ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
チェ・ゲバラは医者だった
皆さん(特に管理人の友人の医師の皆さん)知ってました?
管理人は知りませんでした。う~ん自分の教養の無さに
ちょっとあきれました(とはいえ、今に始まったことでは
ないので、ま、いいか)。いくつになっても知らないこと
ばかりです。。。

本日はいつも勉強させていただいているTaejunomicsさんの
エントリ:人ノート6:チェ・ゲバラ―赤いキリスト
を拝読して思ったことをつらつらと。
(Taejunさんの意図や上記エントリの主旨は読ん
でいただけるとよくわかると思います。ウィキはこちら

以下、Taejunさんの本題とは異なりますが、
ヘルスコミュニケーション的に気になった部分を勝手に引用

行いが愛情に裏打ちされていたので、彼は、どんなときでも、不正に手を染めることはありませんでした。 むしろ、周りの同志たちに煙たがられてしまうほど、彼の清廉潔白ぶりは徹底していました。
 
 キューバ革命に参加する以前からも、その萌芽は見て取れました。 医者であった彼は、一時期、医者のアルバイトをしてお金を得ていました。 しかし、彼はすぐにそれをやめてしまいます。 なぜか。 青年ゲバラの言葉を聴いてみましょう。

 「医者は白い上着を着て、白い靴を履いて、病人から金を搾り取っている。だが、そういうことはするべきじゃないんだ。 ぼくは、いくら家庭的な事情でお金をほしいからといって、この日ごろの持論を破るわけにはいかない。 こんなアルバイトはよすよ。」
この部分、彼のいたアルゼンチン(またはキューバ)という
国の国情や医療事情を踏まえて考える必要があります。
つまり公的補助が希薄で、医療費が高く、医者が
そういう風に機能していたということでしょうね。
(すんませんちゃんと調べたわけではないんですが)

その点を踏まえて、彼がこのセリフで言いたかったことを
考えていたら、以前読んだ三国志の漫画「蒼天航路」の一節を
思い出しました。曹操と神医華佗(かだ)のくだりです。


曹操(華佗の診察と治療を受けた後で):

「からだの内のしくみと300余りの生薬を知り尽くし」

「気血の陰陽と虚実を診(み)、
病根を断じて
処方を決め」

「鍼灸、執刀などの妙技をふるう」

「それが医術か?」

(衝撃を受けたような華佗の顔)

「時に儒を語り」
「時に"蛇"などと妖しげなたとえを用いて
余命を非常に宣告する」

「それが神医か?」


華佗(顔面蒼白で):

「神医」
「さような呼称を誉れとして
生きているとでもお思いか?」

(徐々に表情と語気を強め)
「この生涯の間に救える命はせいぜい数千」
「だが一方で病んだ国の屠(ほふ)る命はその万倍!」

(激昂して)
「医の道に50年!」
「その虚しさから解かれたことは一時たりとてない!」

(以上、蒼天航路26巻より)

華佗のような思いをいだく医療者は少なくないのでは、と
思います。心臓外科でナースとして勤務していた時に
オペの難しさや回復の大変さを日常体験していると、
その「終わりの無さ」に、改めて「予防」という言葉の
意味が大きくなり、自分の中ですごく変化している
ことに気付きました。

医療や医学はその根底に社会学があり、
公衆衛生学などの社会医学系の領域は、
その体現の1つなのでしょう。
では、医と社会はいかに交わるのか。
交わりえるのか。

当たり前ですが、どんな集団も組織も社会も国家も
人が作っているのであり、冒頭に戻すとチェ・ゲバラの
ような偉人=「個人」によって変わる、変えられる、
ということがすごく大事な気がします。

一人一人にその可能性がある、ということですね。

別にオチはないんですが、
思ったことを表現したり議論する際に、
一般化と日常的な具体とのバランスを
意識して考えていきたい今日この頃でした。
スポンサーサイト
【2006/08/30 23:20】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<【ウェブレポート】BEATシンポジウム:「ゲーム・ルネッサンス:いつか来た道、これからの道」 | ホーム | 本棚荒らしとお勉強>>
コメント
もう一つ挙げるなら、「釈迦は医者だった」でしょうか。病気・怪我こそが人間生活における最大の脅威であった時代には、目の前に現れる患者に対する医療行為そのものが、社会に対して有効なメッセージを包含したのだろうと察します。
チェ・ゲバラが医者だったことは寡聞にして存じませんでした。

三国志は昔読破したけど、なつかしいなぁ。これこそ多くの真面目な医療者の日々の実感だね。私たちは、苦しむ人、死んでいく人を日々目のあたりにしながら仕事に取り組んでいる。でも、政治・経済に関わる人々は、自分の行為の直接的・間接的結果により死んでいく人々を目のあたりにすることがないからこそ、「どんなことでもできる」んだろうな。
【2006/09/01 21:51】 URL | 南十字星☆ #-[ 編集]
おお!さっそくの反応ありがとう。
そうか、釈迦も医者だった、か。
利他的・愛他的な人が医の世界や人の健康に
注目するのは、普遍的で自然な流れなのかも
ね。
後半については、最近膨大な情報量に
さらされていて、まだまだちゃんとは整理でき
ないんだけども、「政治・経済(あと経営)に
関わる人々」と「苦しむ人・死んで行く人を目の
あたりにしながら仕事に取り組んでいる人々」
のギャップを埋める方法は在って、そのヒント
は既に世界中にあるように感じています。
今は十分にその「方法」が使われていない
だけだと感じてる。
この1,2年で自分なりにスタンスを固めたい
ところ。・・・楽観的すぎるかな?
【2006/09/01 21:59】 URL | taka #-[ 編集]
 いつも拙いエントリーを取り上げてくださって有難うございます。
  
 エントリーを読みながら、孫文や魯迅を思い出しました。 二人とも途中まで医者としての道を歩きながら、当時の状況から、国を何よりもまず治さないといけないと思い立ち、かたや革命家、かたや文学者となった彼らの考えにも通じるところがある気がします。

 これからもどうぞよろしくお願いします。


 
 横レスで失礼なのですが、南十字星☆さん、バラモンから学んだ医術を用いて人を救っていたというエピソードは知っていましたが、ブッダが医者だったと言うことは、初めて知りました。。 ありがとうございます。

 
【2006/09/02 13:45】 URL | Taejun #-[ 編集]
Taejunさんコメントありがとうございます。
中国も医経由の偉人の多い土地ですね。
個体の病んだ心と体を治す⇒集団の病を治す
という発展もまた、人によっては自然な流れ
なのかもしれません。
financeに様々な背景の人が居ていいように、
医療関係にももっと様々な背景の人が
居ていいのだと思います。hybridな何か。
【2006/09/02 21:39】 URL | taka #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/330-9f5f9ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。