ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
世界エイズデーということで
皆さん知ってます?
日本が先進国では珍しく新規のHIV/AIDS報告数(発見数)が
増え続けている国
だったこと(関係者は「(自身の
努力不足なので)恥ずかしいこと」と表現します)。

米国人からするとこの増え続けている状況は不思議らしく
「なんで?」屈託無く原因を聞かれることが多いです。。。
日本では一時の盛り上がりは鳴りを潜め、あまり
報道などでも見ないという声を聞きますが・・・
ニュースソースとしての価値が下がったからでしょうか?
予防できる病気を扱う側としては「それでいいのかな」と
素朴に考えるところが出発点です。

そしてどうすれば「他人事ではない」という意識を
高リスクな人(日本の場合特に20代、30代、MSM)を
筆頭に一般の人たちに持ってもらうか、というのが肝です。
だから飽きもせず公共広告でSTOP AIDSキャンペーンを
やるわけですね。

日本の最新HIV/AIDS動向は他の情報源(こことかここ)に
譲るとして、今学期はHIV/AIDS予防にインタラクティブ・ビデオ
や3Dゲーム(Virtual Agent:先日紹介した)を活用する研究を
やっているラボの講義を聴講したので、現時点でのHIV/AIDS予防
研究に対するスタンスをメモ。

日本の最新HIV/AIDS報告数動向:増えてますな。。。
eizu.jpg


追記:Yahoo Japanも頑張ってます
聴講したLynn Miller教授のラボでは、先日紹介したように
今までのヘルスコミュニケーション上の理論の集大成とも
言うべきノウハウを活用しています。例えば、
SOLVE(Socially Optimized Learning in a Virtual Environment)
やAIM(Adult Identity Mentoring)など。

theory-basedなシリアスゲーム開発も同様ですが、理論を
もとに現実のメッセージやゲームを構築するプロセスは実際
やってみないとイメージが湧かないところがあります。
管理人もトータルにはやったことがないので、今回の講義は
かなりイメージをつかむのに役立ちました。
Games for Healthでも非常に具体的でつっこんだ話が
紹介されていたけれども、やはり1セメスター通して
ずーっとその話を聞けるのは勉強になるなあと実感。

以前このエントリ

コマーシャルな世界のスピードと徹底振りに
アカデミック&public healthな世界はどう
刺激を受けつつ関係を構築するのがいいのでしょうか。


と、書きましたが、研究者の視点としては
「魅力ある介入メッセージ開発が出発点」
ということを再確認した、という感じです。
例としてThe Bodyという情報源・キャンペーンサイト
"Live With It,"としてエイズ感染後の人生に
ついてフラッシュ・アニメを使ったメッセージを
展開しています。

同時に、
シリアスゲームでもテレビのスポットCMでもいいのですが、
商業的に性的魅力を煽る大きなメッセージの集大成に
どう「便乗」するか、ということも併せて考えていかないと
いけません。真っ向から勝負して勝てる相手ではないし、
そもそも性的衝動を理屈やリスク観念だけで抑えられるとは
個人的に思えません。

便乗、という意味ではHH&Sのような良い実例があります。
ここも含めてより性風俗産業とのアライアンスの可能性を
探る動きが必要なのだろうと推測します。米国でどういう
アクションになっているのかは不明なのでちょっと調べて
みようっと。Win-Winを生み出す姿勢と協力者を得られれば
可能性はゼロではないと思います。

自分にとって確かなのは、ヘルスコミュニケーションの
方法論やシリアスゲームの概念は、HIV/AIDS予防研究に
貢献できる、という実感です。

今後何回かに分けてこの講義で学んだことをメモしたいと
思います。
スポンサーサイト
【2006/12/01 06:53】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<【記事紹介LA times】Prime time to learn | ホーム | 息子とコップ酒を酌み交わす>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/02 10:54】 | #[ 編集]
mayukoさま
コメントありがとうございます。
質問は勿論構いませんが
mayukoさんの連絡先がわかりません。
同じようにコメント欄に書き込むか
fbeppu-tky[at]umin.net
[at]を@にしてメールください。
【2006/12/02 13:59】 URL | taka #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/400-90eebfbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。