FC2ブログ
ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
患者役を演じ、死ぬ体験は役者にどういう影響を与えるか?
以前から興味をもっていたことの一つに、標記がある。

プロの役者が長く患者役(なんらかの死に至る病に
かかった人)を演じ、その登場人物が最終的に死に至る
場合、ある程度の期間の体験を通じて、その役者さんの
中にはなんらかの「シミュレーション体験」なり
「教育効果」なりが生じるのではないか?と
感じていた。

こんなことを書き始めたのも、全米で最も人気の高い
医療ドラマ(研修医達が主人公で、視聴率で全ドラマ中
トップをとることもある)Grey's Anatomyに関する
こんなLAタイムズの記事を見つけたからだ。
Life After Death
"Grey's Anatomy's" Morgan sees his career
reborn after Denny dies.


続きを読む
スポンサーサイト
【2006/05/31 23:39】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
出っ歯デコチン、馬鹿は無し
親戚のおば様にヤツが言われた言葉です。
方言やその地域独特の言い回しは面白いですね。
デコチンなヤツはそのおば様に気に入られたようです。

本日は近況スナップを

横向きに寝るようになりました。妙にいっちょまえ
な寝姿なんですが(おっさんくさい?)
20060531114003.jpg


離乳食食べております。
20060531114058.jpg


股間にでかいものが!ひいばあちゃんにもらった甘夏です。
20060531114158.jpg

続きを読む
【2006/05/30 11:15】 | 子育て日記 | コメント(0) |
【予告】ER12(シーズンXII)あらすじ紹介
ウィスコンシン在住の友人A君より
ERのラスト3話のDVDを送ってもらいました。
(A君感謝!)
というわけで近日中にあらすじ紹介再開します。
タイムラグがありますが、英語の勉強を兼ねている
ものでマイペースでやりたいと思います。

リキャップを求めてきてくださる方が最近多いので、
勝手に使命感を持っております(好きなだけ?)
でも仕事が溜まっているので終わってから、ということで
本日は予告のみ。
ダルフールエピソードがとんでもないことに
なっているようですね。。。映画みたい。
【2006/05/29 23:16】 | 〔テレビ・映画〕ドラマER | トラックバック(0) | コメント(0) |
いいニュース
血液がんで闘病している親戚に骨髄バンクで
骨髄ドナーが見つかりました。

ありがたやありがたや。いろんな方に感謝。
嬉しくて今日はそのご一族のお墓に報告して来ました。
散歩コースに親戚全て、先祖代々のお墓がある土地柄
(距離感)もいいものだと改めて思いました。

ヤツと一緒にLAのお月さんにお願いしていたことが
思い出されます。

もと医療者でも、患者さんが身近な人でも、
ある段階からは手伝えることが無くなります。

具体的にできることが無くなると、人って祈るんだな、と
実感しました。

小さいころから神道、キリスト教、仏教などなどに
囲まれて育った管理人は(うちには神棚と聖書と仏壇が
ありました:あ、道祖神やわけのわからん神様もいっぱい:
この辺は親父の趣味?です)、特定の信仰こそ持ちませんが、
信仰心は篤いと自負しています。私が育った鹿児島という
風土はご先祖さまやお墓参りを大切にしますしね。

管理人の親戚の闘病はまだ続きますが、一つ一つ社会復帰への
ステップをクリアして、また一緒にご飯を食べる日を
心待ちにしているのでした。
1日も早くそういう日が来るように、またヤツと祈ります。
【2006/05/28 22:00】 | 留学中の帰国日記その1 | トラックバック(0) | コメント(4) |
日本雑感:みのもんた氏雑感
みのさんの「朝ズバ」を初めて見た。
驚いた。

パワーアップされてますね。
カメラ目線でアップで1分にわたり演説。
すごい。

かつてのアメリカの人気司会者、アーチー・バンカー
(人種差別発言ばかりで批判も多かったが、歯に衣着せぬ
独自の話術で多くの視聴者に愛された)の比じゃない。

米国では新聞やテレビ放送は基本的にローカルなものが
日本よりも強いし、カラーが局や社によってはっきりして
いるので、相互浄化作用というか、全体としてバランスが
とれることが多い。

