ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
Newsweek "Diet Hype" 米国2006年3月5日発売
マスメディア上の「食と健康に関する情報」については、
以下のように日本においてもすでにある程度の
研究・考察蓄積がある(学術論文は割愛)。


先日出た米国版ニューズ・ウィークにも同様の特集が
あったのでクリップ程度にご紹介。20060327225512.jpg


内容の一部や概要が、以下あたりで読めます。
Food News Blues
PR News Wire
HealthNewsDigest.com
日本語版はもう出てるんでしょうか?
これからなんでしょうか?

よくわかりませんがご興味ある方はご参照ください。
--------------------
タイトルは「食習慣の誇大広告」
つまり、メディア上の食べ物と健康に関する情報のほとんど
がガセ(または信用できない・エビデンスレベルが低い)だ、
という内容。

どんなにメディアで喧伝していても中庸に構えて
ほどほどにするのが賢いね、というもの。近年メディア上に
溢れる医療健康情報(特に食・栄養に関するもの)の妄信に
警鐘を鳴らす内容になっています。

管理人は、現物を手に入れていないので、内容を全て
読んだわけではなくウェブ上で一部を読んだだけなので
あくまで推測なのですが、現状の把握ぶりと言い、
バランスの良さといい、比較的よくまとまっているのでは
ないでしょうか。
ヘルスリテラシー的にも中々良い教材になりそうな雰囲気。
(関係者の方、それほどじゃなかったらごめんなさい)

内容としては当たり前と言えば当たり前のことを
言ってるんですが、この分野に関してはそれだけ
メディアの力が大きい、ということでしょう。
みんな「命ぎたない」(健康や命への執着が強い)とも
言えるかな・・・

性質が悪いのは、メディアは結果責任をほとんど取らない
(取れない)というのがあります。これは予防接種と
代替医療の議論
も同様。なのでこの記事のようにメディアで
広まった誤解はメディア自身に是正してもらうしかない。
それはこういう風に可能なわけです。
で、ひょっとすると機転が利いてコネのある戦略家の
食や健康の研究者(米国ならヘルスコミュニケーションの
素養のある人である可能性は大です)が、今回の記事を
裏でプロデュースしているかもしれません。。。

メディアの喧伝で健康被害が起こった場合(それがいかに
消費者側の無知やバカさから来たものでも)、その責任の
一端を情報発信者は担うことになるわけで(勿論責任の
軽重は個々の事例で異なるでしょうが)。法的にはもし
判例が無くても、職業倫理上はそうだと感じています。

逆にそういう意識が生じないといつまでもこの構図
(センセーショナルなニュースだけが喧伝され、地味な
食に関する健康情報はあまり流れない)は変わらず、
専門家の声も市民に届かず、○の○んた氏などの声だけが
届く、という結果に終わるのでしょう。

言ってしまえば、
○の○んた氏の影響力のいいとこを活用しよう・協同しよう、
というのがEntertainment Educationなわけですが、こういう
ことをやった瞬間に、学術世界からは色物扱いで見られる
のでしょうし、そういうことを継続的にやっていこうと
すると、アカデミックな常識からはちょっとずれる
行動原理を持たざるを得ないということでしょう。

HH&Sの所長のVickiは「研究者はアウトリーチに向かない」
と言い切っていました。妥協できないというか、清濁あわせ
飲むことが立場上難しくなる、ということのようです。
(アウトリーチ関連エントリとしてはこの辺この辺かな)

だからHH&Sは正式には研究機関と名乗らず(プロジェクト・
オフィスということになっているようです)、大学からも
離れた場所(ビバリーヒルズ)に事務所を持っている
のでしょう。

根深い&重要なトピックなので、今後も考察を続けて行きたい
と思います。
スポンサーサイト
【2006/03/27 23:22】 | 参考書籍 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<マーチ・マッドネス4強出揃う | ホーム | 乳母2号&執事帰国>>
コメント
v-73
takaさん、初めての書き込み失礼します!
先日ご丁寧なメールをいただきました
churi@クマモトです(お分かりになるかしら)。

またまた興味深いトピック&豊富な文献紹介をありがとうございます!勉強になります。
み○も○た氏、個人的には「?」ですが、おカタイ専門家に言わせるよりも、ああいう影響力
ある人(ある種のスター性やカリスマ性のある人)をスポークスマンにするという手もアリかなーとは思うんですけどねえ。
アカデミックな世界と「色モン」の世界の間には
長くて深い河があるんでしょうか・・・
【2006/03/28 00:39】 URL | churi #-[ 編集]
churiさんコメントありがとうございます。
勿論わかりますよ。その後お返事遅くなって
すいません。

churiさんにもご興味持っていただけるかなあと
思って紹介してみました。現物を入手できていない
ので、中途半端な紹介エントリですが、
日本語版になったら是非チェックしてみて
ください(感想などいただけたら幸いです)。

新聞・雑誌においても、医療健康
関連のネタは、書き手のレベル(または想定
読者のレベル?)の違いを日米間で感じて
います。(書き手は読者に合わせて書くわけ
ですしね)

♪長くて深い河がある~♪、のは男と女の間
だけではない、ということでしょうね。
いろんな業界で同じようことは在るとは思うんですが。

Bridging the gap(異なる両者の橋渡し)
がヘルスコミュニケーションの課題の
大きな柱の1つだと理解しています。
そういう作業を「面白い」と思える人がこういう領域
の仕事を続けるんでしょうね。。。

今後ともよろしくです。
【2006/03/28 03:10】 URL | taka #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/174-df1a09a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。