ヘルス・コミュニケーション日記
もとヒヨっ子研究者の会社員2年生が、ヘルスケア領域の話題や子育て日記、趣味等思いつきで綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ブログ移転しました。
長らく更新さぼっておりましたが、以下に移転しました。
http://innerpeaceandstory.tumblr.com/

読んでくださった方、ありがとうございました。
新しいブログでは学問としてのヘルスコミュニケーションはほぼ出てきません。
学会もできましたし、ちゃんと本物の研究者の方々が活動されているので嬉しい限りです。
関連情報求めている方にはすみませんが、他のリソースをご活用ください。

今は病院で働いているので、そのような日常の断片を散漫に書いております。
スポンサーサイト
【2013/10/29 05:51】 | お仕事・研究・学び | コメント(1) |
引っ越しました
この1,2年長らく更新サボっておりますが、まだ参照いただいている方が
いらっしゃるのはありがたいことです。

すごく不思議なのはgoogleの「ヘルスコミュニケーション」検索での
ランキングが下がらないこと。この検索語では現在あまり
社会貢献できていないので、ちょっとどうかなとも思いますが、
情報を求めていらっしゃる方が増えてきた印象はあります。

今では僕より詳しい人がたくさん増えてきたので、必要に応じて
そういう「ちゃんとした人」を紹介するようにしています^^。

なんにせよ、共通の興味や方向性の方が増えるのは
すごく嬉しい限りですね。

っと、そういえば世田谷に越しました。
そのほかにも報告しないといけないことは多々あるのですが、
特にこの数ヶ月仕事100%モード&週末は子育て支援に必死モード、
にてサボり気味なのはご容赦願います。
今度もできるだけ更新したいとは思っております^^。

ヤツ1号(3歳9ヶ月)、2号(1歳6ヶ月になります)は
おかげさまで元気にすくすく育っております。
元気がよすぎて朝早く、かつうるさいので(けんかになるとすぐ絶叫・・・)
引っ越した先でもご近所迷惑な感じはしておりますが^^;

みなさまのご健康と毎日の充実を祈念しております^^!
【2009/07/13 00:54】 | お仕事・研究・学び | コメント(4) |
【おすすめサービス開始!】リクルートナースバンク
ご無沙汰しております^^;
おかげさまで元気にやっております。
サラリーマン生活も2年目に突入です^^。
本日は標記ご紹介です。

弊社関連グループで標記のサービスが新規にスタートしました!
リクルートナースバンク
header_logo.gif

看護師さんの「ライフスタイルに合った転職」の実現に
貢献したい!とスタッフ一同熱意に燃えております^^。

まだ東京限定のサービスですが、他の地域にも順次拡大予定です。

お知り合いの看護師さんで転職を考えていらっしゃる方が
いれば、または病院経営者の方で看護師さんを募集していらっしゃる
方がいれば、ご紹介頂けると幸いです^^。

現場スタッフの皆さんをお手伝いする過程で、
自身の看護師キャリアについても良い振り返りの
機会を頂き、また自分の「原点」について
色々想いをめぐらすことができました。
仕事との出会いと現場スタッフの皆さんに
感謝しております。

もと看護業界の人間として、企業人としても個人としても
看護師さんたちの納得のいく転職、働きやすい職場作り、
より良いキャリア形成を応援しております!
【2009/05/18 16:56】 | お仕事・研究・学び | コメント(1) |
年度末
もうすぐ会社員になって1年たちます。
会社や組織で仕事をする、ということ、
時間管理や目標管理、

様々なことをうまく出来ずにいろんな方に迷惑をかけて
おりますが、その都度ベストを尽くすことを
念頭に、いろんな初体験を経ながら進んでおります。

もう3月ですが会社員での年度末、というのも
この年になって初体験。

ブログの更新もさぼり癖がついて久しいですが、
この1年を3月中に一度整理したいと思ってます。
【2009/03/09 05:28】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
【おすすめ】本日オープン!人間ドックのここカラダ
みなさま弊社関連サービスで恐縮ですが、
すごく良いサービスがリニューアルオープンしました^^!