1人のテレビ司会者が世論を決定付ける、ということは
あまりない。が、「日本ではあり得る。」
みのさんを見ていてそう思った。キー局の番組は
ほぼ日本全国で見れるしね。

まあ、それはそれとしてみのさん、お体大丈夫?
生放送中なんども咳き込んでたけど
(しかもちょっとやな咳)。
イチ視聴者として気になった。。。

みのさんが出した腰痛本も気になる・・・
後日ヘルスコミュニケーショントピックとして
紹介しようっと。
【2006/05/27 21:40】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
東京余話(夜話):タクシー運転手考
そういえば、東京滞在中の出来事。
夜中に赤坂から品川の友人のマンションまで
遊びに行く際、16年の付き合いになろうとする予備校時代の
同級生3人とタクシーに乗ったのですが、奇妙な、
というか不愉快な目に会いました。

タクシー運転手が追いはぎになったり、拳銃突きつけて
「金を出せ」というような国も世界的に見れば多々ある
ので、そんな国に比べればかわいいものなんですが。

続きを読む
【2006/05/26 23:21】 | 留学中の帰国日記その1 | トラックバック(0) | コメント(0) |
天・地・人
ふう、怒涛の東京滞在が終わりほっと一息です。
しばし休息して仕事復帰します。

豊後二見、という地元では有名な
観光地?があるところの近所に居候しております。
20060526113535.jpg


風光明媚です。今日は晴れてくれたので気持ちよかったです。
20060526113631.jpg


管理人と久々のコンビ復活です。1週間ぶりに会ったヤツは
「誰?」って顔で管理人を見ておりました。薄情モノ!
20060526113941.jpg

【2006/05/25 23:40】 | 留学中の帰国日記その1 | コメント(0) |
ヤツの近況
東京出張などでレポートが途絶えておりましたが、
ちょっと見ぬ間にパワーアップしておりました。
9キロになりました(重くて風呂場で落としそうに
なりました^^;)。

太りました・・・
20060524203822.jpg


笑っちょります。
20060524203901.jpg


ちょんまげ?琉球風?
20060524203920.jpg

【2006/05/24 20:40】 | 子育て日記 | コメント(3) |
東京雑感+おすすめICレコーダー
1週間の東京滞在も本日で終わり。
最終日にやっと買い物をする時間が作れました。
たった1年ぶりでしたが、それでも結構「浦島太郎」状態
でした。秋葉原のでかいヨドバシにはびびりました。

東京に関して印象深かったのは、
1.品川あたりの林立する高層マンション
2.都心を歩く人の服装や雰囲気
 女性が皆身ぎれいでサラリーマンの方はスーツが
 似て見えて、外国人の人もこちらの流儀に合わせている
 印象
3.かゆいところに手が届く商品開発
 前々から思っていましたが、これに関して日本は
 世界一ですね。今回インタビュー調査に使うICレコーダーや
 デジカメを購入したのですが、商品のラインナップと
 店員さんのお話を聞いていて間違いないと思いました。
4.狭いマーケットにおける過当競争
 タクシーの運転手さんたちも、上記電気製品などでも
 感じました。競争原理がうまく機能している部分と、
 それだけでは立ち行かない部分とあるようです。
続きを読む
【2006/05/23 23:46】 | 留学中の帰国日記その1 | トラックバック(0) | コメント(3) |
JMCAサロンを終えて
本日無事にメインイベントが終了しました。
参加者の皆様、事務局サイドの皆様のご尽力のおかげで
なんとか盛況を保てたように思います。

そして、この1週間人に話を聞いたり、
自分なりに考えたりしたことが、
全て活きたように思います。
お時間いただいた皆様、ありがとうございました。

自分の行動が間違っていなかった、と実感できるのは
とても幸せなことだと思いました。

次回はもっともっと精緻化したワークショップを
お届けしたいと思います。2年くらい先になるかも
しれませんが。。。

まだまだ試行錯誤ですが、それでしか進まない領域も
あります。
皆さんからいただいた言葉を胸に、また1年がんばろうと
思います。ご参加ありがとうございました!

taka
【2006/05/22 23:00】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(4) |
友達のうちに泊まる考
いよいよ明日がメインイベントJMCAサロンです。
この1週間で更に得たものがあったので
もてるものを全て参加者の皆さんに提供できるように
したいと思います。

