ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
中田選手引退とTaejunomicsさん「人ノート⑤」
中田選手の姿が印象的だったとWCブラジル戦の後
書きましたが、今日は中田選手引退の報を聞いて
あの時書かなかったことと、いつも勉強させて
いただいているTaejunomicsさんで西郷隆盛を
取り上げてもらったので、「人」つながりでご紹介です。

中田選手のメッセージはこちらにも全文掲載されています。

7月6日追記:
いつも勉強させてもらっているふぉーりん・あとにーの憂鬱さん
にも中田選手に関するエントリが上がっていました。
ピルロと中田
ご参考まで。
--
先日書かなかったこととして、中田選手の試合後の姿から
想起された高校時代のある先輩のエピソードがあります。

管理人が通っていた高校は、当時地元ではバスケが強くて
2学年上のS先輩達は特にすごい学年でした。
日ごろからアニマルと称されるくらいのスタミナと
メンタリティーの強い人で、かついつも明るくきさくで、
後輩からも慕われている人でした。

最後の県大会の決勝で、いつものように縦横無尽にコートを
走り、パスを出し、ガードとしてチームを引っ張りましたが、
結果おしくも優勝を逃しました。

閉会式までの間、その先輩はチームから離れ、
一人観客席で泣いていました。

泣く様な人ではないと思い込んでいたので、
びっくりして傍にいました。何をするわけでも無いのですが、
昔から管理人はなんかそういうキャラだったようです。

その先輩が落ち着いてからあれはどういう涙だったのか、と
(今から思えば)野暮なことに聞きました。他の先輩が
「悔しかったんだろう?」と言うと、
そのS先輩は「いや、ただ『終わった』っていう感じかな」
と一言。

あの時のS先輩の人目をはばからず流した涙が
中田選手のあの姿とだぶったのでした。
(あの時は書くのを遠慮しましたが、
引退の報を受け、自分の中で妙に納得したので
書かせていただきます。S先輩、ご容赦ください)

S先輩は今は立派なお医者さんとして活躍されていると
聞きます。
中田選手も次のステージでのご活躍を祈念しております。

中田選手のニュースについて考えていたら
Taejunomicsさんが嬉しいエントリを組んでくださいました。

人ノート⑤:西郷隆盛:天を貫く至誠の人。

です。いつもながら豊富な見識と独自の視点で
我が郷土の偉大な先輩を紹介してくれています。
何はともあれ、是非ご一読ください!!


西郷さんのエピソードや半生を振り返る機会を得て、
彼のような人について考えていくと、タイミングも
ありますが、中田選手のプロ・サッカー選手としての
誠実さに行き当たります。彼は決して宮本選手の
ように口頭でのコミュニケーション能力の高い選手では
無かったかもしれませんが、サッカーにおいて雄弁に
コミュニケーションしていたと思います。

彼のような偉大な選手が引退のメッセージの中に
コミュニケーションについての思いを語っていたことは
とても印象的でした。西郷隆盛という人は、Taejunさんが
書いているように日ごろは「もっさり」した人だった
ようですが、肝心の時に言葉を尽くす人だったという
思いがあります。鹿児島の男は「男は黙って」という
ステレオタイプなイメージがありますが、大事な時には
きちんと言葉や行動でコミュニケートする能力が
あったはずです。口頭によるコミュニケーション、という
のは、人間のコミュニケーション能力のごく一部な
わけですね。

偉大な人達のエピソードに触れて、管理人は今
「人を育てる」、ということに思いを馳せています。

そこには必ずなんらかのコミュニケーションが
介在するはずで、偉大な人のエピソードから学べることは
多々在ると感じています。ヘルスコミュニケーションに
おいてもそれは同様だと思います。
スポンサーサイト
【2006/07/03 23:52】 | 時事問題・雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ずりハイハイと社長とそっくりさんシリーズ | ホーム | つながった!という体験>>
コメント
 トラックバック有難うございます。
 
 中田選手、なんというか、最後まで彼らしかったですよね。 無口ながらもとても雄弁なプレーには、強い印象を受けた記憶があります。 ああいう、かっちょいい大人になりたいです。。
【2006/07/04 23:06】 URL | Taejun #-[ 編集]
Taejun さま コメントありがとうございます。
本当にそうですね。年下だけど彼の所作からは
学ぶことが多かったです。ハーバードMBA
なんていう噂がありますが、彼ならなんでも
やれそうなので活躍に期待!ですね。
【2006/07/05 03:40】 URL | taka #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/272-bb7d89fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。