人間ドックのここカラダ
http://dock.cocokarada.jp/

サイトから人間ドックの予約ができます!
人間ドックやがん検診など検討されている方、是非ご活用ください。
人間ドックや検診に関する読みもの記事も面白いです。

参考まで以下、ここカラダのメルマガから抜粋。
続きを読む
【2009/01/15 14:35】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
ハーバード・ヘルスコミュニケーション・フォーラム開催のお知らせ
本日は大学の後輩で、
かつ現在ヘルスコミュニケーション周りのことを
色々教えていただいている
石川善樹さん(マッキャンヘルスケア、自治医科大学研究員)より
以下のフォーラムのお知らせです。
本場のヘルスコミュニケーションについて学びたい方は是非!

----------------------------------
ハーバード・ヘルスコミュニケーション・フォーラム開催のお知らせ

「21世紀の公衆衛生及び医療におけるヘルスコミュニケーションの役割」

○開催目的
エビデンスが情報の波に埋もれがちな現代社会。
公衆衛生や医療に携わる者に求められていることの一つは、
信頼のおけるエビデンスを、いかに分かりやすく社会に
広めていけるか、ということです。

米国NCI (National Cancer Institute)では、1997年より
DCCPS(Division of Cancer Control and Population Sciences)を
立ち上げ、”ヘルスコミュニケーション”の名のもと、いかに
エビデンスを世に広めていくか、戦略的かつ科学的な試みを
行ってきました。

今回、DCCPで50名を超す研究者を率い、
ヘルスコミュニケーション研究を進めてこられ、
現在はHarvard School of Public Healthで
ヘルスコミュニケーション専攻の専攻長として
活躍されているDr.Viswanath氏を招き、
21世紀の公衆衛生及び医療における
ヘルスコミュニケーションの役割について
ご講演いただく機会をつくりました。

日本を代表する三つの大学と一つのナショナルセンターをめぐります。

○スケジュール

10月14日(火)17:30-19:30
大阪大学医学系研究科 共同研究棟 7Fセミナー室

10月16日(木)15:00-17:00
京都大学医学部内「芝蘭会館・稲盛ホール」

10月17日(金)15:00-17:00
東京大学医学部教育研究棟13階「第6セミナー室」

------------------------------------------

無料だそうなので、ご興味ある方は是非ご参加ください!!
【2008/10/07 02:06】 | お仕事・研究・学び | コメント(3) |
人の育て方
今日会社の先輩と話していて、教えられたことがある。
その先輩は相手を指導しようとか、育てたいとか、
そういう感覚はあまりなくて、
でも自分から見るとその人に教わった人はすごく
良い学びを得ている。

なぜそういうことが出来るんだろう?
続きを読む
【2008/06/21 05:40】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
【おすすめサイト】子供の気になる症状をトリアージ!!赤ちゃん子供のここカラダ他
更新さぼりまくってすいません。
またまた弊社サービスで恐縮です。
でも単なる宣伝ではなく、情報の質、量、使いやすさともに
お勧めですので是非一度試してみてください。
忌憚の無いコメントお待ちしております!!

赤ちゃん子供のここカラダ
売りはなんといっても症状から対応を学べる
トリアージ機能「病院へ行くべき?チェック」でしょう。
お子さんお持ちの方は、是非お試しください!!