さて、昨日・一昨日と小学校時代からの
友人ヨッチャンちに泊めてもらっていたのですが、
感動したことに洗濯物が畳んで置いてあり、
アイロンまでかかっておりました。。。
初日も自然に寝間着が出てきましたし。
こういうのって性格というか、出来る人って
自然に出来ちゃうんですよね(嫁要らず?)。

思わず「ヨッチャン、いい嫁さんになるよ」と
言ってしまいました(?)。

彼は独身ですが、最近モテているという噂なので、
奥さんになる人は楽だろうなあと
思った次第です。

おかげさまで大変居心地良かったス。感謝。

さらに、昨日は渋谷で一緒に飲んだ同じく小学校の
同級生N君のセルフプロモーション素材のCGアニメを
一緒に見たのですが、すげえ出来。優しいタッチと
かわいいコミカルなものも描けるバランスのいい才能が
炸裂してる。

感動したよN君。やっぱ君は才能あふれる芸術家や。
是非もっともっと世に出るべし。営業はまかせとけ!
(安い仕事ばっかじゃん、って?そのうち高くなるよ~)
【2006/05/21 21:58】 | 留学中の帰国日記その1 | コメント(6) |
東京は夏日・・・でも突然どしゃぶり
余力が無いもんでつれづれ日記で恐縮です。

今日は昼から夏日で、聖路加看護大のN先生や院生の
皆さんとお蕎麦屋さんでおいしいお蕎麦とビールを
いただきました。

その足で某学校のスクーリングに参加しましたが、
寝不足と疲労とビールの効用で猛烈な眠気と
戦った2時間でした。

夜は懇親会の後、小学校以来の友人達と
旧交をあたため渋谷の片隅のかわいいバーで
焼酎を飲みました。こういうところにいつも
連れて行ってくれるのはあーちすとのN君です。

眉毛君の奥さんMちゃんの安産を祈願します!!!
【2006/05/20 23:51】 | 留学中の帰国日記その1 | コメント(0) |
東京⇔名古屋
名古屋へののぞみは満席で、通路に立っての旅でした。
疲れて棚の端を持つ腕に顔をふせていたら、
前の席のおば様からにっこり笑って
「ひじかけにお座りなさい」というゼスチャーを
いただきました。・・・お礼を言って丁重に辞退しました。

東京は梅雨のような天気が続き、毎日雨です。
名古屋も雨でした。

打ち合わせ自体はとても有意義で勉強になり、
またひとつ目が開かれた思いです。
さすがに疲労感が高まってきましたが、もう少しなので
がんばるのみです。
【2006/05/19 01:37】 | 留学中の帰国日記その1 | コメント(0) |
筑波に行ってきました(科学コミュニケーション)
本日は筑波大学の
サイエンスコミュニケーション講座講演会
Science Communication

というのに行って話をしてきました。
ヘルスコミュニケーションは、その基礎に
科学コミュニケーションの問題があり、
そのリテラシーやトピックを踏まえないといけません。

内容はいつもここで書いているようなことです。
レクチャーというより、アジテーションの会で
学生の皆さんに考えてもらうことが目的でした。
(ご興味ある方はPDFがこちら)

その目的がどの程度達成されたかわかりませんが、
「答えの無い問い」について考えることが大事だと
思っています。
学生さんや先生方の反応から管理人も大いに学びを
得たのでした。

この3日間でプレゼン4つ、打ち合わせ3つ、人と会うこと3人、
今日は筑波、明日は名古屋。

がんばります。
【2006/05/18 23:25】 | お仕事・研究・学び | コメント(2) |
なぜ無線LANは東京で普及していないのか?
1日仕事と人にあう予定をこなして走り回っておりました。
で、なんとも困ったのが標記。

LAではKinko'sにいけば、自分のラップトップを持ち込んで
無線LANも有線LANも使えるサービスがありますが、
東京でやっているのは品川支店だけらしいです・・・
(確かめたわけではないのでご確認を!)
fxks_logo.gif


つまり自分のノートパソコンを使って
作業ができないわけです。
いや~困りました。色々準備があったもので・・・
結局移動先、移動先で漫画喫茶やモスバーガーなどを
探して回る始末・・・

と、思ったら営団地下鉄でHOT SPOTとかいう表示を
発見。あきれました。なんなんだ?誰が地下鉄の
駅で無線LANで作業する?(ま、無いよりいいけど、
そもそも座るところも充分に無いじゃないか)

Kinko'sのお姉ちゃんに愚痴を言ったら
「流行る間もなく取りやめになりましたね~」だって。
ニーズが無い?

