ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
少子化対策つづきのつづき
少子化対策については、以前からちょこちょこ触れている
その1その2その3
ように、この領域の素人考えながらその
「ヘルスコミュニケーションのノウハウの応用可能性」について
気になっているところである。

本日、調べ物をしていて
こんな論評というかコメントをウェブ上で見つけた。

政策空間というニュースレター・サイトの
少子化対策の必要条件-効果的な広報と啓発の役割-

自分にとっては非常に示唆的だったのでご紹介。
------------------------------
引用させてもらうと・・・

(中略)
思うに、少子化問題というのは少なくとも一点において環境問題と構造が似ている。それは、問題が深刻化した際の影響は社会全体にとって非常に大きいものとなるものの、その進行が遅いために一時を争う危機として認識されにくく、かつ問題解決のために一部の者が負担するコストも大きいという点である。言ってみれば、ゆっくりと熱せられる水の中にいる蛙のようなものである。

環境問題との類似性を語る上では、
この著作が大いにヒントになりそう。
"地球環境問題とは何か" 米本 昌平著


以前科学コミュニケーション関連の書籍のエントリでも
触れたが、この本は環境問題が非常に政治的背景を
含んでいることを、単純な科学的な問題でないことを
明示している。科学を妥当に「語る」ためには、
そういった背景を慎重に見ていく必要があることを示唆
してくれる良書だと思う。

思うに、こういう領域の問題こそ、ヘルスコミュニケーション
的なmedia advocacyやコミュニケーション戦略・スキルが
活用できる場だと思う。

(中略)
 少子化問題についても環境問題と同様、その解決にはいかに問題の深刻さを国民全体に認識してもらい、社会が変化する機運を醸成するかにかかっていることを考えれば、環境問題について行われたような国民的キャンペーンをいかに盛り上げ、問題意識を喚起するかがカギとなってくるのではないだろうか。

なるほど、我が意を得たり、と言う感じである。
この文章の著者の佐藤氏はキャンペーンの限界にも
触れており、キャンペーンだけで解決が可能かのような
主張には勿論なっていない。その点も非常に共感する。

「全体戦略あってのコミュニケーション戦略」である。

USCのヘルスコミュニケーション講義において、
医学部予防医学やコミュニケーション学部の講義を
公共政策大学院の院生が多数履修していたことが
思い出される。

人的にも、学問領域的にも学際のいい連携が生まれ、
そうやって国力というか、国全体の問題解決能力が
醸成されていくことを実感している。

翻って日本はどうか。
保健・医学系の院生レベルで、少子化対策について
学際的・領域横断的なことも含めて主張・議論できる
素養がカリキュラムで身につく環境にあるのか。。。

前向きに考えていきいたいテーマです。
スポンサーサイト
【2006/04/23 22:44】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<寝顔はいつまで商品価値を持つか? | ホーム | なぜ日本の新聞は固定リンクを維持しないのか?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/201-41d10fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。