ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
北朝鮮ミサイル落下地点の表現の仕方について考えたこと
本当にこの所いろんなことが起こりますね。
帰国中で無ければまた感じ方も変わっていたのかもしれません。

経済制裁ということになれば皺寄せは例によって国民の飢えや
生活インフラの極端な低下という形で今回も繰り返されるのでしょう。
リーダーの責任、というものを強く感じます。

最初のニュースがあってからしばらく情報が錯綜し、
混乱する中でテレビ報道を見ていて感じたことがありました。
ミサイルが落下されたとされる場所の表現の仕方について
です。これはある意味、メディアリテラシーの事例に
なります。
テレビ報道のキャプション画面は確保できませんでしたが、
新聞各紙で使われているものだけでも随分開きがあります。

毎日新聞のウェブで使われていた画像
20060706063345.jpg


朝日新聞のウェブで使われていた画像
20060706063403.jpg


読売新聞のウェブで使われていた画像
20060706063454.jpg


産経新聞のウェブで使われていた画像
20060706063528.jpg


これらの表現の違いに管理人は非常に違和感を感じました。
なぜ画像表現や地図表現の規格を揃えないのでしょうか?
これは情報統制という意味ではなくて、コミュニケーション
上の基本(ある程度の標準化)だと思います。
些細なことかもしれませんが、落ちた、とされる位置の
表現の仕方で随分読者の感じる印象は異なってくるのでは
ないでしょうか?世論誘導の一つのツールになり得ます。

なぜどこも緯度や経度を正確に報道しないのでしょうか?
なぜこんなマチマチな地図表現だけなのでしょう。
特定出来ていない、ということなのでしょうか。
それとも政府などからのそういった情報がないのでしょうか。

それならその点に注意した報道が必要だと思います。
そういう補足を口頭でしているアナウンサーは
あまりいなかったように思いました。

また2つや3つのこういった画像表現の選択肢があった場合
(確定できなかった場合や地図の作図のスタイルによって)
どれを選ぶか、で情報の送り手の「意図」が判断できます。

できるだけ日本に近く見せようとする人たちと、
逆に見せようとする人たちと、
どちらでも無い人たち(より正確に伝える、という姿勢か
別の意図)、
という3パターンあるはずです。

コミュニケーション・デザインについて学んでいる身と
しては、こういった細部の表現にどういった意図が
働いているのか、ということが非常に気になります。



ニュースの話に戻ると、
他の国に十分届く性能のミサイルを勝手に
打っておいて「自主権の範囲」と言ってしまう態度は
すごいですね。びっくりしました。

その論理なら、拉致被害者問題などなど
日本の「自主権の範囲」についても同様に認めてもらう
必要があるように素朴に思います。

今回の日本政府の対応が「日本の自主権」を表現する場に
なるんでしょうか。


追伸:いつも勉強させてもらっているTaejunomicsさんでも
参考になるエントリ
「北朝鮮どうなってんだ!」と言われても・・・
が組まれています。ご参考まで。
スポンサーサイト
【2006/07/05 23:27】 | 時事問題・雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<【記事紹介】ユーザーとのコミュニケーション:やってはいけない10の間違い | ホーム | ずりハイハイと社長とそっくりさんシリーズ>>
コメント
私もまったく同じことを思ってニュースを見ていました。
テレビ局によって、ミサイル落下地点の位置がアバウトだったりやけに細かかったり、アナウンサーの言動も...イマイチどれを信じていいのだか、わかりませんでした。
“報道”で商売をしている以上、正しい情報を流してほしいものですよね...
こんなこと思っているのは自分だけかと思っていましたf(^ー^;)
【2006/07/07 14:02】 URL | anna #-[ 編集]
annaさん コメントありがとうございます。
情報が不明確だからこそ、報じ方や表現の
仕方には注意が必要だと感じました。
危急の事態だからこそ視聴者の理解力を
尊重した報道が欲しいですよね。
見ている人はザッピング(次々チャンネルを
変える)していたはずですし、あの提示の
仕方は、ちょっとテレビ局から視聴者が
バカにされている感じがしました。

落ちた位置で随分意味が変わってくると
思うので。
【2006/07/07 14:38】 URL | taka #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/274-24798061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。