ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
コンビニと道の狭さと
ちょうど1年ぶりに日本に帰国してまず一番違和感が
あったのは、コンビニのあり方と道の狭さである。

道の狭さなんて書くと「米国かぶれしやがって」、と
お叱りを受けそうだが、乗用車の助手席(米国車だと
運転席)に座っていると、それはもうある種の恐怖体験と
いえる。

特に日本国内でほとんど車を運転しない生活から
LA生活に突入してなんとか1年過ごした身としては、
左側通行での交差点や右左折の感覚がつい昨日一昨日まで
自分がやっていたことと真逆で気持ちが悪くなる。
コンビニについては、帰国直後に関空でローソンに入った。
その店内のきれいさ・清潔管理の徹底振りと
「痒いところに手がとどく商品開発」のあり方
に驚く。LAにもファミマが日本的な路線のまま進出したが、
街に馴染んでいるとはいえず、違和感があるし
お客もまばらだ。何より高い。日本の流行っている
しかも徹底したお店の有り様にしばし呆然となった。

この徹底振りと「かゆいところに手が届く丁寧さ」は、
医療などの公共サービスのインフラについても非常に
示唆的な何かを含んでいるような気がして考えた。

サービスの有り様、社会としてのゴールに日米では
違いがある。どちらがいい、というよりはどちらが
好きか、という議論なのかもしれない。一長一短は
あるが、単純に日本の仕組みが悪くて米国の仕組みが
良いと言ってしまうことが散見される日本の新聞の
特集記事には距離を置く必要があるだろう。

またサービスといえば、ホテルのベルマンが
チェックインしようとフロントに歩み寄った
客に「申し訳ありませんがお列にお並びいただいております」
といいながら、其の客に非常に「申し訳なさそうな」顔
をしていたことが印象的だった。

米国なら「あっちに並んでください」と笑顔で言って終わり
だろう。なぜ泣きそうな・申し訳なさそうな顔がそこで
一瞬でも非常な強度を持って出てくるのか?
勿論日本人としての自分はその表情の意味を理解できるが、
米国人はきっと理解できないだろうと想像がついて
印象深かったのだ。妻も同じ感想を持ったと言っていた。

自分も米国のヘルスコミュニケーション事情を見聞きし
その徹底振りと精度に酔い、日本の現状にこの1年
疑問を抱き続けてきたが、帰国中のタスクとして、以下の
ことに留意して滞在生活を送りたいと思っている。

日本式のあり方が、米国式のあり方にはない方法で
全体を補完している場面についてひとつでも多く事例を
収集する。
例えば:国民皆保険は最もいい例であろう。少子化対策も
「ここにいたる仕組み」自体に何かメリットがあったことを
まず考える必要がある。
説明しない医師も、其の方がいろいろと都合が良かったのだ。
医師も患者も。


従来からあったものの意味を再認識すると同時に、
状況や国民のニーズは流転することを厳密に理解しなければ
ならないのだろう。変化するものに対応するには、それまで
とは違う方法で対処する必要がある。

これまで東京生活⇒実家へ帰省、
という体験では得られなかった感覚を毎日感じているが、
1日1日と慣れていってしまうのだろう。

「違和感」や「ひっかかったこと」を大切にメモしていきたい。
スポンサーサイト
【2006/05/05 04:16】 | 留学中の帰国日記その1 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<鹿児島雑感その1 | ホーム | ERシーズンXIIあらすじ紹介断念のお詫びとThe Sun(映画)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/213-2686189e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。