同様に女性の健康ここカラダもスタート!
女性の健康ここカラダ

あと最近、身近で友達の友達が乳がんに。。。
という話をよく聞きます。情報収集の参考になります。
乳がんのここカラダ
乳がん検査のマンモトーム生検が受けられる
病院検索も始まりました。
ご興味ある方は是非!!
乳がん検診、マンモトーム検診とは?
【2008/06/06 10:37】 | お仕事・研究・学び | コメント(3) |
【おすすめサイト紹介】かいごのみかた
本日は、お仕事紹介第一弾ということで。
自社関連サービスですが、内容を知って一発でファンになりました。
かいごのみかた
http://kaigonomikata.jp/

かいごに関わる方向けの優しいサイトです。
作っている人たちも優しいです(多分)。

介護をがんばっている方、介護について伝えたいことがある方、
実際に今お困りの方、そのほか単に興味がある方や
情報が欲しい方、とりあえずここを覗いてみましょう。
雑誌も季刊で出てます(無料会員登録必要)。

ご自分が介護に関わっていなくても、お母さんやお父さん、
おじいちゃんやおばあちゃん、ご親せきなど、たぐっていくと
情報ニーズは身近にあるのではと思っています。
そういう「身近でかいごをがんばっている人」への
プレゼントにもなりますね。

開発スタッフのみなさんの心意気にも打たれました。
応援したいと思っています。
自分が心底惚れるサービスに仕事として関われる。
これは幸せなことですねえ。

忌憚のないご意見ご感想、歓迎です!
【2008/04/14 05:20】 | お仕事・研究・学び | コメント(2) |
【日米野球はしか感染】だからマスコミは・・・と言われるのね。
妻からブログネタ教えてもらったので取り急ぎ。

まずはこの報道ビデオご覧ください。


もとネタはCDCのMMWRのここ
この日米少年野球の決勝、ヤツ1号の川崎病での入院時にテレビで
見ていて、非常に印象深く覚えています。
なんか縁があるなあ・・・

フジテレビがこのニュースに食いついたセンスは良いと
思うし、「日本も予防接種はしっかりやらないといけない」という
結論は間違ってないと思うけど、木村さんの以下の
コメントは「訂正して深くお詫びします」
レベルのとんでもコメントだと思います。

「今の先生が、やっぱり副作用が問題で、普及してなかったということを
言ったんですが、やっぱり数字見ますとね、実際にはしかで亡くなる
方よりも、副作用、これまあいろんな副作用あるわけですけども、
で亡くなる方が多いんですね。それ考えてなかなかそこまで来なかった
ことなんでしょうけど、これだけ国際化の時代になりますとね、
日本でもやっぱり予防接種というのはしっかりやる義務がありますね」


この言い方だと、どう聞いても「はしかで亡くなる人<副作用で亡くなる人」と
聞こえる。

そんなわけないでしょ?医療素人の妻でも激しくツッコミ入れてました。
続きを読む
【2008/02/24 00:05】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(2) |
おすすめテレビ番組情報(本日です)
以前勉強会に参加させていただいたことのある東大医科研の上先生より
情報いただきましたので取り急ぎ告知です。

そのまま引用します(本日なので興味のある方に間に合えばいいのですが)。

◆NHK教育 2008-02-14(木 ) 20:00 ~ 20:29 福祉ネットワーク
「地域医療崩壊 何が医師を追い詰めるのか」

http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/0802/80214.html

丹波市長が兵庫県知事に陳情に訪れたり、地元主婦たちが
「柏原病院小児科を守る会」を発足させたりと昨年来なにか
と話題となった兵庫県立柏原病院に関する情報が放映されます。
この4月からは、小児科医を2人招聘することができ
4人体制となる見込みです。
地域住民の理解があれば、医師の確保が容易になる
という実例です。
舛添大臣もこの活動に関心をもってくれています。

一方で、県立柏原病院では、この6月末での整形外科の
撤退が決まっているそうです。
4月には、小児科医が2人増えますが、それ以上の数の
医師が異動され、3年前に45人を数えていた医師は、
20人を切ろうかというところまで追い詰められています。

このような地域の現状を打破していくひとつのきっかけに
なればと思います。
医療の問題は医師にとってだけの問題ではなく、患者、住民の
問題でもあることを伝えてくれる番組と期待しています。