この日米差は何?
アメリカの方が進んでる?のが意外でした。

【2006/05/17 23:22】 | 留学中の帰国日記その1 | コメント(0) |
上京
しました。

色々書きたいことがあるんですが、
日々の仕事の準備に追われているので
今日は報告のみ・・・

金融系に努めるK君ちに居候です。久々の旧交を温めました。

あ、久しぶりに会った友人K君(昨日の作曲家とは別人)は
やっぱり好物の干しいもを食っておりました。朝飯にね!
20060517103522.jpg


彼が干しイモを食っているのを初めてみたのは16年前。
変わらんとこは、変わらんなあ・・・
【2006/05/16 10:36】 | 留学中の帰国日記その1 | コメント(0) |
友人の曲がアニメの主題歌に!
作曲家の友人がいると過日書いたことがあったが、
徐々に波が来ているようで嬉しい限り。
名探偵コナンのエンディングテーマで、
とてもバランスのいい曲でした。

タイトル「もう君だけを離したりはしない」
歌手: 上木彩矢(かみきあや)

発売は5月31日!Check it out!

(今日放送だったので、久しぶりに名探偵コナンなんて
みちゃいました。。。34歳)
アニメのラストの曲って結構記憶に残るんですよね。

彼の曲はまだ入ってないと思うけど・・


聞いていて最初に彼のライブに連れて行ってもらった
ときの事を思い出した。
年下なのに、出会ったときから自分の道をまっすぐ見ている
すげえ人だと思った。

K君、益々のご活躍を祈っています!!
【2006/05/15 10:32】 | 留学中の帰国日記その1 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ただの数字を感触のあるものに変える作業
映画評論家の町山さんのブログで紹介されていた
言葉をご紹介
--
映画『Vフォー・ヴェンデッタ』のヒロイン、ナタリー・ポートマンにインタビューした時、彼女はこう言った。

「ニュースや新聞で『死者二名』と読んでも、みんな『そういうものか』と思うだけです。その死者数が二百人に増えても、二十万人になっても、二百万人になっても、自分とかかわりがなければ、人は『そういうものか』と思うだけです。そういう数字にもマヒして、何も感じなくなります。でも、その二百とか二百万という数はただの数字ではありません。ひとつひとつが私たちみんなと同じように、それぞれの人生を生き、人を愛し、愛されていた人たちなんです。映画や物語の使命は、ひとつひとつの数字に想像力で血肉を与えて、ひとつひとつの人生として感じられるようにすることです。私はそうしていきたいと思っています」

-- 
続きを読む
【2006/05/14 23:57】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
「淡々とした日常」は正しいか:映画Adaptationより
映画「アダプテーション」(スパイク・ジョーンズ監督、
カウフマン「兄弟」脚本、ニコラス・ケイジ主演)
は自分にとって単に好きなだけでなく色々参考になる映画である。

映画学校で「双子」は物語の装置として非常に陳腐で、
濫用してはならない、と教わった。
が、この映画はその脚本家の「常識」をうまく使って
「物語」をメタなレベルで構築してしまう。

ニコラス・ケイジの不細工&対人恐怖症ぶりもうますぎる。
こういうアメリカ人たまにいますもん。

で、この映画の中で自分が特に好きなMr.Mackey
(訂正:Mckeeが正しいスペルです)(カリスマ脚本指導者)
の激しいセリフをご紹介。
続きを読む
【2006/05/13 23:08】 | 〔テレビ・映画〕ぐっときた場面 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ワークショップ 中野民夫著(岩波新書)
についてちょっとご紹介。


定評ある名著で数年前にざっと読んだことがあったが、
仕事の資料として今回改めて読んだ。
以前読んだのはずいぶん前(4年前?)だったからか、
以前は気づかなかった
ヘルスコミュニケーションにも参考になる一説があった。
続きを読む
【2006/05/12 23:06】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
34歳になりました
が、何も変わらず日常が過ぎております。

