ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ご近所づきあい雑感
2ヵ月半ぶりにレドンドビーチのアパートに帰ってきたら
8世帯のうち3世帯が引っ越していました。

入れ替わりが激しいのは
①この辺がリゾート地化していて
LAの都心の人が週末だけ過ごすためにアパートを借りている
パターン(お金持ちって・・・)

があるのと、

②この辺は家賃も高く治安もいいため、その「和」を乱す
人物(非常識に騒いだりけんかばかりしている人たちなど)
はやんわりと放逐される(近所から苦情が出る?)
パターン

があるように思います。

この1年ちょっとで色々あったのですが、数点紹介。
①の人たちは概ね穏やかでインテリでお金持ちで親切です。
で、リベラルです。問題ありません。1年間の契約終了か、
この辺に飽きたら引っ越すのです。

②の人たちはかなり困ります。こちらの常識(どの程度で
苦情を言って良いのか、とか)が自分に無いので
判断できないのです。気を揉んでいると、自分のことしか
考えてないような行動をとられるので面食らいます。

既に引っ越したお隣さんは「兄妹」だと聞いていたのに
えらくけんかばかりしていて、怒鳴り声や物が壊れる音とか
してるし、DV?と思って心配したこともありました。
が翌朝妹をみるとケロッとしてるし。。。
また、突然英語で無い言葉(スペイン語でもないアルメニア人?)
を話すおばちゃんの集団が寝泊りしてたり、
なぞだらけ。

で、やはり数ヶ月で引っ越していきました。

あとで聞いたら他の世帯の人が(うちは隣なのに別に
何も言って無いのですが)うるさいとかいろいろ文句を
いったようです。まあ本人達の都合もあったのかもしれませんが。

その前にお隣にいた一人暮らしの中年男性は、突然旅先で無く
なったそうで、(自殺という噂がありましたが定かではありません)
ご高齢の父上が遺品を取りに来られていました。
その方は亡くなる前、挨拶をするとアメリカ的に極端に
明るい声と態度で返してくれるのですが、目が笑っていない、
というアメリカ人(典型的な保守派アメリカ白人という
感じの方でした)の2面性を感じさせる方でした。

一度友人が夜10時ごろ玄関口で大きな声で話して
迷惑をかけたことがあり、翌日謝ったのですが、
謝る自分に最後はいたたまれないような目
をして逃げるように車に乗っていかれました。

そんな背景があったので、亡くなったという報を聞いて
びっくりしつつもどこか納得している自分がいました。

もう一人、ご近所さんの話。
非常にきさくな気のいいおじさまなのです
が、分かれた奥さんともめているらしく、1ヶ月に一度くらい
遊びに来るかわいい娘さんたちと楽しそうに遊ぶ姿とは
裏腹に、電話で怒鳴っていることがあったそうです
(妻からの伝聞ですが)。帰国後久しぶりに会って
「最近どうですか?」と気軽に聞いたら子供の養育関連で
もめていてつらい日々だよ、というようなことを
言い出しました。プライベートなことをすらっと話されて
リアクションがうまくとれず日本語ならいくらでも
気の効いたことや同情的なことが言えるのに、と
申し訳ないというか悔しい気持ちになりました。

もっと英語を勉強せねば。
(あれ?そんな結論だっけ)

ご近所づきあいの本質は日米それほど変わらないようです。
そのためには礼儀作法などの態度だけでなく、自然な
英語の会話が助けてくれることを日々実感しています。
(そうだ、これが言いたかったのでした。)
スポンサーサイト
【2006/07/25 23:59】 | LA生活 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<米国におけるin-store health clinicの増加について | ホーム | 【ウェブ記事紹介】なぜ増えるテレビの健康・医学番組【前編】>>
コメント
ぶんちゃん、ご近所事情詳しすぎっ!!
ロスの市原悦子だね。

【2006/07/26 17:02】 URL | mikichi #-[ 編集]
ええ、そのタイトル、狙ってます。
【2006/07/26 17:13】 URL | taka #-[ 編集]
ここ数日、レドンドビーチに泊まっていましたが、とてもよい所で、引っ越したくなりました。

偶然、このブログを見つけました!
先ほどRNのことでお電話いただいた者です。
補足をメールで送りたいと思っていますが、一応、ご本人確認のつもりで書き込んでいます。

人違いでしたら、大変申し訳ございません。
【2006/07/27 11:28】 URL | ORnurse #-[ 編集]
ORnurseさま コメントありがとうございます。
ご縁がありますね!ご明察です。
先ほどはありがとうございました。
大変参考になるお話を聞かせていただきました。
Nさんご一家ともども今後ともよろしくお願いします。
【2006/07/27 12:27】 URL | taka #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/294-6ec006c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。