ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
【体験版米国医療保険】Blue Crossの事務処理ミス体験談
医療保険についてはヤツの出産前後のエピソード
以前紹介しましたが、本日は事務的なミスについて小話を。

「よく間違う」と以前も書きましたが、今回も間違われました。
予防接種とcheckupの費用ですが、1月、3月と間違えて5月も
間違えていました。実際の支払い額は40ドル~70ドル
くらいなのに請求額は100ドルとか200ドルとかを示して
います。

1月、3月の時点で請求額を間違えている理由が

「生後3ヶ月(5ヶ月)のヤツが7才と表記されているため」
(カバーされないと誤解されて請求額が多くなっていた)

だということはテレアポのねえさん(おばさんかも)が
確認して口頭で謝罪し、修正の請求書(請求書は病院から
くるので正確には説明書)がBlue Crossから送られてきました。

2度目(3月)の際に、「以前も同じミスしたからちゃんと
入力ミスを直しておいて」と伝え、上司らしいマネージャーと
電話を代わってもらい、ちゃんと修正するように伝えた
のでした。

が、、、
今回も全く同様の間違いの請求額(しかも初めての注射があった
せいか300ドル近い請求額)だったのでピンと来た管理人は
あきれつつも電話で同様の修正を求めました。
今回はすぐ意図が伝わり謝罪も速やかでしたが、
3月の時は結局結論と謝罪にいたるまで電話で2時間近く
かかった記憶があります。非常な労力の浪費です。
テレアポの姉さんは「ちゃんと元データを直しておくので」
と言ってましたが。。。。さて次回の請求額はいかに?

こういう苦労は日本ではないですよね。
慇懃無礼なテレアポのお姉さんに腹が立つことは
あっても。こんなに初歩的なミスを繰り返す
企業や公的機関はあまり無いでしょう。

その点日本はしっかりしているのだと思います。
事務処理能力というか。
ある人は米国では優秀な人がそういう部署につかない
(給料が安いから)と説明していましたが、
計算や入力などの単純作業に対する教育や資質の
問題もありそうです。

あとは管理人の態度でしょうか。毎回マネージャークラス
を電話で呼びつけて修正と監督責任を追及するくらいの
強い態度が必要なのかもしれません。

日本でも、本当は医療費についても(事務的なミスが)
あるのかもしれないけど、患者側(消費者側)が
自覚無く支払いプロセスが流れていく印象があります。

乳幼児育成医療などの支援もあり、無料かまたは安いし。
そもそも良くも悪くも患者側が医療費をチェックするような
仕組みになってないんですね。
一般的な診療については安さゆえのモラル・ハザード
というか、チェックが甘くなる、というか。
今まではそれで双方(病院側も患者側も)楽でしたが、
今後はどうでしょうか。

とはいえ、
なぜこの値段なのか、という説明は米国でもあまり
されません(日本は一般的にはもっとそうでしょうが)。
米国の場合、予防接種などは1つ1つ請求額の根拠が
示されますが、出産の際は150万円以上の請求額で
なぜそうなのかの内訳(ブレイクダウン)がついて
いませんでしたし。

自身がクリニック勤務の時も
値段について質問したり文句を言っていたのは
中国人の患者さんだけで、それが非常に印象的でした。
「なぜ日本人は病院の値段に文句を言わないのだろう?」
と素朴に思ったのを覚えています。

まとまりませんが、仕組みと国民性双方の要素が
あるようです。

引き続き医療保険関連はレポートして行こうと思います。
スポンサーサイト
【2006/08/03 23:09】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<赤ん坊のような成長速度を実現するには? | ホーム | Games for Health 2006>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/303-ebabcce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。