世間的にはいい年なのに苦学生状態(?)だし
相変わらず若造に見られるし
勉強して考えたことをoutputして
日々が過ぎていきます。

大分に移動し、風光明媚な環境で
来週の上京の準備をしていると
なんとも恵まれているなあと
感謝したい気持ちになります。

いい仕事をしよう。
34歳の抱負はこの一言に尽きます。
続きを読む
【2006/05/11 20:55】 | 留学中の帰国日記その1 | コメント(6) |
鹿児島雑感その2
本日妻の実家の大分に移動します。

あいにく滞在中ずっと曇りか雨で、桜島は稜線を
くっきり見せてくれることがなくshyな感じでした・・・
kagoshima2-sakurajima.jpg


遅ればせながら、今回はヤツの初節句でございました。
刀や甲冑が普通に出てくるところが鹿児島っぽいなあと
思いました。まあここでもおにぎり顔なんですが・・・
kagoshima2-onigiri.jpg


で、レンタルのチャイルドシートで寝る、と。
ダスキンがレンタルサービスなどやってるらしいですね。
リクライニング機能がついていて優れものです
(レドンドで使ってるのはついてないもので)
kagoshima2-neteru.jpg


「痒いところに手が届く」的な商品は米国よりも日本が断然
充実しているな、と感じる今日この頃です。
【2006/05/10 06:31】 | 留学中の帰国日記その1 | コメント(2) |
Sentinel for Health Awards 2005
に関する記事を書きました。
いつもお世話になっている(株)シナジーさんのウェブに
掲載されました。

人気テレビドラマと連携した米国の医療健康情報の普及戦略
Sentinel for Health Awards 2005


です。

インターンとして色々勉強させていただいている
Hollywood, Health & Societyの年に一回の
定例行事です。

詳細は上記ウェブでどうぞ。
【2006/05/09 15:37】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
国家による強制措置や対応における「科学的根拠」が間違っていた場合
ヤツが泣き出した&録画しそこねて全部は見れなかった
のだが、本日のNHKのクローズアップ現代で
「ハンセン病」に関する特集を
やっていた(以下NHK公式ウェブより勝手に引用)

5月8日(月)放送
ハンセン病 奪われた命
~胎児標本はなぜ作られたのか~


全国のハンセン病療養所に人工早産や人工流産によると
見られる114体の胎児の「標本」が残されていることが
厚生労働省の調査で明らかになって1年。いま関係者が
少しずつその重い口を開き始めている。かつて国が進めた
隔離政策。患者たちは外出を厳しく制限されただけでなく
出生を管理する法律によって子どもを作ることも許され
なかった。三千件を越す強制堕胎が少なくとも昭和30年代
まで行われたことがわかっている。子どもを奪われた悲しみ。
抵抗できなかった無念。そして罪の意識。「標本」の存在は
晩年を迎えた母親たちに長年しまいこんできた辛い記憶を
不意に呼び起こさせる転機となった。妊娠中絶はなぜ
行われたのか。中絶に関わった元医師や職員の証言と
資料によってその実態と背景を明らかにするとともに、
決して癒されない心の傷を負いながら生き続ける女性たちの
人生を見つめる。
(NO.2236)

スタジオゲスト : 和泉 眞蔵さん
    (ハンセン病専門医)
続きを読む
【2006/05/08 23:24】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
【豪州】医学・健康情報のメディア報道を医師などの専門家が評価するサイト
Media Doctorというサイトです。
(以前からあるサービスですが、ここで取り上げるのを
忘れていました。クリップ程度ですがご紹介。)

医療健康情報に関するメディア報道の
プレスオンブズマン的役割を担っているわけですね。
☆の数で報道の記載内容の正確性などがレイティング
されていて、網羅性もあり、わかりやすいです。

メディアの方にも医療関係者にも有用ですね。
特に記者やメディアの作り手にも励みになるのではない
でしょうか?(腹の立つ場合もあるでしょうが、何よりも
自分が書いた記事が評価され、レイティングされるという
機会は彼らにとって貴重なのではと思います。それも専門家
によるコメントなわけですから。認めさせるような
良い記事を書こう、という単純な動機付けになるように
思います) 
また、このサイトではニュースレターも発行しています。

サイトのstatementによると、Media Doctorとは・・・

メディアによる新しい治療法などに関する報道の
正確性・妥当性を改善するためのウェブサイトです。
Media Doctor is a website dedicated to improving
the accuracy of media reports about new medical
treatments.

