ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
患者役を演じ、死ぬ体験は役者にどういう影響を与えるか?
以前から興味をもっていたことの一つに、標記がある。

プロの役者が長く患者役(なんらかの死に至る病に
かかった人)を演じ、その登場人物が最終的に死に至る
場合、ある程度の期間の体験を通じて、その役者さんの
中にはなんらかの「シミュレーション体験」なり
「教育効果」なりが生じるのではないか?と
感じていた。

こんなことを書き始めたのも、全米で最も人気の高い
医療ドラマ(研修医達が主人公で、視聴率で全ドラマ中
トップをとることもある)Grey's Anatomyに関する
こんなLAタイムズの記事を見つけたからだ。
Life After Death
"Grey's Anatomy's" Morgan sees his career
reborn after Denny dies.


--
2000万人近い視聴者が見たとあるので、いかに
現在このドラマが米国でウけているかわかりますね。

簡単に要約すると(乱暴な翻訳なので興味がある方は
是非原典をあたってください。LAタイムズは固定リンクを
維持してくれるのでリソースとしてある程度の期間は
保持されるはずです:日本と違いますね~)

この記事は要するに比較的長く登場していた患者(心臓移植)
がそのキャラクターから視聴者に愛され、ドラマ上シーズン
フィナーレで死亡したが、その役者はこのドラマ出演の
おかげで役者として「生き返った」というレトリック的な
記事です。記事のメインはその点にあるようですが、
自分が興味をもったのは、彼の「死に至る患者を長期間
演じ続けた体験」でした。

Simulated Patient(SP:模擬患者)という存在を
ご存知でしょうか。医師をはじめとする医療スタッフの
教育のために、プロの役者や訓練を受けたボランティアさんが
様々なストーリーに応じて患者を演じ、その患者に対する
コミュニケーションや診断その他医療技術を評価する
という教育プログラムの一環に必須の存在です。

日本ではSPの団体や教育についてまだまだ発展途上の
段階にあると知人に聞いたことがあるのですが、
医療と社会をつなぐ存在、という意味で非常に興味を
持っています。と、同時に逆の営み「プロの役者が
役としてドラマや映画中で患者を演じる、死を演じることの
意味」についても興味があるのでした。

いつか研究テーマにしたいと思っています。
(こういう特集記事を書かせてくれるメディアの方、
いらっしゃらないでしょうか?企画書書きますよ)

このドラマ、勿論米国のアパートで唯一電源を入れっぱなしの
Tivoが黙々と録画しているはずなんですが、
個人的にはERの方が視聴者に敬意を払ったドラマ作りを
していると感じています。前回の盛り上がりどころであった
スーパーボール(アメフトの全米No.1を決める試合)の
後の特番で、ご都合主義の脚本にあきれかえった
(でも数字はとった)からです。

とはいえ、数字をとれる、ということの偉大さに変わりは
なく、研究上も個人的興味からもチェックしているのでした。
レドンドに帰ったら見ようっと。
スポンサーサイト
【2006/05/31 23:39】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<カントリー&ウェスタンのEE(infertility, Alzheimer's) | ホーム | 出っ歯デコチン、馬鹿は無し>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/239-79f9a8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。