ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ヤツ近況+かみうら点描
おかげさまで再発も無く元気にしております。
大人の手があると発達も促進される感あり。
近所の同年代の友達やいとこの姉さん達の刺激もあり
すくすく育っております。この週末は姉さんたちに
何かとお世話してもらいご満悦。
以下、姉さん達のママに撮ってもらった写真。
a_j_kami_kokomichi.jpg

育ちすぎてちょいおっさんくささが増しておりますが。。。
a_j_kami_ossan.jpg

皆で近くの海で遊びました。レドンドとは違う良さがあります。
a_j_kaim_beachinjapan.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
【2007/11/27 06:59】 | かみうら生活 | コメント(4) |
感度を生むのは「相手に対する理解」かも
先日「感度」の重要性について書きましたが、義母と話していて
ちょっと示唆を得たのでメモ。

子育てに関する親の「感度」の話。
適切なタイミングや方法で、注意したり叱ったり止めに
入ったり、という作業を親業は求められますが、
それが出来るか否かはある種の親の側の「感度」によるなあと
最近実感しています。

その子にとって言い方や注意の仕方は妥当なのか、
厳しすぎないか、甘すぎないか、見過ごすべきでない
悪いことを見過ごしていないか、などなど。。。
続きを読む
【2007/11/26 10:51】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
妊婦の引越しは切迫早産のリスクファクター
だと叱られました。産婦人科の先生に。
帰国後初回の妊婦検診で妻が切迫早産を指摘され、
ヤツの世話や引越し作業も終わっていない現状を鑑みて
妻の実家に1ヶ月滞在することを決めたわけですが、
大分で見てもらった先生に言われたのが標記。

実家の助力もあり、おかげさまでその後の悪化は無く、
ウテメリン内服と安静で乗り切れそうです。
37週まであと7週、なんとかしのぎたいところです。
東京への移動も許可が現時点では許可が出ていますし
何より悪化していなくてほっとしました
(切迫早産というのは早産してしまったという意味ではなく
「早産の危険性が高まった」状態を言います)。

が、世帯主としては引越し時に妊婦である妻にそこまでの
配慮が果たしてあったのかと考えると、エビデンスのレベルは
知りませんが、猛省させられる一言でした。
続きを読む
【2007/11/25 23:59】 | かみうら生活 | コメント(0) |
正しいこと、本当のことは、いつも小さな声で語られている
と、いう言葉を金田一秀穂先生が、先日ヤツと佐伯までドライブしながら
聞いていたラジオで紹介されていて、印象深かった。

ローマ時代だかギリシャ時代だかの「小さき声で語れ」という
言葉に由来しているらしい。

ヘルスコミュニケーション上の「普及」という観点からも、
政策やアドボカシーの観点からも、自身の仕事の評価という
点からも、この言葉を仕事上の理念やこころの重石(おもし)
のように持ち続け、照らし合わせながら作業を進めていく
心持ちが社会人としても重要な気がする。

「声」の大きな人、「届く声」を持った人、
リーダーとなる人、リーダーに知恵を授ける人、
そしてより良いヘルスコミュニケーションを目指す人、
は特に。

同時に、(言葉だけではないが)大切なのは「感度」。
自身を研ぎ澄まし、「感度」を保つ工夫と努力を
続けていきたいと感じます。
【2007/11/23 06:11】 | 〔ことば〕ぐっときた一言 | コメント(0) |
何のための普及啓発か
このところ、依頼を頂いた仕事に関して標記のことを
考えることが多い。予防医学上の特定のトピック
(例:エイズ予防とか予防接種とか禁煙とか)
のためというより、今考えているのはある医療領域だったり、
ある職能に関する普及啓発。

こういう特定の集団や理念の組織が濃密に関連する
営みのための普及啓発事業となると、そもそも論が抜け落ちて
いることが多く、考えているとどうにも初歩的なレベルで
ひっかっかってしまう。

先方は「普及啓発」といっているけれども、そもそも
なんのためにそれをやりたいのでしたっけ?
ごく個人的な考察なのですが、考えててわかんなくなったので
考えの整理のためにもここにメモ。
続きを読む
【2007/11/16 23:59】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(1) |
静養充電中・・・
ヤツの入院騒動自宅療養引越し作業移動と怒涛の3ヶ月を
経て、疲労が蓄積した我々は妻の実家の「とよのくに」大分
来ております。引越しの船便到着はまだ先ですし、
預けていた荷物も引き上げなきゃいけないし、
妊娠中の妻には静養が必要だし、管理人自身疲れているし。
で、ここはありがたく羽根を休めることが出来る場所なのでした。