とのこと
続きを読む
【2006/05/07 23:33】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
鹿児島雑感その1
ヤツを連れてじじの畑を荒らしに行きました。
収穫のソラマメをじっと見つめる・・・
20060506111654.jpg


春菊の花ってこんならしいです。なんか新鮮。
20060506111721.jpg


鹿児島のGWは穏やかな風と夏のような暑気です。
20060506111757.jpg

続きを読む
【2006/05/06 11:20】 | 留学中の帰国日記その1 | トラックバック(0) | コメント(2) |
コンビニと道の狭さと
ちょうど1年ぶりに日本に帰国してまず一番違和感が
あったのは、コンビニのあり方と道の狭さである。

道の狭さなんて書くと「米国かぶれしやがって」、と
お叱りを受けそうだが、乗用車の助手席(米国車だと
運転席)に座っていると、それはもうある種の恐怖体験と
いえる。

特に日本国内でほとんど車を運転しない生活から
LA生活に突入してなんとか1年過ごした身としては、
左側通行での交差点や右左折の感覚がつい昨日一昨日まで
自分がやっていたことと真逆で気持ちが悪くなる。
続きを読む
【2006/05/05 04:16】 | 留学中の帰国日記その1 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ERシーズンXIIあらすじ紹介断念のお詫びとThe Sun(映画)
「必ずリキャップします」とか言っておいて
Tivoで録画して焼いたDVDをレドンドのアパートに
忘れてきてしまったことに今日気づきました。

というわけでここ2回分のリキャップは断念します。
あと3回でシリーズ12も終わりだそうです。
あらすじを追ってここに来ていただいた方、ご容赦ください。
スモールトークERさんのリキャップをどうぞ)

その代わりにはなりませんが、過日紹介した
ソクーロフの「太陽」The Sun
の衝撃度について少しメモ。20060410164249.jpg

続きを読む
【2006/05/04 21:17】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
というわけで関空へ
今回はJALを使いました。
20060503102244.jpg


GWの中日で運良く空いていたので、客もスチュワーデスさん
たちも余裕があってヤツが号泣していてもぴりぴり感が
ピークに達する、という感じはありませんでした。
20060503101606.jpg


「国際線に乗れば映画三昧」だったあのころが懐かしい・・・

あ、そういえば昨日紹介したバシネット(Bassinet)を
使うと、JAL機では映画が見れません。
なぜなら個人用のモニターがひっかかって上に上げられ
ないからです(え、どうでもいい?)

さて、機嫌よいかと思っていたのもつかの間、
やはり基本が「びくびく野郎」のヤツは環境の変化
(特に「部屋が暗いのに人がうごめいている」という状況)
に挙動不審で、こんな風(↓)に良く寝てくれた時間は短く
泣き続けたりぐずり続けたりで、結局立って抱っこ
して歩き、歌い、あやし続けなければならず、
管理人たちはぐったりしてKIX(関西国際空港)に
降り立ったのでした。
20060503102331.jpg


そして日本について安堵したのもつかの間、
ホテルで時差ぼけの恐怖が・・・
夜中に目が爛々として遊ばないと寝ないとか、
色々先輩方に聞いていましたが、まさにそのとおりで、
しかも号泣のおまけつき。部屋は当然一間なので
夫婦交代で寝るという技も出来ず、共倒れ?
ぐったりの一夜でした。

翌朝・・・
ケロっとしたヤツとぐったりの管理人たちでした。。。
【2006/05/03 10:27】 | 子育て日記 | コメント(0) |
Bassinetという英単語知ってますか?
飛行機の赤ん坊(体重10キロくらいまで)を乗せる寝台です。
どうも商品名から派生した一般名詞のような気がするんですが。
たたんである状態はこんな感じ
20060503101452.jpg

タイトルはこう
20060503101532.jpg


使うとこんな感じ
20060503101616.jpg


英辞郎on the webでは「新生児用かご型ベッド」とのこと。
飛行機以外でもこの単語使うようですね。
wikiご本家によるとわりと広義に使われているようです。
【2006/05/02 23:10】 | 子育て日記 | コメント(2) |
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード