽作品を通じて健康や社会問題解決を推進しようという運動の最初として委員会はドラッグ問題に取り組んだ。この運動は非常に早く拡大し、この委員会のマーケティング&産業界窓口担当のDeutchmanは「我々は運転シーンで俳優にシートベルトを締めさせるような仕事をしています。」といっている。

Now there is a growing industry in Hollywood made up of advocates who are neither entertainers nor insiders, but who want their disease or issue to get dramatic play before a mass audience. Similar to product placement, it's a kind of ideas placement. A group called the Entertainment Resource Professionals Assn. pulls dozens of these groups together, including the American Cancer Society, Down Syndrome in Arts and Media, the American Heart Assn. and the Mental Health Media Partnership.
今やハリウッドでは、娯楽産業側でもなく内部者でもないがしかし、大勢の観客に向かって病気や医療を含む様々な社会題をドラマとして演じてもらうことを望んでいる「advocates」という産業が成長しつつある。プロダクトプレイスメント(ドラマ中で商品をそれとなくアピールする広告方法の1つ。関連エントリはこちら)と似ていて、これは一種のアイデア・プレイスメントである。娯楽番組情報源専門家協会(ERPA)という団体が数十もあるこれらのグループ(米国がん協会、芸術とメディアにおけるダウン症、米国心臓協会、精神衛生メディア組合など)を束ねている。

"We're trying to shift the norm," says Deborah Glik, director of the UCLA Health and Media Research Group, who is affiliated with the entertainment group. "When you're going to portray a health issue anyway, and you're working with a platform that reaches millions of people, you should do it accurately."
「我々は社会規範の変化に挑戦しているのです」とUCLA健康とメディア研究グループのGlik所長は言う。彼女は娯楽産業と提携している。「(テレビ業界の方が)健康に関する問題を描こうとしたときには、何百万人もの人に届く情報基盤を使うことになるのですから、正確に描かなければなりません。」

Members make themselves available with scientific facts and a bank of real citizens willing to tell their stories. They carefully push their causes, knowing they walk a delicate line between sparking creativity and triggering annoyance.
 こういった団体の参加は、科学知識に関してや自身の体験について語る人材バンクとして機能しようとしている。彼らは注意深くその動機を前に押し出しつつ、(制限の難しいテレビメディアという)ひらめきと創造の世界と、ややこしくて面倒だと視聴者に思われることの間の、非常にデリケートな道を歩んでいることを知っている。

David Sampson, director of media relations at the American Cancer Society, has learned that it's better if his organization stays away from pitching specific plots. Policy wonks, it turns out, aren't so good at recognizing the germ of a compelling story line. "Writers come to us," he says, "and almost invariably, they'll pick up on some bit of information that we had no intention of relaying."
 米国がん協会のメディア担当部署のSampson所長は彼の組織が特定のプロットをテレビ業界に投げ続けることを止めて距離を置くことが賢明だと学んだと言っている。政治通の人々は似たような物語の芽を認識する力が無いことがわかったという。彼は言う「脚本家がこちらに来て、ほぼ毎回、我々にとって放送して欲しいという意図の無かったこまかな情報を集めていくんです。」

But the society doesn't hesitate to advise, when asked. When Alexis on the soap opera "General Hospital" was diagnosed with lung cancer despite being a nonsmoker, Sampson heard that writers wanted to attribute her disease to asbestos exposure. "About 4,000 non-smokers a year come down with lung cancer," he says. "But short of working in a mine, you only get lung cancer from asbestos exposure if you're also a smoker." Exposure to second-hand smoke, the society suggested, was a far better explanation.
 しかし協会は訊ねられたらアドバイスすることをためらってはいない。昼メロ「General Hospital」のヒロインAlexisが喫煙者ではないのに肺がんだと診断された時、Sampsonはアスベストのせいで肺がんになったことにしたいと脚本家から相談された。彼は言う「約4000人の非喫煙者が肺がんになっています。しかし鉱山で短時間働いただけでも、もし喫煙者であればアスベスト暴露による肺がんにかかる可能性はあります。」とはいえ、間接喫煙の方がはるかに良い説明だと協会はアドバイスしている。

The idea is to present entertainment insiders with powerful real stories, inundate them with facts, and then sit back and hope the creative juices take over. "I believe the writer is king or queen," says Lisa Allen, director of the Media Project, which provides entertainment industry professionals with information on reproductive issues. "We don't preach, we don't proselytize."
こういったアイデアは、リアルで強力な物語を作っているエンターテイメント業界内部の人々の存在を示している。彼らは物語を事実で充満させ、後ろに下がって作り手に寄って創造力の泉が湧き出るのを祈るのである。「脚本家は王様や王妃様だと思っています」エンターテイメント業界に生殖医療に関する専門家を提供しているメディア・プロジェクトのAllen所長が言う。「我々は説教しませんし、人々の主義を改宗させようともしません」

But sometimes, when the people who understand the power of the medium watch TV, they do a slow burn. Glik recalls one of those moments. She was watching a prime-time drama in which a character had hepatitis. "I got so upset," she says. "They should have talked about immunizations. It was a missed opportunity."
 しかし時折、テレビというメディアの力を理解した人々によって徐々に怒りが燃え上がる場合もある。Glikはそういった瞬間の1つを覚えている。彼女は肝炎を患った登場人物が出てくるプライムタイムのドラマを見ていた。「非常に腹が立ちました。彼らは予防接種について話すべきなのに。大事な機会が失われたのです」。

Missed opportunities and programs that are just plain wrong persist. Soap opera characters can still come out of comas as though they simply took a long nap. Prime-time shows can still depict death as though it's as quick and painless as fainting.
失われた機会や番組は間違った主張をしているに過ぎない。昼メロの登場人物たちは今でも昏睡状態から長い昼寝から目覚めるように突然目覚めたりする。プライムタイムの番組でも人の死があっという間の痛みが無く気絶するような描かれ方をしていることもある。

And while television may have become more daring in portraying how disease affects real people, network television pulls its punches on some controversial topics. Abortion, for example, has become more taboo over the years. In 1972, Maude, played by Bea Arthur, had an abortion, a decision that unfolded over two episodes on the sitcom "Maude," watched by 65 million viewers. Thirty years later, Claire Fisher, played by actress Lauren Ambrose on the HBO drama "Six Feet Under," whose viewership peaked at 5 million, had an abortion. In between the two shows, almost all unplanned television pregnancies ended either in miscarriage, adoption or a decision to keep the baby.
 議論の余地のあるトピックを取り上げている。例えば妊娠中絶は何年もタブーとされてきた。1972年にBea Arthurによって演じられたMaudeはドラマ中で中絶した。このエピソードは2話に渡り、シットコム(観客参加型のコメディー番組)「Maude」は6500万人によって視聴された。30年後、ピーク時に500万人の視聴者を持つHBO放送のドラマ「Six Feet Under」で、女優Lauren Ambroseによって演じられたClaire Fisher, playedはドラマ中で中絶をした。これら2つの番組の間に放送された番組では、ほぼ全ての予期せぬ妊娠が、流産か中絶か赤ん坊を活かす決断をするという結末を迎えている。

No issue unaired
全ての話題を網羅

But because truth can be stranger, and more entertaining, than fiction, increasingly even the most tedious of topics ― the economics of the healthcare delivery system, for example ― are finding their way onto the airwaves. What "Friends" fan will ever forget the time that Joey, an aspiring actor, faced losing his health coverage, an all too real dilemma for 46 million Americans? In the Oct. 14, 1999, episode, Joey's coverage through the Screen Actors Guild was going to lapse unless he chalked up more work hours. Then he got a hernia, the pain of which required treatment but also interfered with his ability to work the hours he needed to remain insured.
しかし現実世界のほうがフィクションより、より奇妙でより娯楽作品めいている。既に飽き飽きしてきた話題、例えば医療経済の問題についてすら、徐々に電波に乗せる方法を見つけ出した。人気ドラマ「フレンズ」のファンは46万人のアメリカ人が同様の現実問題に直面している中で、Joeyが健康保険を失ったときの事を忘れはしないだろう。1999年10月14日のエピソードで、Joeyの映画俳優組合の健康保険が労働時間が足りなくて失効しそうになっていた。その後彼は脱腸になり、痛みが強くて治療が必要だったが保健に入り続けるために必要な時間働かなくてはいけなかったため、治療もできなかった。

Joey does solve his problem, recalls Kate Langrall Folb of Nightingale Entertainment, who works to get stories on health policy, including the uninsured, onto television shows. "He gets a gig portraying a dying guy in pain," she says. He earned his hours, kept his insurance and got his hernia treated.
 Joeyが自分の問題を解決したことを、テレビドラマ等のフィクション作品に無保健問題を含む医療政策に関する話題を組み込む努力をしているナイチンゲール・エンターテイメント社のKate Langrall Folbは覚えている。「彼は痛みで死にそうな男の役の仕事を得たの」彼女は言った。Joeyは仕事で給料を稼ぎ、保険をなんとか維持し、脱腸の治療もしたというわけだ。


It was, after all, television. Everything must be tidied up within 30 to 60 minutes.

結局のところ、テレビはテレビに過ぎない。全てのことは30分や60分で解決しなければならないのだ。

susan.brink@latimes.com
--------------------------

以上、引用および翻訳終わり。
若干尻切れトンボな印象ですが、全体的には
よく書いてあります。管理人も勉強になりました。

以下記事に添付されていた「Medical Education」という
タイトルの写真アルバムとキャプションです。訳しませんが
参考まで。そのうちリンク切れると思うのでそのまま載せて
おきます。
26386019.jpg

The show that public health advocates always mention as a eureka moment for the power of television as a social force was "Happy Days." In an episode that aired Sept. 27, 1977, Fonzie got a library card and declared reading to be "cool."
(ABC)
26386023.jpg

The 4077th Mobile Army Surgical Hospital, a.k.a. "M*A*S*H," arguably gave viewers their first fictionalized view of operating suite reality, set in a military unit during the Korean War.
(CBS)
26386027.jpg

Bea Arthur played Maude in the sitcom of the same name. As a 40-year-old married woman, her character had an unplanned pregnancy and decided to have an abortion.
26386028.jpg

Rose, played by Betty White, left, had an HIV scare on "Golden Girls." Before then, the virus was largely perceived by the public as affecting gay men, drug users and, maybe, promiscuous young people ― certainly not retired widows.
26386069.jpg

"ER" premiered, set in a busy, urban emergency room. The show took viewers beyond the familiar emotional drama of earlier medical shows such as "Dr. Kildaire" and "Ben Casey" and deep into medical complexity.
26386074.jpg

It was revealed that President Bartlet, played by Martin Sheen, had multiple sclerosis. The National MS Society praised the "The West Wing" for depicting a person with the disease living with "the hope for a continued productive life."
26386076.jpg

On "Monk," a detective with a photographic memory suffers intensified obsessive-compulsive disorder after the unsolved murder of his wife. Adrian Monk, on psychiatric leave from the San Francisco Police Department, works as a freelance consultant, solving every crime that comes his way. Monk is the first series lead character whose mental illness is as much the star as he is.
26386238.jpg


Psychotherapy got a boost when mobster Tony Soprano sought treatment for panic attacks. Lorraine Bracco, who plays Dr. Jennifer Melfi, his therapist on "The Sopranos," showed Freud's talking cure as it actually happens ― weekly, over a period of years. It was so accurate, and so long-awaited by the much-mocked profession, that the American Psychoanalytic Assn. invited her to speak at its 2001 annual meeting. Hundreds of psychiatrists and psychologists gave her a standing ovation.