医療施設や医師をはじめとする医療スタッフは地域の公共財である、
という考え方から、いろんなアプローチが考えられますが、
その一つを提示してくれる事例になるのだと思います。
管理人も勉強させてもらおうと思っています。
【2008/02/14 10:20】 | お仕事・研究・学び | コメント(1) |
母子共に退院しました(1月22日)
ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、
黄疸の出たヤツ2号も少し遅れて退院し、今日現在まで
元気に成長しております。

退院前に呼吸状態(SpO2)が落ち込んで保育器に入ったりして
心配しましたが、問題ないとのこと。
相談に乗っていただいた皆様、ご報告が遅れて失礼しました。
おかげさまで元気にしております。

生後2週間があっという間に過ぎ、夜の授乳間隔がまだ
30分とか1時間のことがあるので妻は睡眠不足で大変そうですが、
ヤツ1号がそうだったようにおっぱい飲んでも泣き続ける、ということは無いので、
レドンドでの格闘の日々に比べれば管理人は非常に楽させて
もらっています。仕事の合間に出来る限り育児サポート中。

目力(めじから)で勝負しますか。
a_st_yuri8.jpg

ヤツ1号のわけのわからない歌のヘビーローテーションや
絶叫にめげず、スヤスヤ寝てたりします。
a_st_sleepingyuri.jpg

にいに(ヤツ1号)も少し落ち着いてにいに振りを発揮。
a_st_niini.jpg

続きを読む
【2008/02/01 10:17】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
産科で聞かされる「リスク」という言葉
の多さと印象に色々考えることがあったので備忘録代わりにメモ。
ヘルスコミュニケーションの基本は人対人のコミュニケーション
(interpersonal communication)っつーことで。

次男をもうすぐ出産予定の妻に付き添って(まだ生まれてません。
念のため)、産科の妊婦検診を受けているのですが、
医師によっても個人差はもちろんあるのですが、
非常によく使われます。この「リスク」という言葉。

「○×さんは△△(身体的な特徴や年齢)だからリスクになっちゃんですよね~」
というせりふが隣の診察室からも聞こえてくる。
続きを読む
【2008/01/11 02:44】 | お仕事・研究・学び | コメント(7) |
感度を生むのは「相手に対する理解」かも
先日「感度」の重要性について書きましたが、義母と話していて
ちょっと示唆を得たのでメモ。

子育てに関する親の「感度」の話。
適切なタイミングや方法で、注意したり叱ったり止めに
入ったり、という作業を親業は求められますが、
それが出来るか否かはある種の親の側の「感度」によるなあと
最近実感しています。

その子にとって言い方や注意の仕方は妥当なのか、
厳しすぎないか、甘すぎないか、見過ごすべきでない
悪いことを見過ごしていないか、などなど。。。
続きを読む
【2007/11/26 10:51】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
何のための普及啓発か
このところ、依頼を頂いた仕事に関して標記のことを
考えることが多い。予防医学上の特定のトピック
(例:エイズ予防とか予防接種とか禁煙とか)
のためというより、今考えているのはある医療領域だったり、
ある職能に関する普及啓発。

こういう特定の集団や理念の組織が濃密に関連する
営みのための普及啓発事業となると、そもそも論が抜け落ちて
いることが多く、考えているとどうにも初歩的なレベルで
ひっかっかってしまう。

先方は「普及啓発」といっているけれども、そもそも
なんのためにそれをやりたいのでしたっけ?
ごく個人的な考察なのですが、考えててわかんなくなったので
考えの整理のためにもここにメモ。
続きを読む
【2007/11/16 23:59】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(1) |
ジェネリックについて備忘録
ここ数日、友人からの依頼で、
日本のジェネリック薬(後発医薬品)について
調べていたのですが、ジェネリックメーカー各社のウェブの
情報提示の仕方に統一性が無く、情報をそろえるのが非常に
難儀でした。

