FC2ブログ
ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
批判から活用へのパラダイムシフト
昨日のエントリを読み直して以前から探している
文献の価値を思いなおした。

つまり、米国でも医療関係者や研究者たちが
メディアの報道や番組内容に不満を持ち、
不正確で誤解を招く表現に批判を展開し、
メディアとけんかした歴史があるはずだ。
それを概観した、または証拠付ける資料があるはず。

それほどその時点での日米差があるとは
思えないし。

というわけで以前から探しているのだが、
なかなか良い資料が見つからない。
現在準備している論文のネタの中核でもある
ので無いと困るのだが・・・
先日のソーシャル・マーケティングおよび
メディア・アドボカシーのジャンルからたぐって
いけばありそうなものだが。

USCその他のこの領域のトップの教授陣に
相談してみているところ。
何かわかったら報告します。
昨日の余波か今日はノらないのでこの辺で。。。


*ドラマER(シーズン12)の次のニューエピソードは2月2日
とわかりました(つまり今週も再放送だった)。
あらすじも来週までおあずけってことで。
スポンサーサイト



【2006/01/28 23:59】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<泣き顔が撮れん | ホーム | Cruzの講義紹介とHands-on Social Marketing, A Step-by-Step Guide>>
コメント
職業柄私にとって身近なものとして薬害スキャンダル(例えば、http://blog.drecom.jp/fallin_attorney/archive/58)があります。素人考えですが、そもそも医療というものは完璧なものではないので、社会的に認められた一定水準のプロセスを経てなされたものについて、結果責任を問うてしまうことは必ずしも望ましくないということを漠然と考えたことがあります。
そのときは、クラス・アクションという法的責任の追及の側面だけ考えていたんですが、特に陪審制度の下ではメディアの影響というのも大きいような気がしている今日このごろです。
あんまり関係なかったらスルーしてくださいまし。
【2006/01/29 00:51】 URL | 47th #N7DutxRI[ 編集]
47thさんコメント&情報ありがとうございます。

クラス・アクションという単語すら知らなかった自分
ですが、ご指摘の件、よくわかります。
医学研究という視点からも、疫学研究・
新薬の臨床試験、治験などで起こりえる
性質の問題でもあります。

マイケル・ムーア監督が準備しているという
製薬会社バッシング映画も、どう展開するか
気になるところです。企業利益と社会貢献の
バランスの問題と、一般市民の理解や世論
が不必要に誤解に基づいてクロスしてしまった
場合の責任をメディアはとらないわけですし。
(メディアに結果責任(冤罪とか)を取らせた
判例というのは米国では豊富なんでしょうか?)

メディアは「マッドサイエンティスト」「悪徳商人」
ステレオタイプに科学者や製薬会社をあてはめ、
不正確・理解不足な状態でバッシングを始める
傾向にあります。結果研究が中止になったり
することがありえます。
しかし当事者であるがん患者にとってはその
製薬会社や研究者の努力が命綱であることが
ありえるわけです。
「科学」という完全ではない道具を信奉する
以上、これは避けられない衝突なのですが、
解決方法を模索・提示しない報道・番組作り
は無責任以外の何者でもないでしょう。

そういった誤解に基づいたメディア効果で
遺伝子を考慮した疫学研究、活気的な新薬や
抗ガン剤研究に遅延や誤解が生じる、という懸念は
既に事例と共に国内でも議論されています。
注意深い準備と対処が不足していた科学者にも
問題はありますが、それだけでは解決しない
メディアとの齟齬が確かにあります。

一般市民の医学医療理解(Public Understandings of Medicine)
の視点からも重要なことです。
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2003dir/n2543dir/n2543_03.htm

メディアの影響という点では、ご指摘の通り
陪審員制度の違いはすごく大きいように自分も
思っていました。日本で陪審員制度が採用(?)
されたりしたらすごいことになりそうな気もします
(右向け右、の国民性・・・メディアに誘導され
やすそうだし・・・)

この辺からはリテラシーの問題になってきます。
誰がメディアリテラシー&ヘルスリテラシーの
醸成に責任を持つのか?教育か、医療専門家か、メディアか、政府か。子供は学校教育が、
大人は研究者を含めた医療専門家+メディアが
その責務を果たすべきだろうと個人的には
考えています。

47thさんから頂いたコメントをヒントに近いうちに
この周辺の情報とこういったトピックに関する
自分の立ち位置を整理したエントリを
組みたいと思います。
(JohnQ評も含めて)
【2006/01/29 02:28】 URL | taka #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://healthcomm.blog32.fc2.com/tb.php/114-d6727a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード