ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
【私見その1】良い医者が探せるようになったら・・・
いつも勉強させてもらっているTaejunomicsさんが
良い医者が探せるようになったら・・・、というエントリを組まれていたので、
自分も思うまま考えて見ます。

今はテレビドラマやビデオゲームなど、物語系のマスメディア
を活用したヘルスコミュニケーション・デザインをメインに
勉強していますが、もともと医療や健康に関する
コミュニケーションに興味が湧いたのは、看護師として
病院勤務していたころの医者と患者の間に立った経験と
身近な人から相談されて「良い医者を探す」体験を
いくつかしたことからでした。
そういった体験の際に感じたのは、
・人は自分の限界を超えることにチャレンジしない
・人は見たいことしか見ない、信じたいことしか信じない
⇒患者が難解な疾病構造や手術のリスクについてどう
反応するか、という部分です。
・信頼できる情報を得るには、内部情報に頼るしかない
⇒結局同業者の評判(一種のピアレビュー?)に頼る
しかありませんでした。患者の評判は的を得ているようで
かなりバイアスがかかっていて効率が悪いです。
勿論同業者の評判もいつも「真実」とは限りません。

これを呼んでくださった医師の方々も同意されると
思うのですが、そもそも「良い医者の定義」とは何か?
というところから考える必要があるのでしょうね。

95%くらい間違えない素晴らしい医者でも、その人の
時にたまたま不運が重なって間違ったり、最善ではない
判断をしたとしたら、その患者にとってはその医者は
「良い医者」ではない。
患者側のニーズに命や生活が懸かっている以上、その
切実度はひどく高いので、医者にとっては5%のミスでも、
患者にとってはゼロか100かです。

また、すごく腕の良い医者でも患者への対応が悪かったり
ひどく待たされたり(腕が良い⇒人気がある⇒混む)、
素行がわるかったりするとどうでしょうか。

人は意外とみかけや表面的なことで相手の能力まで
判断してしまうものです。

腕は悪いが、天井が高くてきれいな診察室にいる口のうまい
(丁寧に話を聞いてくれる「だけ」の)イケ面な医者と、
腕は良いが、汚くて天井の低い診察室にいる無口でむすっと
してて(ほとんど会話してくれない)素行が悪い医者と、

普通はどちらを取るでしょうか。

勿論こちらのニーズ(命に関わるような手術か、単なる
風邪か、自分自身か、年とった親や幼い息子か)にもよると
思いますし、腕も良くてコミュニケーションスキルも高い
医者を育てる努力をするのが第一なのですが、現行では
全てを満たした医者を探すのは難しく、上記両極端な
例えの間で、自分なりに判断していくしかないことが
多いように思います。

そう考えると、良い医者を探すには、まずこの困難な
「良い医者の定義」をクリアする必要がありそうです。

自分が答えをもっているわけではありませんが、
書きながらいろんなエピソードを思い出したので、
医者の友人・読者たちの意見を期待しつつ、自分なりに
考えていきたいと思います。

47thさんのふぉーりん・あとにーの憂鬱でも、
医療法人の株式会社化雑考 (1)-(5)があるので
興味ある方は是非ご覧ください。上記エントリの最後に
(1)-(4)へのリンクがあります。経済・経営・法務の
視点からの考察ですが、コメント欄の皆さんの議論も含め、
日本の医師や医療が直面している問題を外(特に法曹の視点)
から見るとこうなのだ、というのが非常に勉強になります。
スポンサーサイト
【2006/10/04 23:25】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<【私見その2】良い医者が探せるようになったら・・・ | ホーム | 【米国TVドラマ紹介】Friday Night Lights>>
コメント
 TBありがとうございます。
 
 良い医者という評価にも、多分に主観的な要因が入ってくるのですね。 そういうことを考えると、より一層、患者のニーズの把握と適切なマッチングを出来るシステムの重要性を痛感します。 たとえば、外国人で日本語が上手でなければ、その言語に堪能な医者と話し合えることの安心感は大きいのですね。

 エピソード、楽しみにしています。
【2006/10/06 11:43】 URL | Taejun #-[ 編集]
Taeujunさんコメントありがとうございます。
基本は医療側の都合を守るために情報公開していないことに起因していますが、それはそれなりに今まで必要な仕組みだったのでしょう。
何事もそうですが、今後は変化に対応できないと色々双方ストレスの多いことになりそうで、「変化に対応する」仕組みづくりと人材育成がキーになるのかなと個人的には思っています。
【2006/10/06 22:29】 URL | taka #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/03/07 09:16】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/366-abfbfed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。