上場企業なら当然あってしかるべきIR情報すらまともに
そろってないところもあり、ジェネリック製品の販売開始年が
全く提示されていないとか、PDFをいちいち開かないと
いけないとか、自社が販売している製品リストのマスターが
無いとか、横断的な情報が整理されていないうえに消費者が
自力で集めようとした時のハードルが高い。

消費者が使うことが想定されていないので(医療関係者向け、
とかいうわけのわからないカテゴリがされている。
アクセス制限していないし意味無いと思うけど)、
非常に使い勝手も悪い上にサーバーの能力が低いことが
多く、レスポンスも遅い。データを加工して消費者が
一覧を作る、などということが出来ないようになっている。
とにかくユーザーフレンドリーでない。

まあ、来年4月からの法改正に向け、医師向け、一般向けの
啓発や情報提供強化なども緒についたばかり
、という
メーカーもあるので仕方が無いことかもしれないですが。

ジェネリック(=一般名)という名前を使っているのも
各社がわけのわからない後発品販売名をつけている以上、
「看板に偽りあり」だし。

日本のジェネリックは、とにかくわかりにくい。
ここから改善すべきだなあと、少なくとも医療消費者の
立場から実感したのでした。
【2007/10/01 23:55】 | お仕事・研究・学び | コメント(3) |
【参考記事紹介】はなさんによるヘルスコミュニケーション概説
夏にお会いして仲良くなったはなさんが、管理人もお世話に
なっているメルマガMRICに連載を開始されました。現在2回目までブログで
読めます。

vol 16 「医療/ 公衆衛生×メディア×コミュニケーション 第一回:はじめまして」

MRIC vol 18 「医療/ 公衆衛生×メディア×コミュニケーション 第二回 黒板もメディア」

はなさんならではのやわらかい感性と視点で
ヘルスコミュニケーションに関する基本を整理して
くださっているので、管理人も非常に勉強になります。

今後の連載にも期待しております。
ご興味ある方は是非Check it out!
【2007/09/28 23:59】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
米国で見ても「中秋の名月」か?
多分そうですよね。ええ。
今日ヤツを連れて公園から帰ろうとしたら、巨大な
月が東の空から昇ってくるのが見えました。

今まで見た中で最も大きい月でした。
さすがのヤツもきょとんと見入っておりました。
カメラもってなかったので、以下のサイトから拝借。
20070928135614.jpg

ここによると、中国由来の行事らしい
ですね。

小児たちは男女とも月下に膜拝[もはい]し、燈前にて嬉戯[あそ]ぶ

という記述があるようです。
ある意味ヤツは正しいすごし方をしたようですね。

大きな月を横目に、「帰ろう」というと「No」と
かぶりをふって、いつまでも遊ぶヤツでした。
【2007/09/26 23:48】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
やりたいこととやれること
MBAの卒業研究をその他の仕事と平行してやってるんですが、
今日電話で著名コンサルタントの指導教官から
ご指導を頂き、市場分析が甘い点について
ご指摘を受けました。

ネタは以前から興味を持っている
「医療健康分野のシリアスゲーム開発」
具体案として
・がん
・うつ
・小児科(親のヘルスリテラシー支援)
を挙げたのですが、
やりたいこと(What)と実際のビジネス(How)の
マッチングに関する情報と説得力が足りない、との
ご指摘をいただいたわけです。

つまり「やりたいこと、やる気先行型」
医療専門家やアカデミアの人間のアクションにありがちだなと
苦笑い。まだまだMBA頭になり切れてないようです。

ところで健康検定、出ますねえ。どんなのか楽しみ。
続きを読む
【2007/09/25 23:47】 | お仕事・研究・学び | コメント(2) |
【参考情報】Health 2.0 Conference
ウェブ2.0が一般語になって久しいですが、
Health2.0と来たもんです。