以下は枠外の記事。訳しませんが資料として添付。

FOR THE RECORD:
An earlier version of this sidebar said that the "George Lopez" show received an award from USC's Hollywood Health and Society for its realistic portrayal of teen sexuality concerns. The society is actually a partnership of the federal Centers for Disease Control and Prevention, the National Cancer Institute and the USC Annenberg School's Norman Lear Center. Also in the article, Bea Arthur's character Maude was described as 40 years old. The character was 47 at the time of the abortion episode mentioned. The show "Dr. Kildare" was misspelled as "Dr. Kildaire." ―
Medical milestones on TV

The show that public health advocates always mention as a eureka moment for the power of television as a social force was "Happy Days." In an episode that aired Sept. 27, 1977, Fonzie got a library card and declared reading to be "cool." Legend has it that in the days following the show, demand for library cards skyrocketed, though the American Library Assn. says no such national records are kept.

Some memorable moments in the portrayal of health and medicine on the small screen:

• 1952 ― Lucy Ricardo, played by a pregnant Lucille Ball on "I Love Lucy," became the first television character to be shown as pregnant at a time when real-life pregnant women were discreet about being seen in public.

• 1967 ― Raymond Burr played a detective paralyzed in an assassination attempt in "Ironside." He refused to accept his disability as the end of his career, and continued to fight crime as a special consultant to the San Francisco Police Department ― becoming the first prime-time character reliant on a wheelchair.

• 1972 ― The 4077th Mobile Army Surgical Hospital, a.k.a. "M*A*S*H," arguably gave viewers their first fictionalized view of operating suite reality, set in a military unit during the Korean War.

• 1972 ― Bea Arthur played Maude in the sitcom of the same name. As a 47-year-old married woman, her character had an unplanned pregnancy and decided to have an abortion.

• 1986 ― "Hill Street Blues" became the first crime drama to air a show with an HIV plot line.

• 1989 ― Chris Burke, who has Down's syndrome, played Corky Thatcher, a character with Down's on the show "Life Goes On." Not only was it the first time a character with Down's had a recurring role, it was one of the first times an actor with a disability played a character with that disability.

• 1990 ― Nancy, played by Patricia Wettig, was diagnosed with ovarian cancer on "thirty- something." Viewers were unaccustomed to confronting a gravely ill character in a weekly drama, and were greatly upset that a story line might force them to watch her get sicker, or even die.

• 1990 ― Rose, played by Betty White, had an HIV scare on "Golden Girls." Before then, the virus was largely perceived by the public as affecting gay men, drug users and, maybe, promiscuous young people ― certainly not retired widows.

• 1994 ― "ER" premiered, set in a busy, urban emergency room. The show took viewers beyond the familiar emotional drama of earlier medical shows such as "Dr. Kildare" and "Ben Casey" and deep into medical complexity.

• 2000 ― It was revealed that President Bartlet, played by Martin Sheen, had multiple sclerosis. The National MS Society praised the "The West Wing" for depicting a person with the disease living with "the hope for a continued productive life."

• 2001 ― Anne Heche played a teacher with Tourette's syndrome on "Ally McBeal." When the character got a leg tic while driving and ran over her boyfriend, leading to a manslaughter charge, some advocacy groups protested that the show made it appear that people with Tourette's were unsafe behind the wheel.

• 2002 ― On "Monk," a detective with a photographic memory suffers intensified obsessive-compulsive disorder after the unsolved murder of his wife. Adrian Monk, on psychiatric leave from the San Francisco Police Department, works as a freelance consultant, solving every crime that comes his way. Monk is the first series lead character whose mental illness is as much the star as he is.

• 2005 ― George and Angie, in an October episode of the sitcom "The George Lopez Show," were shocked when their teenage daughter said she wanted to marry her boyfriend and have a baby so that they could be together. Her announcement forced an on-air discussion of teen sex. The show got an award from Hollywood Health and Society for its realistic portrayal of teen sexuality concerns.

• 2006 ― Sarah, played by Rachel Griffiths, must get used to giving insulin shots to her young daughter, Paige, played by Kerris Dorsey, after the girl is diagnosed with diabetes on "Brothers and Sisters." With cases of diabetes among children and adults reaching epidemic proportions, it is the first time a prime time TV family has to deal with it in an ongoing story line.

-- Susan Brink
スポンサーサイト
【2006/12/28 23:58】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<皆様良いお年を! | ホーム | 芸人への道>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/06 01:35】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/421-3a2a4a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。