たまっている仕事や課題は多々ありますが、東京に戻るまでに
出来るだけ作業を進めたいと思っています。

かみうらのお魚はおいしいなあ・・・
【2007/11/15 23:59】 | かみうら生活 | コメント(0) |
こんにちは下高井戸、よろしくね
引っ越した先は最寄り駅は浜田山なのだが、住所は下高井戸。
地元では「しもたか」というらしい。
今後はしもたかライフということでよろしく。

近くを神田川が流れ、神田川沿いにず~っと桜並木の
遊歩道があり、
a_simotaka3.jpg

徒歩1,2分のところには遺跡のある塚山公園、
a_simotaka1.jpg

更に少し歩くとだだっぴろい柏の宮公園、
駅前のレトロな浜田山公園と浜田山の駅までは公園が続く。

鉄塔もあります。レドンドにはなかったので息子もお気に入り。
a_simotaka2.jpg

ちょっと離れてますが、井の頭線をはさんだ反対側には
かくれ桜名所と言われる善福寺緑地もあり、都内にしては
緑豊か、水豊かな場所。子供がいると生活環境の
プライオリティーが変化しますねえ。

神社好きとしては近所に下高井戸八幡もあるし、
新しい住環境、大いに気に入っています。

この土地で、再出発です。
【2007/11/12 23:34】 | しもたか生活 | コメント(1) |
3つ目の山越え
帰国作業3つ目の山は時差ぼけの克服です。
自分がというよりヤツの・・・
最近はやっと4時か5時おきというのがパターンになって
きましたが(それ以前は午前3時起き^^;)、
昨日あたりからほぼ通常営業へ。

引越し作業は新居に入ってからは買い物が多くなりますが、
大人の買い物は退屈らしく、ヨドバシカメラでキーキー声
を上げて暴れています。そういえば、自分も親の買い物に
付き合うの退屈だったなあ・・・

というわけで新居でのヤツ。基本的におもちゃが
あれば、世界中どこでもハッピーなようです。
日本に帰ってきてもまだTiggerのままですが。
a_j_tigger.jpg


LANケーブルを耳にさして電話で「もしもし」
糸電話じゃないんだから・・・
a_j_lan.jpg

【2007/11/10 04:12】 | 子育て日記 | コメント(2) |
驚いたこと
日本に帰国して驚いたこと

食品関連
・何食べてもおいしい
・値段が高い(外食だけでなく。特に果物)
・サービスがきちんとしてる
・オーガニック食品の普及率の低さ
・デカフェ(カフェインレス)の普及率の低さ

交通関連
・道の狭さ(愕然としてます)
・日本のドライバーの技術力(皆さんすごすぎる)
・日本の交通法規(主に標識)を忘れてる!
・日本のコンパクトカーの機能はすごい

この2つが今のとこ大きいですね。
まだ生活環境が整わないのですが、
無理の無い範囲で一つ一つクリアしていきたいと思います。
友人たちや姉の助力もあって少しずつ解決してきてます。

日常の中で紅葉が始まっているのも嬉しいですね。
引越し先は公園に恵まれているのでそのうち紹介したいと
思います。
【2007/11/09 04:35】 | 留学中の帰国日記その2 | コメント(0) |
帰国しました
2つ目の山を乗り切りました。成田のホテルから書いています。
日本に帰るとぐっと気が楽になりますね。
本日、友人たちの助けを借りて杉並区の新居に入ります。

飛行機の中は、今まで経験した家族同伴移動の中で
最も楽でした。映画とか見れちゃったりして。

ヤツの成長を感じます。
ブロック系のおもちゃに集中して一人遊びできるように
なったことや、睡眠パターンが確立して眠りが深く
なったので少々のことでは起きないこと、飛行機の中を
ある程度熟知したので飽きて歩き回らなくなったことなど、
ヤツが成長してくれたことで負担が軽くなったのでした。
続きを読む
【2007/11/03 06:39】 | 留学中の帰国日記その2 | コメント(1) |
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。