20日に終わったイベントなので、事後情報で
恐縮です。
管理人は参加することはできませんでしたが、
ブログその他で結構情報が出ています。
興味がある方はどうぞ。

公式サイト
関連ブログ

これらの仕掛け人や情報発信源は全てこちら
Johnson&Johnsonの創始者、Robert Wood Johnson氏の
名前をとった財団、Robert Wood Johnson Foundationです。
ここがやっている新し物好き向けなブログはこちら。
Pioneering Ideas
面白いですよ。
【2007/09/22 23:57】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
【糖尿病関連キャンペーン】Walk to Cure Diabetes
近所のマーシャルという安物屋さんで買い物をしたら、
標記のようなキャンペーンのパンフをもらいました。
お店の入り口のガラスにはこのキャンペーンのイラストが
でかでかと描かれています。

Walk to Cure Diabetesは、
JDRF:Juvenile Diabetes Research Foundation International
という財団がやっている、Ⅰ型糖尿病研究推進のための
募金目的の「歩こう会」とお祭りをあわせたような
チャリティーキャンペーンです。全米200箇所以上で
ゴール目指して参加者が歩くイベントを毎年1回催して
おり、全米で50万人以上が参加しているそうです。

以下はキャンペーンCMビデオ

実際に参加したことも無いですし、実態を何も
知らないんですが、米国ヘルスキャンペーン事例と
いうことで、参考までに。
続きを読む
【2007/09/21 23:27】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
【記事紹介】TV Drama Impacts Viewers’ Health Behavior
講義その他でお世話になったTom ValenteがUSCの学内報に
載っていました
。2004年のドラマerに関する
プロジェクトの成果が、論文になって公開されたことを
報じる内容です。友達のHenryに教えてもらいました。

ドラマのシークエンスの内容は、栄養と小児肥満に関するもの
です。興味ある方は是非論文(Sept. 14のJournal of Health
Communicationに載ってます)をご参照ください。
(入手困難な方はお送りできます。ご連絡を。)
続きを読む
【2007/09/19 23:59】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
熱性けいれんのお勉強
1歳10ヶ月のヤツが熱性けいれんを起こした話を先日書きました
が、それについて友人の呼吸器内科K先生が作成して
くださった資料に、いつも色々教えていただいている
腫瘍小児科医のK先生が返事をする形で、
以下のような熱性けいれんに関する資料を作成
いただきました。

もともとは研修医の先生方に小児科K先生が配布されている
資料から抜粋していただいたものだそうです。
前半など専門用語がそのまま使われている部分もありますが、
親御さんへの説明の部分(主に青字)は、医師と親御さんの
コミュニケーション事例の良いお手本に成っていると
思います。

ここで公開することもK先生に了承いただいたので
(いつも原稿料なしですいません^^;)
お子さんの発熱への対処や熱性けいれんについて
調べている親御さんの参考にしていただきたく、
掲載させていただきます。

管理人の経験から言って、
けいれんを起こした自分の子を前に冷静でいられる
親はそういないと思います(見慣れている小児科医なら
別かもしれませんが)ので、事前に知識を持っておくと
いざという時、親の側がパニックにならずに済む
または程度が軽くて済むかもしれません。

最初にK先生からの注意点として以下を挙げておきます。

誤解されやすいのでご注意いただきたいのですが、
熱性けいれんの際にも、それ以外にも、
小児科医が救急を診察するに当たり最も重要視するのは
患児の全身状態、というか見た目の全体的な印象
(元気、やや元気ない、ぐったり)です。
そのあたりを判断するのが小児科医の技量のひとつだと
思います。

また、親が「なんだかおかしい」と思った場合には
重大なことが起こっている場合があるので、受診を
ためらわないでいただきたい、ということでしょうか。


以上を踏まえてご興味ある方は以下、お読みください。
(長文ですのでご承知おきを)
*あくまで親御さんの参考にしていただくために
掲載させていただいているものであり、迷ったら
医療機関(特に小児科)を受診されますよう、
その点ご留意ください。
続きを読む
【2007/09/16 23:47】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(0) |
スペックという言葉
そういえば、この夏転職活動をしていてよく聞いた言葉に
標記がある。「君の場合、スペックが~」という風に
学歴や職歴などの履歴を語るときに転職エージェントさんや
コンサル業界の方々がよく使ってたのを、耳新しくて
新鮮な思いで聞いていた。

なんか、スペック=「能力」的な意味で捉えていた。

が、今日仕事で辞典を引いていて以下の記述を読み
原義にはそういう意味は明示されていないことを知った。
スペックはspecificationの略で、
仕様(書)、諸元表、設計書、明細事項、明細(書)、規格
またそれらの詳述、詳説などの意味だとか。

はてなでもそう書いてるし、誤解してること多いなあ。
多分、高い、低い、という形容詞がついて使われるから
「能力」という意味を内包した言葉と思い込むんだな。

日常では困ること無いタイプの誤解かもしれないけど、
翻訳する時は重要な違い。翻訳仕事を続ける利点は、
こういうことに敏感になることかな。
【2007/09/12 23:57】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
Fitness to PracticeとGoogle Health
本日知ったこと2点を忘れないうちにクリップ目的でメモ。

前者は翻訳仕事で。
医師の診療内容の適切性を審査する会などを
Fitness to Practice Panelと言ったり
するようですね。医師以外の専門職で
fitness to practiceと表現する場合、
なんと訳すんでしょう?

ネット上に日本語の適訳を見つけることが
出来ませんでした。

医療健康系なら「臨床適性度」でもいいのかも
しれないですが、「床」が関係しない専門職の場合
どうでしょうか。

「実践適性度」とかだと意味わかりにくいですね。
「業務適性度」かな。かたいなあ。

後者は話題になってるのを知って「ほう」と。
ここにベータ版の画面が載ってますね。
NYTimesの記事はこちら
グーグルの発想とストレージ機能が、電子カルテの枠を
より自由なものにしてくれるイメージがあります。
実際はどうなんでしょうか。
本格リリースが楽しみですね。

ちょっと古いですが、その他の関連記事はこちらこちら
【2007/09/08 23:10】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
恵まれている人は、自分が恵まれていることに気付くのが難しい
のかな、なんて思いました。
ヤツの入院で米国の入院医療を体験して。

誰の話かというと、日本の小児医療と医療保険を
享受している「日本の親」の立場としての自分達、
と言いますか。

今回ヤツが受けた治療は、日本なら
乳幼児医療や自治体の補助で医療保険の保険料の他の
自己負担額はほぼ無料のことが多いそうです
(自治体による)。これは素晴らしい&すごいことです。

ところが、米国では非常に事態が異なります。
続きを読む
【2007/08/28 23:59】 | お仕事・研究・学び | トラックバック(0) | コメント(2) |
Hope Labのコンペ:Ruckus Nation
子供たちの運動促進のためのアイデアを募集するコンペ
だそうです。賞金額が30万ドルと大きめ。
Ruckus Nation
 Where ideas that moves us win


ダンスダンスレボリューションに代表される
イノベーティぶなアイデアを募集しているようです。
資格制限は無いので日本からでも応募できそうですよ。

Hope Labはこの記事でも紹介している
がん関連ゲームRe-Mission
を開発した公益財団で
積極的に健康福祉関連事業を展開しています。
【2007/08/13 23:59】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
【ウェブ記事紹介】JMCAウェブ:前置きで終わるな!
という一人ツッコミな記事が公開されました。
【第3回】米国の人材育成と「物語」の可能性 その1

色々考えすぎて長くなってしまい、
結果として前置きで終わってしまった今回。。。

ストーリーテリングの基礎を学んだ身としては
お恥ずかしい・・・

次回はちゃんとした読み物になるように
がんばります。
【2007/07/25 23:18】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
専門家とそうでない人と
一昨日前にこんなことを書いたのですが、
本日ある医療機関の方にお話を伺う機会に恵まれて
標記の関係についてつくづく考えました。

ことの本質は「社会変革をどのようにするか?」
ということです。専門家が一般の方に必要な医療健康情報、
例えばがん、感染症その他、についてどんどん情報提供、
またはそのための情報の整理をしたとしても、
それをどのように伝えるのか、どのターゲット層にどのような
方略で届けるのか、そして届けた後に、行動変容につながる
ような仕組みをどのように入れ込むのか?

ということには医療専門家は方法論を持たない、
というお話でした。

やはり1対多のヘルスコミュニケーションには、
そこに特化した専門的なノウハウが必要です。
なんでもかんでもお医者さんに頼るのは限界があります。

自分の使命、という言葉、非常に大げさですが、
それについて考える、残りの留学生活になりそうです。
【2007/07/24 23:25】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
先輩からの言葉
を今日はいっぱい頂いた一日でした。感謝です。

転職活動でお世話になったかたにご挨拶に行きこちら
ご飯をご馳走になり、自分の会社を立ち上げるときの
エピソードをはじめ、いろんなお話を伺いました。
「自分史を書いてみて、自分の本質(人を支援することが
一番好きなこと)を確認して、自信が持てましたね。」

健康ビジネスに詳しい、ある会社経営者の方から
頂いた、管理人の転職に関してのご意見とか。
「大きな動きの前に一度組織として停滞の時期が
くるかも知れない。でもあせらず少し長い目で見て
その先の発展をにらみつつ働いて行くと良いと思うよ。
その先にある自分のゴールを忘れないで。」

お二方から頂いたアドバイスを、肝に銘じて来年からの
サラリーマン生活をエンジョイしたいと思います。

最近Mentorの重要性がよく指摘されているように思いますが、実感です。そういう方々と出会えた幸運に感謝します。
【2007/07/23 22:06】 | お仕事・研究・学び | コメント(0) |
ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

じょに~

Author:じょに~
**お探しの情報は上のサイト内検索かカテゴリから探索願います** 古い記事は下の方の月別のリンクからどうぞ。
----------------------
東京都世田谷区在住のじょに~です。長年慣れ親しんだ杉並区を離れ、先月隣の区に引っ越しました(ついでにハンドルネームも会社で頂いたコードネーム?に改名^^;)。興味があるのはヘルスケア領域のビジネス、ヘルスコミュニケーション(特にメディア経由)、シリアスゲームの医療健康分野における活用、医療ドラマ、医療者患者関係、医師支援、ワークライフバランス、翻訳、子育て、映画など。数年前南カリフォルニア大学(USC)でヘルスコミュニケーションについて学びました。帰国後は企業で医療分野のビジネスに取り組んでいます。通信制MBAでMBA取得。もともと看護師ですが博士号(医学)は社会医学領域で取得。シリアスゲームによるヘルスコミュニケーションにも興味を持っています。
引越し先にも慣れ、世田谷の畑の多さに驚きつつ、近所や公園を二人の息子達と散歩しつつ考えたことや日々学んだことなど書き続けていきたいと思います。

プロフィール詳細はこちら参照ください。

*運営ポリシーについて
当ブログはリンクフリーです。
トラックバック機能はエントリによっては使用しません。あしからずご了承ください。ご意見・ご批判・ご質問歓迎しますが、建設的・学術的な批判以外の個人の誹謗中傷・管理人に関わりの無い宣伝広告目的のもの・意味不明なコメントやTBは削除する場合があります。

*コメント・TBについて
スパムがひどいので日本語限定&承認制にしてあります(最近スパムコメントが急増してサーバー制限をしているのでうまくコメントできない場合があります。その場合は以下にメールください)。
takabeppu[at]gmail[dot]com
[at]をアットマークに[dot]を.に代えて送信願います。

*アフィリエイトについて
書籍・音楽CD等の紹介の際、amazonその他のアフィリエイトを使用しています(Google Adsense検討中)。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

おすすめサイト はないろ よしきくん

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。